nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

小説

歌舞伎町の詩

私は俗世に適応しようと疲れてしまった。完全に染まらないものが、私の心の中にあるようだ。それを詩で昇華するようにしよう。歌舞伎町コマ劇場前 生垣に腰掛ける 隣に座る黒いブルゾンを着た若い女はうつむいている 青い帽子に白いマスクをした黒人の男が言…

歌舞伎町の怪しい黒人が、自分の姿に見えた日!

先日、40歳になってから、シナリオライターを目指してみようと書いたけれど、安部公房、三島由紀夫に心酔するのは、何故かを深く考えてみると、人間とは何か? というものへの問いかけが強いことに気付いた。安部公房の推奨する動物行動学者ローレンツの『…

天文学者ハッブルの生き方から、わかってくること!

緊急事態宣言が、東京都では21日出されるということである。また、食品スーパーの仕事が忙しくなるであろう。仕事があるだけで幸せなことなのだろうけど、正直、心身共にシンドイ。休日に勉強を計画しようにも、睡魔が襲ってきて、寝ていることが多い。今…

汚れちまった悲しみに 詩は慰めの酒になる!

『山羊の歌』から抜粋 作中原中也 汚れつちまった悲しみに 今日も小雪の降りかかる 汚れつちまった悲しみに 今日も風さへ吹きすぎる汚れつちまった悲しみは たとへば狐の皮衣 汚れつちまった悲しみは 小雪のかかってちぢこまる汚れつちまった悲しみは なにの…

動物と人間の架け橋 つながるむなしさ!

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com 昨日、精子提供の希望について書いてみたが、結婚をあきらめてほっとしても、脳の中枢が、遺伝子を残せと、厳命を下されたかのように、私の身体は性の奴隷となり、マリオネットのようにマスターベーションを繰り返している。…

精子提供をして1個の遺伝子を遺したい!

40歳になってもうすぐ1ヶ月が経とうとしている。私の人生設計をつくり直して、まとめてみる。➀スーパーの仕事をしっかり行っていく。 ②安部公房・三島由紀夫の著作を読み込み、人間を観る視点を養う。 ③シナリオの通信講座に通い、40代でデビューを志す…

無邪気で美しい姉妹!三島由紀夫の愛宕神社に思いを馳せて!

40歳になり、結婚も諦めると、自分の生きている意味がなんだかわからなくなる。本当に価値あるものは何かと問い詰めても、あまり人が好きではないから、自分以外、どうでも良いという気持ちになるものだ。その中で、私にとって、本当にやりたいことは何か…

東京都最高級店 新宿BARUBORAで、手塚治虫のバルボラにマジで会えた。

↑赤ひげ薬局の精力剤が1万4千円からだった。 新宿は欲望を刺激するビジネスが勃興するものだ☺️新宿のバルボラに行ってきた。VIPの相〇さんの場合は、90分7万1千円であった。背が高くスタイルは完璧で、雰囲気は、ハーフのモデルような感じで、キャバ…

30円投銭!私が素人童貞なのは、心に仏がいるからだ!

前回の記事↓ www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com 結婚をほぼ諦めたことで、自分から自由になれて、本当の自分になれた気分だ。好きな三島由紀夫の著作である『絹と明察』を読んでいて、ハイデガーの脱自という境地に近いのではないだろうか? もうすぐ40歳に…

結婚をあきらめた、不惑の40歳にて想う!

元々、はてなブログで記事を書き始めたのも、婚活で会っては振られてを繰り返していると、傷つくし、それにかけた時間が無意味に思えてくるからだ。文章にすることで、その苛立ちやもどかしさ、悩みのすべてが、同じような経験をしている人の励みになればい…

返事の無いダンサーしおりへのメッセージ!

前回の記事↓ www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com 私「こんにちは! お疲れ様です。☺️※※※※※のオンラインワークショップ、初めての取り組みということでお疲れのことと思われます。実のところ、連絡先を登録してすぐfacebookのレコメ機能で、しおりさんが※※※※※に…

デザイナーまりこは、ずっと食べながらしゃべり続ける!

まりこ「こんにちは! 残り12冊では、まだまだ選別が難しいですね! 1冊1冊には、それにまつわる思い出もありますし、でも18冊は決められたのですから、大変だったでしょう。☺️ また新宿にしましょうか? 食事処でも予約しておいた方がいいですよね? 17日(…

ダンサーしおりと1回目のデート 私は結婚できるのか?

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com ダンサーのしおりさんと、メールのやりとりをしていたのだが、待ち合わせの場所が経堂、千歳船橋、祖師ヶ谷大蔵のいずれかところから、返信が遅くなっていった。前日に、待ち合わせの時間を確認するメールを入れても、返事が…

デザイナーまりこ 2回目デート確定!

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com デザイナーまりこ↑の前回の記事。 去る2月12日(金)に、残り3名のうちの1名であるデザイナーまりこと新宿で会った。18時にヨドバシカメラの前に行き、ヨドバシのネオンサインの写真をとり、ここで待っている旨を写メで…

風前の灯火、今にも消えそうな結婚への3つの灯り!

前回までのやり取り↓ デザイナーのまりこである。彼女が3人のうち、1番、可能性が高い。私の今のところの本命は、年齢が30になったばかりのコンテンポラリーダンサーのしおりさんである。 明日、まりこと新宿西口のヨドバシカメラの前に18時に会う。そ…

婚活も残り3名で終わりだ。最後に幸運の女神は降りるのか?

前回の記事↓ www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com 3人目の女性は、ひろみである。 1986年8月生まれ。東京都出身、東京都三鷹市在住 三女 血液型O型 身長161センチ 体重45kg 出身校 武蔵大学 職業 会社員(事務) 年収370万円 ひろみ「こんにちは…

ツヴァイからの絶縁通知、婚活も残り3名で終わりである。結果はいかに?

ツヴァイから、会期満了の通知がきて、私の婚活も残り3名に絞られた。これで終わりになるだろう。 1人は、コンテンポラリーダンスの講師をして、IT会社の事務を有楽町でしているSさん(仮名:しおりさん)。 2人目は、デザイナーの仕事をしていて、自…

会社の昇格試験を控え、1か月以上の禁欲生活!その後、春は来るのか?

ご無沙汰しました‍♂️ 昇格試験を終えて、いよいよ今後の人生の身の振り方を考えてみることにする。プロのシナリオライターになるべく、通信講座を受講しようと迷っていたが、結婚へ願望がまだ消えないのだ。鏡に映る自分の顔を覗き見れば、間もなく四十路を…

殺人の種を、心の奥に自覚せずにはいられない! 恐ろしい元旦だ!

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 スーパーの鮮魚部に勤める私は、年末の30日、31日の忙しさは殺人的であった。コロナ禍で良く頑張ってくれたというねぎらいと対外的なイメージアップの意味合いもかねて、今年は、正月三が…

本命が駄目ならと保険をかける私の性分(涙) メール送る卑怯な私!

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com 私お疲れ様です!今日は67人でしたね!夜の街で働く人達を対象にして検査をしているからで、もっといるのは間違いないでしょう!選挙があるからか報道も、一時期に比べると和やかではあります。しかし、これ以上多くなると…

三島由紀夫『獣の戯れ』の安良里を訪ねて!

汗びっしょりになった服を変えようと、生活用品を扱っているMIROという店に行く。入口上の怪獣のオブジェが面白いので撮影した。 南伊豆休暇村の前は、弓ヶ浜海水浴場がある。白い砂浜が弓なりにひらけていて、水泳が苦手な私でも泳ぎたくなるほどだ。 …

三島由紀夫の宿泊先だった下田東急ホテル!『音楽』で出てくる!

下田の赤根島から、宿泊先の南伊豆休暇村へ行く前に、三島由紀夫が毎夏、仮に住まいとした下田東急ホテルに立ち寄ることにした。5月31日まで、臨時休業ということで、泊まることはできなかった。坂道を上がっていった丘の上に当ホテルはある。 『音楽』の…

三島由紀夫「真夏の死」の今井浜と、海外を目指した吉田松陰の弁天島へ!

熱海発の電車に乗って、伊東駅に着いたのは、12時30分である。東伊豆の道なりにひたすら南下し、下田まで行くこととなる。温泉を売りにした旅館の大きな看板に何度も出くわした。道行く途中に怪しい建物を発見した。入る人がいるのだろうか?↓ 三島由紀…

三島由紀夫『文章読本』について

令和2年になって、間もなく1月が過ぎようとしている。今年は、三島由紀夫著作の読書、婚活、ブログ、仕事の4輪でいこうと考えている。 先日Trip pertnerというサイトから何故か執筆依頼がきた。調べてみても怪しいサイトではない。しかし、1記事で300…

青梅かんぽの宿 で日本シリーズを見てわかったこと!

両親と青梅のかんぽの宿に泊まることになった。一年に数回は、我が家の別荘だと父親が言う通り行くことにしている。朝晩と美味しい食事が出ることが楽しみであるし、ちょっとした気分転換になるから私も嫌いではない。八王子の自宅から車で1時間もせず着く…

フィリピーナの嘘に傷つくアラフォーの秋

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com 無邪気なフィリピーナのジーナにはまった私は、偽装結婚をしていて、子供もいず、フィリピンに残してきた愛する家族のために犠牲になって働いているという言葉を半ば信じて、8年近く追いかけた。彼女に20万円ぐらい貸して…

ジーナ(フィリピンパブのホステスにはまった若い男の話)

一府中国際通りのチャイニーズパブ「ミカ」の扉をゆっくり開けた。同時に右前のトイレからジーナが出てきた。その場に立ったまま、大きい目をさらに大きくして、私のことをじっと見てくる。何よと言いたそうに口元が動いた。私は前に来たときより、彼女の身…

瀞峡巡りは愛を運ぶ

1、三島由紀夫の紀行文に、熊野の瀞八丁をプロペラ船に乗って見て回るというのがあったから、私も熊野本宮神社を参拝した後に行くことにした。志古から乗ると往復で1時間55分、小川口から乗ると、往復1時間ということである。私は小川口から乗ることに…

神様の住む場所(熊野本宮大社より)

南紀勝浦の休暇村に行く道の途中で、風光明媚な入江に出会う。休暇村ホテルのフロアにこの風景の絵画が飾ってあった。バレーボールでもしているのかという生徒のかけ声がどこからともなく聞こえてくる。素晴らしい自然の中で、その恩恵を受けて生活している…

小説『金閣寺』を巡る旅 プロローグ

三島由紀夫の『金閣寺』に出会ったのは、大学1年生である。梅ヶ丘商店街の地下にある書店であった。今から20年前、スマホもなかった当時は、梅ヶ丘駅周辺にいくつも本屋があり、多くの人が立ち読みしていた。コンビニのバイトをしていたけれど、人間関係…

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ