nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

効率重視の新上司との葛藤とその影響

www.youtube.com食品スーパーで働いている私は、最近直属の上司が変わり、その結果心身ともに疲弊し、以前ほど婚活に積極的になれなくなりました。坊さん好きの女性とのやり取りも、こちらの気乗りが薄れたため、徐々にフェードアウトしつつあります。 新し…

三島由紀夫の核実験停止と集団美についての考察

youtu.be 「だれだって腕っ節が強くなれば試してみたい。生兵法は大怪我のもとというけれど、私もボクシングをやって1ヶ月もたったら、けんかをしてみたくて困った。日本は原爆被災国として、なおかつ腕っ節の全然強くない立場から、町内の暴れん坊たちの腕…

政敵と派閥:職場政治の影響

www.youtube.com政治は私が最も嫌悪する世界です。しかし、政治には一つだけ良いところがあります。それは「政敵」という存在です。政敵こそが議会制民主主義の利点であり、政敵のない政治は必ず恐怖か汚濁を生むからです。政治を少しでも清らかにするのは、…

トランプ大統領の暗殺未遂事件:アメリカ政治の裏側に迫る

www.youtube.com先日、トランプ大統領が遊説中に撃たれるという衝撃的な事件が発生しました。青天井の会場で演説中、大統領を狙った犯人は近くの屋上から発砲し、弾丸はトランプの耳をかすめました。致命傷には至りませんでしたが、すぐに大統領護衛のスナイ…

三島由紀夫の「世界の静かな中心であれ」に学ぶ日本のバランス感覚

昭和34年1月1日の読売新聞に掲載された三島由紀夫のエッセイには、富士山を通じて日本社会のバランス感覚を語る一節があります。特に印象的なのは、「世界の静かな中心であれ」という言葉です。この言葉には、三島が理想とする日本の姿と、現実社会に対する…

婚活の悩み:自己卑下する女性との出会いとその葛藤

もちろんです。以下のブログ記事を、より読まれるように書き換えてみました。 前回の記事↑最近、ある女性とLINEでやり取りをしています。彼女は「お坊さんと結婚したい」と公言していて、親しみを持って接してくれるのは嬉しいのですが、自己卑下が強く、自…

お坊さんと結婚したい女性との出会い:実家暮らしの私の物語

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com 前回までのやりとり↑ 彼女のプロフィール 「お坊さんと結婚したい35歳女性です。普段は真言宗の寺院で事務をしています。宗派にはこだわりませんが、お寺の仕事がとても好きです。家のお墓は曹洞宗ですが、身延山久遠寺に行…

石丸伸二氏の挑戦:東京を変えるための戦い

www.youtube.com 石丸伸二氏が都知事選挙で170万票という驚異的な結果を残したことは、多くの人々に衝撃を与えました。しかし、彼のインタビューでの態度や、政治家としての対応が議論を呼んでいます。特に、橋本徹氏や宮根誠司氏の番組での質問に対する彼の…

素敵な出会いとパワースポットの魅力:婚活と人生の旅

こんにちは、皆さん。今回は私の婚活の旅と、パワースポットについてお話ししたいと思います。最近、ユーブライドというマッチングアプリで知り合った女性とのやり取りがありました。その中で高野山や伊勢神宮、熊野古道などのパワースポットについて語り合…

人生で一番好きになった方へ送る最後のメール

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com 人生で一番好きになった女性に、どうしても気持ちを伝えたくて、何度もメールを送りました。しかし、全く相手にされず、私はただ馬鹿な男なのかと思い悩みました。それでも、もう一度だけメールを送ってみようと思います。最…

三島由紀夫と剣道、そして『おかえり寅さん』の涙

前回の出会いについて 前回の出会いはこちらのリンクをご参照ください: www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com Nさんからのメッセージ:「I様Nです。先日はありがとうございました。私、三島由紀夫が剣道に関わりがあったことを全く知りませんでした。武士道を実践…

婚活エピソード:兄とファミコン、ドラクエ3、そしてツヴァイの日比谷店での出会い

私はツヴァイの日比谷店で待ち合わせをしていました。予定より1時間早く到着したので、パソコンの画面で以前にお会いした会員の画像を見ていました。キャッツへ一緒に行った、まだ未練のある女性の画像は変わっていませんでした。その時、後ろで大声でスタッ…

風俗依存の後悔と職場の現実

八王子のラブホテル:ホテルフェリエ また私は風俗を利用してしまった。何度も後悔しては、心の隙間を埋めるように利用してしまう。ストレスに対処するのが苦手だと思う。もし、私に奥さんや子供がいて、世間一般の人生を歩めていたら、風俗店を利用しないで…

アンネの日記、もう一つの視点から

はじめに 「アンネの日記」は、ホロコースト時代にユダヤ人少女アンネ・フランクが隠れ家で過ごした日々を綴った有名な作品です。原作はアンネ自身の日記であり、彼女の視点からその恐怖と希望が描かれています。しかし、もしこの物語が三人称の多視点で描か…

新たな年、三島由紀夫とともに:文章の妙味を再発見する旅

新しい年が始まり、早くも1月が過ぎようとしています。今年は、三島由紀夫の著作を中心に据えながら、婚活、ブログ、そして仕事の4つの柱で進んでいきたいと考えています。執筆依頼と自己成長 先日、「Trip Partner」というサイトから執筆依頼がありました。…

明日への出会いと未来への希望: ツヴァイ日比谷店での出会いを前に

明日、私は早稲田大学大学院を卒業している女性とツヴァイ日比谷店の前で会う予定です。時間は午後3時。彼女は地方自治体に勤務し、趣味は読書、史跡巡り、ジョギングと、知的でアクティブな印象を受けます。しかし、その上品でおしゃれな写真からは、少し高…

小池百合子圧勝の都知事選挙:都政への期待と現実、次なる挑戦者たち

都知事選を終えて、小池知事の圧勝が予想通りの結果となった。多くの都民は、都政に大きな期待を抱いておらず、そもそも都知事の役割についてあまり理解していないのが実情かもしれない。小池知事の掲げた「7つのゼロ」も、政策としては分かりやすいが、実際…

お別れについて考える

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com こんばんは! 丁寧にご返事いただきありがとうございます。結婚が難しいという意思を、誉め言葉のオブラートに包みながら示していただき、そのお心遣いに頭が下がります。すぐにでも結婚したいと思えた初めての方ですから、…

ツヴァイ新宿店での出会い:31歳土地家屋調査士女性との初対面

先日、ツヴァイ新宿店での出会いのセッティングサポートを利用し、31歳の土地家屋調査士の女性と話す機会がありました。 初対面の印象 部屋に入ってきた彼女は、オシャレとは無縁の印象を受けました。顔色も悪く、髪はボサボサで、目つきだけは常に鋭く、少…

【成人の日デート】精密機械メーカーの34歳女性と新宿で出会った感動の一日

↑外国人旅行者がみんなこのタワーを写真におさめていた。[ ] ↑1月13日(月)成人の日、精密機械メーカー34歳の女性と会うことになった。会うと逆パネマジで、身体つきがしっかりして、可愛らしい顔をしていた。一重瞼で表情が乏しいゆえ、厚化粧で顔が真白な…

振られた彼女に未練を残しつつ、今年も婚活スタート

振られた彼女への未練を引きずりながら、今年も婚活の初陣を飾ることにしました。13日(月)の午後2時から、34歳の女性と会う予定です。彼女は専修大学を卒業し、精密機械メーカーで事務職に就いているとのこと。メールのやり取りから、彼女の誠実さと親しみ…

出会った女性たちのプロフィール

今年の前半、ツヴァイで婚活を始めることにしました。実際に申し込んでみたところ、3人の女性とコンタクトを取れることになりました。しかし、そのうち2人は直接の連絡先交換ではなく、ツヴァイの支店での対面を希望されました。女性の立場からすると、本名…

都知事選と日本の未来を考える

明日の七夕の夜、これから4年間の東京都知事が決まります。正直なところ、候補者たちの言葉には疑念を抱かざるを得ません。口先だけの公約や、政治的な駆け引きが見え隠れする中で、果たして都知事がしっかりと職務を果たせるのか疑問です。特に石丸伸二が知…

結婚相談所での婚活体験と決意

昨年は結婚相談所「ツヴァイ」に加入し、約20人の方とお会いしました。今年こそ結婚を前提にお付き合いできる相手を見つける決意でいます。もし見つからなければ、婚活をやめるつもりです。40代になっても彼女を見つけるための活動を続けたくないと思ってい…

幼き日の思い出と落下する日々

小学校時代、私には特に印象深い男の子がいました。彼とは左利きという共通点がありましたが、彼はすぐに右手に直しました。私は左利きを通したままでした。この選択は、自分で判断し決めた初めてのことで、強く記憶に残っています。その後、彼のことが気に…

都知事選、小池百合子の独走がもたらす安堵と懸念

東京都知事選挙で小池百合子氏が独走しているという最新情報が流れています。正直なところ、誰だか分からない候補者が当選するより、小池氏が続けてくれる方が安心感があります。特に、政治に詳しくない者としては、小池氏の豊富なキャリアが安心材料となり…

心に染みた温かい言葉と婚活の葛藤

婚活の道のりは、いつも順風満帆とは限りません。時には、思いがけない温かい言葉が心を救ってくれることもありますが、その一方で、結婚という大きな決断に進むためには、浅い付き合いだけでは足りないのではないかという疑問も生じます。ここでは、私の婚…

39歳の婚活の厳しさと向き合う日々

来年で39歳になる私の婚活は、困難と試練の連続です。鏡に映る自分の姿は、髪が薄くなり、容姿には自信が持てません。38歳の1年間、ツヴァイを中心に婚活をして、多くの女性とお会いしました。しかし、そのほとんどは私に合わず、まともな関係を築くことがで…

映画『サーミの血』の感想とレビュー:宮台真司の勧めで観た感動作

昨日、宮台真司の勧めで映画『サーミの血』を観ました。宮台真司が荒野塾を開くにあたって、映画『AIR』を観て、「良いなぁと思えば仲間だ」と言っていたので、観てみることにしたのです。久しぶりに感動した映画でした。宮台真司は社会学者として、人をクズ…

映画『AIR』が描くアメリカンドリームとフロンティアスピリット

映画『AIR』は、ランニングシューズの会社として知られていたNIKEが、どのようにしてマイケル・ジョーダンにシューズを履いてもらい、一躍業界のトップに上り詰めるまでの物語です。マイケル・ジョーダンが高校でチームから外された経験を経て、NBAに入り、…

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ