nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

映画・舞台

ルート66と現代の交差点:ストイックな勉強生活から見えるアメリカンドリーム」

ここ数ヶ月、ストイックに勉強ばかりしていた結果、体がうずいてきました。危機感が生じると、子孫を残そうとする本能が作動し、女性の身体が怪しげに興奮をともなって脳裏に浮かんできます。この度も、特急新宿行きの電車に乗って、新人の女性に会うために…

カサブランカ: 永遠の愛と大義の物語

概要 ストーリー 感想 音楽とテーマ 結論 概要 1942年11月26日に公開された映画『カサブランカ』は、第二次世界大戦中のフランス領モロッコの都市カサブランカを舞台にしたラブロマンスです。監督はマイケル・カーティス、配給はワーナー・ブラザースが担当…

From Lageri with Love: A Heartfelt Journey of Family and Pride

Kazunari Ninomiya’s Charisma and the Cast's Expressiveness Horie Takafumi's Tears and the Film’s Emotional Resonance Ninomiya's Leadership and Servant Leadership Depiction of Family Love and My Thoughts Interpretation of Japanese Poetry Co…

最新の人気曲トップ10を徹底紹介!ChatGPTが教えるおすすめ楽曲リスト」

Shaboozey - A Bar Song (Tipsy) [和訳/歌詞] Billie Eilish - LUNCH (Official Music Video) Miley Cyrus - Flowers Sabrina Carpenter - Espresso Post Malone - I Had Some Help (feat. Morgan Wallen) Beyoncé Noah Kahan - Stick Season Jack Harlow - …

劇団四季の「カモメに飛ぶことを教えた猫」を観劇して

劇団四季のミュージカル『カモメに飛ぶことを教えた猫』を観るために調布の劇場へ足を運びました。この公演は評判が高く、劇場内は観客で溢れかえっていました。全国的に高い評価を受けている劇団四季の実力が感じられました。 ファミリーミュージカルという…

劇団四季『パリのアメリカ人』観劇レビュー

劇団四季『パリのアメリカ人』を観に、横浜中華街近くの劇場に足を運びました。四季劇場はどこもロマンティックな場所にありますが、これはその街の雰囲気が観劇に臨む客の心理に影響を与えるからでしょうか?他の劇に比べて『パリのアメリカ人』が人気を得…

愛と誇りの物語『ラーゲリより愛をこめて』の魅力を語る

** 二宮和也の魅力と共演者の表現力 ** 家族愛と少子化問題 ** 日本のマイホーム主義と幸福の形 堀江貴文の涙と映画の情感 ** 二宮のリーダーシップとサーバントリーダーシップ 家族愛の描写と私の思い ** 日本の和歌の解釈 ** 結論 久しぶりに日本映画『ラ…

伊勢神宮と熊野三社巡りの旅:自然と歴史に触れる神聖な体験

伊勢神宮と熊野三社を巡る旅は、歴史と自然に触れる贅沢なひとときでした。以下では、その旅の詳細をお伝えします。* 1.熊野三社から伊勢神宮への旅路 熊野三社と瀞峡を巡った後、高速道路を利用して伊勢神宮へと向かいました。約2時間半のドライブを経て…

那智の滝:神秘と荘厳の体験

那智の滝は、その壮麗さと神秘性で知られる観光地です。この滝は、紀伊山地の霊場と参詣道の一部として、世界遺産に登録されています。以下の記事では、三島由紀夫の紀行文『熊野路』からの引用を交えながら、那智の滝を訪れた際の体験を紹介します。 那智の…

ビリー・ホリデーと奇妙な果実: 彼女の歌と人生の背後にある物語

ビリー・ホリデー(Billie Holiday)は、黒人差別と戦った伝説的なジャズシンガーであり、その象徴的な歌「奇妙な果実(Strange Fruit)」は、アメリカ南部で黒人がリンチされ木に吊るされるという残虐な行為を描写しています。この歌は、彼女の人生とキャリ…

三島由紀夫と『奔馬』の舞台を巡る旅:三輪山登拝の記録

狭井神社からの登山 奥津磐座の神秘 大神神社での祈り 明日香村と万葉博物館 万葉集の時代から令和へ 学識ある人の視点 昨秋、私は会社から4日間の休みを得て奈良県の三輪山に登拝しました。三島由紀夫の文学を愛する私は、彼の作品に登場する場所を巡る旅を…

『ゴースト&レディ』谷原志音が魅せるナイチンゲール:韓国スターが劇団四季で輝く理由

劇団四季のミュージカル『ゴースト&レディ』は、フローレンス・ナイチンゲールが看護の精神を貫き、ビクトリア女王から表彰されるまでの物語を描いた感動作です。政治派閥の闘争に巻き込まれながらも純粋な看護精神を持ち続けたナイチンゲールと、彼女に取…

劇団四季『ゴースト&レディ』観劇レビュー:ナイチンゲールの勇気と革新を描く名作ミュージカル

先日、劇団四季の『ゴースト&レディ』というミュージカルを観てきました。この作品は、クリミア戦争で看護団団長として従軍したフローレンス・ナイチンゲールの物語。ウクライナとロシアが戦争をしている現在と重なる戦地で、当時は卑しい職業とされていた…

劇団四季『ゴースト&レディ』観劇レポート:ナイチンゲールの生き方に見る今の自分と重なるもの

昨日、あまりに疲労が溜まっていて、劇団四季の『ゴースト&レディ』を観に行くか迷っていました。しかし、ナイチンゲールの物語と、派閥抗争の中で看護にかける純粋な思いを持ちながらも命を狙われる彼女の姿に、社内の自分自身と重なるものを感じて、「今…

劇団四季『ゴースト&レディ』観劇予定の夜、AIで見つける未来へのダイヤ

木曜日に劇団四季の新ミュージカル『ゴースト&レディ』を観に行こうか迷っている。金曜日も休みのため、いいと思うのだが、18時30分から開始であるのと、そこまで行って帰ってくる間に、贅沢であるが、何か一つ欲しい。風俗でもいいし、食べログの全国…

人間の美しさと醜さ - 日常の綺麗ごとが教えてくれること

通勤途中、車を運転しながら、ふと思う。綺麗ごとって大切だなと強く思う。自分もそうだけど、多くの人は、自分勝手に生きている。とてもわがままで、仲良く助け合っていきようと、幼い頃から、何度も聞かされてきたから、当たり前だと思っているけど、実は…

青空のシミ (広島8:15)

千九百四十五年八月六日(月)午前8時。雲一つない青空が広がっている。広島第一中学校一年一組の席に座って、鈴木は、日に照らされている校庭を眺めている。夏真っ盛りの強い日光は、赤っぽく照り映えている。鈴木は、酸化鉄の違いで土の色は変わることを…

堀江貴文と茂木健一郎 今を生きろ!

ブログを毎日書いてみようと考えて、早1ヶ月が経った。とにかく、頭に浮かんで伝えたいと感じたことを言葉にしてみたが、発信力をつけるというのは、簡単ではないと思うばかりだ。言葉はいざつかってみると、うまく操れないということに気づく。耳学問的な…

アメリカ国民の支持が世界を変える!

バイデン大統領が、当選すれば、ウクライナが戦争を継続できる。しかし、トランプになれば、即時、停戦ということで、アメリカ国民は、どちらを支持するかで、世界の情勢を変えることができるなんて、アメリカはなんてパワフルな国なんだ。また、他国の運命…

30年前の小学校は、どこも学級崩壊だ!三島由紀夫の『美しい星』で慰める!

私は、1980年4月~81年3月生まれのいわゆる松坂世代である。40代になってから、松坂も老けてきて、憧れていたイチローも、白髪まじりで、あいかわらず野球馬鹿でいてくれているが、第一線で活躍しているわけでもないから、私も衰えている気分がし…

ミッドライフ・クライシス(中高年の危機)、自分は無価値だ!

ミッドライフ・クライシスという記事がyahoo newsで流れてきた。ヤフコメには、ミッドライフ・クライシスとか、第二の思春期なんて新しい言葉を作らなくても、昔から「更年期」と呼ばれているし、新しい言葉を使い始めると、過去の研究や情報を当たれなくな…

意識を理解した似非科学に騙される人達!私のこと。

朝起きて、また悪しきネットサーフィンが始まった。知りたい情報をずっと調べていられるから、はまってしまうのだろう。学校の授業は、つまらないことも、聴かなきゃならない苦痛というのがあって、でも、それによって我慢や辛抱するという人生にとって必要…

ツツジをググると万葉集の魂に触れ、キンモクセイは、職場の加齢臭問題にゆきつく不思議!

ウクライナが、また米国からの追加支援をもらい戦争を継続するらしい。負けるわけにもいかないし、勝たせるわけにもいかないという支援の仕方が、支援というのか疑問である。西側諸国とロシアの間に、ウクライナがあることの方が、クッションになっていてい…

月を見つけて、焼肉味ん味んで食べてわかること!

仕事を終えて、夜空を見上げると、お月さまが煌々と輝いていた。何度見たのかわからないほど、見慣れた光景である。すぐ頭に浮かんだのは、数年前に骨折をして、仕事もできず、夜中に、自宅近くを散歩していた時に、夜空を見上げると、同じく、満月であった…

時代を先取る起業の精神!孫正義とジョブズ!

最近、孫正義の実像に関する記事に触れる機会が多くなった。私が起業したいと夢を見て、アントレプレナーやベンチャー、スタートアップといったことに興味を持ち、gogleで検索する機会が多くなって、レコメンド機能が働いているというのがあるからだろう。ニ…

5万円払って受けている小説家養成通信講座の第2課題の添削が返ってきた!

第2課題↓ www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com 応用編の課題『昔話の結末を書き換えよう(原稿用紙 3 枚)』を、お送りいただきありがとうございます。nyoraikunさんの作品『ヘンゼルとグレーテル』を拝読いたしました。展開の意外さとブラックさがやわらかな文…

映像の世紀(ノルマンディー上陸作戦)をみて考えること!

中国が時速400kmの列車を開発し、このまま、実用化されると、北京から上海まで2時間半でいける計算になるという。日本も、戦後、軍事開発に向かう技術を、新幹線の開発や、ラジオやテレビ等に向けたために、飛躍的に進歩を遂げ、トランジスタの商人と…

イスラエルの空に描くイランからのシューティングスターは、何を意味するのか?

仕事を終えた後に、疲れがしっとりと溜まっている状況で、寝るのを我慢して、ブログを書いている。責任者になると、やはり疲れもどっと出て、読み書きする時間もとれず、ただ社畜となるだけである。このまま人生を終えたくないとしても、生活はいきなり変え…

小説家になるための年間5万円の創作通信講座 1回目の添削が返ってきた!

以下の夏目漱石の書き換えをして、創作学校に送った。1ヶ月後に添削され、返ってきたので、その文章をここに掲載する。これが、10回添削してくれる、プロ養成の通信講座の実態である。高いか安いかを、読者は、ぜひ見極めていただきたい。 www.xn--fhq32l…

青梅亀の井ホテル 異常気象と老いる両親の心情 #異常気象 #老い

青梅の桜は、まだ咲いているようだ。1968年4月13日に、ここ青梅の愛宕神社の桜の前で、三島由紀夫は、楯の会の制服が出来た記念に撮影をするためにきた。今から56年前に、三島の思いは、ここ青梅を目指していた。 www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com 青梅は、東…

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ