nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

文学

『パーフェクト・デイズ』は、都市の言葉を失っている現代に、心の拠り所をもたらす映画作品!

ドイツ人が撮った日本映画、トイレ清掃の貧しい男を主人公としているというから、万引き家族や、パラサイト半地下の家族のような、アジア人はイエローモンキーだと納得させるニュアンスを崩さない、西洋人受けの良い作品なのかなと考えていたが、実に東京の…

宮台真司が不倫? 彼の売春(風俗嬢)へのコメントに知性の不足をみる!

社会学者である宮台真司が、20歳前後の美人女子大生と、不倫をしていた問題では、とても残念だ。援助交際や、オウム事件で多くの優秀な学生が入信する問題等、世俗的な社会事象に切り込むロジックに、私も畏怖していたし、まさに、頭で考えてものを見るの…

女々しく風俗嬢に恋をして、細客であることを選んだことを伝えようと思う!

恋するソープ嬢のことを、しょうもなく、またここに呟きたいと思う。なぜ、ここに執拗に書き散らすのかは、この悩みを、公にできない悶々とした心境が続くからである。人に打ち明けられない悩みは、内向するばかりで、救いは、SNSで同じく悩んでいる人の記事…

さすがだポリ公!運転免許更新における映像視聴に初めて合格だなと呟いた!

府中の運転免許の申請に行ってきた。デジタル化が進み、4年前に比べると、案外とスムーズにことを終えることができた。前回は、違反者講習で2時間かかったが、今回は一般講習ということで、1時間だけであった。それにしても、毎日、あれだけの人が、運転…

映画『ライ・レーン』を観て、風俗嬢への恋心を慰める!

11月にスープランドで風俗嬢に恋をしてから、4度の訪問で20万円以上かかっている。最近、YAHOO知恵袋でそおnことを質問したら、遊びに使った料金が高い、というように遊びの中身よりもお金の方に気持ちがいくということは、楽しくなかったということで…

風俗で恋をする気持ちにも、スタンダールは優しく寄り添う!

ガチ恋をしているソープ嬢に入って、暖簾に腕押しという気持ちになるのは、下記の内容からあきらかだ。スタンダールの心理描写は一級品である。 「あの想像上の魅力で相手を覆ってしまう。そのあとで近づき眺めるが、あるがままに眺めるのではなく、自分で作…

恋する風俗嬢へ6度目の訪問! 店外デートは雲の上にあり! 

川崎のアラベスクのソープ街に、また足を運んだ。ガチ恋している彼女に、また会いに行った。今回は、一度もプレイをしないと自身に誓いを立てて、突撃した。前回は、後半15分に挿入を試みた時に、彼女が泣きそうな顔をして、「気持ちいいよ」を繰り返しつ…

『明日、私は誰かの彼女』を風俗嬢にガチ恋する渦中の私が読んで思うこと!

風俗嬢にガチ恋をしている私としては、元歌舞伎町ホストNO1の勧める『明日、私は誰かの彼女』を読んでみて、目が覚める内容であった。 幼い頃に母親から人として扱われず虐待を受けて育ち、顔の右側に火傷の痕が残った雪は、彼女代行業(レンタル彼女)の仕…

風俗嬢へガチ恋して2ヶ月が経過して思うこと!会う瞬間、冷める理由についてスタンダールが説明していた!

私が勝手にソープランドで働く女性に沼落ちして、彼女の出勤情報を見るたびになんとも言えないぐらい救われない気持ちになっている。嫉妬に狂い、職場に多い中年男性すべてに身体を売る彼女を想像して気分が悪くなる。風俗の仕事をリスペクトしているなんて…

『倫敦塔』夏目漱石の冒頭部を自分なりに書き換えてみた!

夏目漱石は二年の留学中ただ一度倫敦塔を見物した事がある。その後再び行こうと思った日もあるがやめにした。人から誘われた事もあるが断った。一度で得た記憶を二巡目にぶち壊すのは惜しい。三たび目に拭い去るのはもっとも残念だ。 僕は、登場人物の名前を…

風俗嬢とのガチ恋は、スタンダールの『恋愛論』と共に!

おそらく人生最後の恋となるであろう風俗嬢への想いを、スタンダールの言葉の理解にあてようと考えている。これなら、月一で5万円かけることの価値もあろうことだ。 「私は素っ気なくあろうと懸命に努めている。言うべきことがたくさんあると思っている自分…

劇団四季『ひばり』ジャンヌの姿は、ガラスの天井に向き合う者達への賛歌である!

ジャンヌを見ていながら何度が眠りそうになった。面白くなかったというわけではない。ジャンヌが、女性でありながら、騎士になり、フランスのために立ち上がり、国を背負って戦おうとする姿勢を、両親ですら否定し、周囲は批判の目で見るばかりであった。困…

風俗で働く彼女との恋心に、ZARD『きっと忘れない』の慰めの歌を贈ろう!

風俗店で恋をしてから、もうすぐ2ケ月が経つ。風俗店のキャスト、スタッフ、客のいずれも、ただの肩書に過ぎず、一緒に話す分には、生身の人間がそこにいるのであって、惚れてしまうのは、おかしいことではないのだろう。私は彼女を前に、風俗遍歴等をあら…

風俗嬢にガチ恋した。月一で通う約束に、ジョーマロンの香りと共に!

20日の大寒を前にして、不快になるほど寒い。でも、寒い方が、私の生理に合っている気がする。冬の寒い日に、その心に浮かんでくる枯れ枝の寂しさのようなものが好きだ。2月になった川崎にいる風俗で働く女性に会いに行こう。もう性行為はできないと話し…

ソープランドで恋をして!熱病癒えず!(♯風俗嬢にガチ恋した)

島田雅彦の純文学講座を受講することにする。カルチャーセンターのような、ただ書いた内容を添削するというものではなく、カリキュラムが一風変わっていて面白い。島田雅彦の講演会は、学生の頃に参加したことがあり、彼の知性的なところには大いに惹かれた…

風俗嬢にガチ恋をした。プレイ無しで5万円払っても満たされる私はカモなのか?

川崎のソープ街に働いているソープ嬢に入るのは、今回4度目である。浜崎あゆみのような人形さんのように美しい女性である。生活レベルも高そうで、男性に、いくらでも声をかけられそうな風貌であるため、私が恋に落ちるとはちょっと前までは、考えられない…

風俗嬢にガチ恋をして、今のところわかったこと!

川崎のソープ嬢に恋をするなんて、理性の働きが弱いのではないかと言われそうだ。私も口は理屈をいくらいっても、風俗嬢という肩書をとれば、接客してくれている女性は、まぎれもなく生身の女性だから、やはり惚れてしまうと、病にかかったのと同じように、…

特攻4000年 生と死そして記憶を観て

NHKで特攻隊の現実を描いた内容の放映があった。この番組では、特攻隊で命を落とした二十歳弱の青年を多くとりあげ、家族のその後や、出撃時にとった青年達の行動を詳細に描いている。反戦気分を煽るための編集された内容なのだが、私には、正直羨ましいと感…

油断した。惚れちまった!風俗嬢に恋をした!

私は頭が狂ったようだ。ソープランドのレイプ講習を受けた女性が川崎で働いているが、昨日再訪し、恋心を抱いてしまった。恐れていたことが起きてしまった。ソープ嬢に恋をすると、精子を持つ男性の生理である独占欲に逆らう想像がつらい。大好きな彼女が、…

風俗嬢に対する趣味講習における私的見解!

吉原ピカソのオーナー星〇和(工〇)に深夜から朝までレイプ講習を受けて心に傷を負った女性が川崎にあるソープランドで働いている。いまだに、その工〇が出てくることを怖れている。個人が特定される報復に合う恐れもあるので、はっきりとしたことはここで…

③奨学金返済に追われる風俗嬢みゆきとのやりとり!

何故ソープで働く女性が、このようなやり取りを許容しているのだろう。別に店に来て欲しいという連絡もない。ただ返事はくる。しかし、やはり将来のことを聞いても、答えをぼかしてくる。心の壁が幾重にもある。奨学金返済に追われる女性の胸の内を、その核…

②奨学金返済に追われる風俗嬢みゆきとリアルなやり取り!

踏み込んだメッセージを送ってしまった。もうやりとりは終わりかな。 やりとりをしていても彼女は私が学生の頃は風俗で働くような人ではない。日本の社会はどんどんおかしくなってきている。本来なら彼氏ができて、友達もいて、花のキャンパスライフのモデル…

①奨学金返済に追われる風俗嬢みゆきとリアルなやり取り!

私はソープランドで珍しい女性に出会った。今までで初めてというぐらい常識もあり知的で、いたって普通すぎるほど普通な女子大生である。同じキャンバスに通う学生、教職員は、彼女がソープに勤務しているなんてつゆも思わないだろう。以下、彼女の実態を究…

劇団四季『ウィキッド』ウクライナ、ガザ地区を思うのは私だけなのか?

www.youtube.com www.youtube.com 高校生が演劇鑑賞で後部座席に団体できていた。緑の皮膚で産まれた女性ネッサローザが差別で苦しんでいながら魔術をつかえる。一方で、白い肌で女性としての魅力に何もかも恵まれたグリンダであるが魔術がつかえない。2人…

国立科学博物館和食展(発酵〜多様化する和食まで)

料理の基本、サシスセソから、私はよくわかっていない。料理人は、調味料からこだわりをもって、微妙な味の変化も見逃さないとあるけど、私がスーパーの惣菜で働いていた時のチーフは、塩の加減にもうるさいぐらいにこだわりをもっていた。そんな彼が、こう…

国立科学博物館和食展(水〜海藻まで)

鮮魚及び食材を販売する会社に勤めているため、今回は和食店に行ってきた。これからクリスマス年末と厳しい商戦が待っている。 暗いところでシャッターで撮影することが禁じられているので、何度も撮り直したが、これが限界であった。読めるだろうか? 興味…

吉原ルピナス 桜子の夢

吉原ルピナスの桜子さんを選んだ理由は、2時間8万円を出すなら、未知数なものに手を出すより、ランカーで安定した指名の実績がある嬢がいいと考えたからである。店長のコメントでは、すべてにおいてSSS級、言葉はいりませんということで、リピート回数でNO…

古代マヤ文明 生贄なくして神は動かないのは現代も同じだ!

古代の遺跡には、いつも生贄の文化に触れる。現代でも、皆はおかしいと気づいていても、ほとんどの人は保守派で、変わることなく続いていく。しかし、犠牲者が出ると、ものごとが進んでいくということを、生贄なくして神は動かないことを古代人は知っていた…

20年振りに出会った佐野元春!

新宿のバルト9という映画館で、1993年の佐野元春フィルムコンサートが上映された。その前座で、佐野元春と爆笑問題の田中が話をするというもので、会場は満席であった。さすがに年齢は私より上の方が多く、佐野元春が登場する時の歓声は凄いものがあっ…

アパホテル歌舞伎町タワー最上階から見える夜景に想いを馳せて!

アパホテル歌舞伎町タワーの最上階から眺めた歌舞伎町の街並み。この暗い一室で、ソープ嬢が客の接待をしていて、パチンコの当たりを願いレバーを弾くエキサイトした人がいて、お酒を飲んで騒いでディオニュソスの神を身近に感じている人達がいるのだろう。…

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ