nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

私と同じ志をもった先輩方達のブログです。こころの風景に興味があればポチッとお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

婚活 ラストミューズ(最後の女神)

(殺処分されている犬を救えと騒いでいる眼鏡男子。大声を張り上げているからチョット怖い!)

11月13日(水)に郵便受けに封筒が1通入っていた。ツヴァイからの連絡で、もうすぐ入会1年になりますという案内だった。
当初の3ヶ月で彼女をつくるように努力してくださいということからはほど遠い婚活であったが、今、私は幸せだ。当初は闇雲に女性を探していたけれど、今は経験を積むことで、自分を受け入れてくれる女性の見分けが数倍できるようになった。

そして、この度、お会いした女性は、私の理想とも呼べる姿であった。何故、このような女性が婚活しているのかという一抹の不安が脳裏をよぎる。しかし、今の私は、恋のエネルギーで体内に力が溢れてくるようだ。
 ドイツの独裁者であったヒトラーの著書にこんな一節があったのもうなずけるほど、私はこれからやろうとすることがすべてうまくいくという高揚感に包まれている。
 「この世界は力に満ちた『完全な人』のものであり、弱々しい『中途半端な人』のものではない。もし、自己のために闘争する力が存在していないとするならば、この闘争の世界において生きる権利は消滅する」
 池袋東口の交番前で待ち合わせをした。会うと早々、私の顔色を何度かうかがう。オシャレで綺麗な女性であるから、私の容姿が意に沿わなかったのかもしれないと不安になった。しかし、相手の女性の立場からすると、どういう風に私のことを思ったのかなという勘を働かせたのかもしれない。私からすれば若くても、33歳の女性の立場からすると、おばさんよねという自己卑下も無いわけではない。
 数ヶ月前に婚活で利用した
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
服部珈琲舎を利用する。1フロアにおける席数が少なく、数階建てになっている構造は、落ち着いて話ができたから、この度も、ここで話そうと当初から計画していた。
 席について、注文でもとりましょうかとメニュー表を渡してすぐに、「お綺麗ですね」と声をかけた。ふいをつかれたのか、彼女は床に手荷物を落とした。それからは、話ながら笑みが増えて愉快になるようで、不必要に話し掛ける必要もなく、私の心は静まった。

学生の頃、一番楽しかった思い出は何ですか? 
ブラスバンドの部活動ということだった。金管楽器のフルートが主だったから、夏の高校野球にも借り出されて、応援したことがとても楽しかった。幼い頃にエレクトーンを習っていたことで、楽器に興味を持って、学生時代はずっと吹奏学部だったそうだ。みんなで力を合わせてひとつのものを形づくっていく喜びは何にも代えがたいという。
正月は鎌倉女子大学近くの鶴岡八幡宮で巫女のバイトをしていたという。

何で正月からバイトしていたのですか? 旅行にいくからですか? と聞いた。その通りで、卒業旅行で友人とヨーロッパのドイツ、フランスを観光してきた。ドイツの隣のオーストリアモーツアルトシューベルト、ベートーベンと音楽の聖地とされる場所を旅したかったけれど、友人がいるから、日程を考えて、ドイツとフランスに落ち着いたようだ。友人の幸福感のために、我慢をする人なんだなぁ。ヒトラーが憧れていた街、フランスのパリの街並みは美しかったと話していた。
勤め先の近くに荒川が流れているというから、台風の時はどうだったかと聞いた。大丈夫だったけど、茨城の実家近くの民家が流されたり、裏山が土砂崩れをしたりと、大変だったそうだ。
茨城の実家には、猫が2匹、犬が1匹いるということ。祖母の実家にも犬が1匹いて、一人暮らしの自宅には、つい最近までウサギを飼っていたというから、ペットに囲まれて生活するのが当たり前の環境だったのだろう。妹は、名古屋のペット関連の業者で働いている。大変だけど、希望した職場だから幸せということだ。

 3時30分から始まった珈琲とケーキを前にしただけの会話は、午後7時を回っていた。段々と疲れてきて話題が尽きてきた。近くに、初荷のまぐろを、2年連続最高値で競り落とした寿司屋があるからいきませんか? お腹も減ったでしょうと話し掛けると、頑強に首を振る。すしざんまいの木村清の両手を前にして迎え入れるポーズを真似てみせると、わかったような気がすると顔を横に向けてみせた。

池袋東口のイルミネーションは雪の結晶❄️のイルミネーションが綺麗だった。もう気付いたら年越しねと彼女が呟く。「学生の頃、ベートーベンの『田園』を聴きに初台の劇場に行ったことがあったけど、演奏が始まると場内が静まりかえって、私がちょっと衣服をこすった音を立てると、隣の人が鋭い目をむけてきたことがあったよ。」「改札口で、切符を買うものですから、今日はありがとうございました」と言うと、切符売場まで笑顔でついてきてくれた。とても気持ちの暖かい人である。私にはもったいないなぁ、無理かなぁと思ってしまうほどだった。
職場の店長は今日のことを聞きたがるだろう。
なんて答えよう。店長の言う通り
「君の悪いところはハゲているだけだから、ズラをつければ上手くいくよ。相手がオシャレで来たのにこっちがハゲていたら失礼じゃないか」
モラハラだと思って、笑うだけだったが、今度はつけて行こうかなと考えるほどステキな方だった!

追記
28日(木)にキャッツを一緒に観に行くことになった。どうなるのだろう?

意外!返事がきた!『自治寮生活』を読むことになる!

 旧制一高中毒の女性Mさんから返事のメールがきた。
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
「夜分遅くに失礼致します。
遅くなりましたが昨日はありがとうございました。
私も駒場博物館も日本民藝館も大変興味深く拝見させていただきました。ウィニングボールや日用雑器の中の美など、お心に残るものがあったようで幸いです。どちらも知らないことを知るのはやはり素晴らしいことだとあらためて感じる良い機会となりました。
また機会があればよろしくお願い致します。」
 と丁寧なコメントは嬉しかった。一高中毒者とどこまでいけるかわからない。次戦で終わりかもしれないし、その機会すらないかもしれない。 これから彼女が旧制一高のことを書き表した著作の中で、最高の出来とされる『自治寮生活』を読んでみようと思う。

11月1日(金)に会った若い女性からは、1週間も経ってわざわざ断りの連絡がきた。
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com]
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
「ご縁のある方ができました。私のようなものに優しくしてくださりありがとうございました。」という文面である。ご縁というのが婚活の曲者で、そう思っているうちが純朴であり、突然振られる経験をこれからすることになるだろうと思う。
私は、出会いと別れを繰り返して、様々な体験をするうちに、次第と年老いていくようだ。

日本民藝館 無名の汚い器に婚活の自分を投影する。

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com


日本民藝館で靴を脱いでスリッパに履き替える。会計してくるねと声をかける。彼女は「はいっ」と怒りに似た声を上げる。大人1人1100円だから、2人で2200円。チケットを渡すと、ありがとうございますと今度は嬉しそうな笑顔だ。
 婚活で会っては意に沿わない結果を2、3度繰り返すと、女性は卑屈になる。負のオーラが出てくる。その方が普通で、無邪気であったらかえって病的というものだ。
 民藝館は、どれも昔の日用品が多く展示されている。祖母の家に置いてあったものを思い出す。丹波焼による古い壺が多い。南朝時代の皿を主とした食器も多い。江戸時代、それより昔の民衆の着物もあった。絣、木綿、浴衣が古く日に焼けたような状態で展示されていると、今では祭りの時にしか用いない服を着て、生活をしていた人々の生活に触れたような気にもなる。
パンフレットにもあるように、無名の職人によって作られた民衆の日用雑器の中にある美は、柳宗悦の美への純粋な一途さに凄みがあり圧倒される。展示物に共感は出来なくても、彼は一級の芸術家であることは確かだ。
 民藝館を出て駅までの道を歩く。どこかに行きますかと喫茶店に入るのを潔しとしない。告白をされたら返答に困るとでもいうのだろうか。今日の夜に用事があるというのは、きっと、婚活であろうと考えられる。だから、込み入った話はしないように気をつけた。こればかりは、私の直観だから、積極的にグイグイと行く方が良いという忠告は間違いではないかもしれぬ。
 喫茶店では、今読んでいる本は何かと聞いたら、彼女は、私が紹介した安部公房の本を持っていた。嬉しいことだ。彼女は色々聞いてくるが、実は薦めた本人があまり読んでいない。「YOUTUBEで『安部公房、あの人に会いたい』をキーワードにして検索して、その動画を見ると、こんな頭切れる奴いんのかと驚くよ。こんな一コマがあるんだ。
『僕にとっての関心とは今を見ること。それはメビウスの輪ですよ。それを表す箱とか砂とか壁とかのいい投影体をさがすことですよね』」旧制一高が何故好きかという彼女の本質にかかわる質問は避けたが、ナンバースクールに関する読み物の中で一番いい書籍を教えてもらった。『自治寮生活』というものだ。国立国会図書館のネット書籍で無料で読めるものだ。今度の休みに読んでみよう。
 私も今年は他の人と会う約束が結構ある。それを終えて、タイミングが合えば彼女ともう一度会いたい気分なのだ。もう独身でもいいのかもしれない。オスカーワイルドの『ドリアングレイの肖像』におけるヘンリー卿の言葉がある。
「結婚の真の欠点は人を利己的でなくすることだ。利己的でない人間はつまらない。生彩を欠いているんだよ」
 帰りのプラットホームで、彼女は渋谷へ、私は明大前へ行くことになる。彼女は、笑った後で、黙って電車に乗った。もう最後かなという予感が湧いてくる。婚活はこういうものだ。
 その日も、次の日も返事がこない。苛々している。自己愛を傷つけられた怒りが湧いてくるのは何故だ? 

東大駒場博物館 旧制一高中毒に陥った彼女との愛はあるのか?

さすがに10歳年下のロリータへの挑戦は難なく散りそうだ。返事がこない。もう少し引っ張って、話をしても良かったのにという後悔もある。彼女もこれから多くの異性と会う中で、私の姿は記憶の奥へと消えていくだろう。
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
 立川時計台の前で待ち合わせしてから約一月が経った。文学好きの公務員、32歳の女性と東大駒場キャンパスに行くことになった。11月4日(月)文化の日の東大は学生の数も少なく静かであった。
 Mさんと会う13時の30分前に着いたので、キャンパス内を歩き回ってみた。

 13時ぴったりに駒場東大前の改札口に姿を現したMさんは、目を合わせようとせずに、足をただ早めて、階段を降りていく。嫌々ながら来たという感じ、不本意さが進みゆく足にこだましていた。門の前の学生達がつくった看板に、「愛国」の文字を見つけた。

「東大ぐらいになると、国を背負っていくんだみたいな気持ちになるのかな。俺の行っていた大学では、こんなメッセージの看板は学内に無かったな」
 彼女は、京都大学に行った時も、看板があったと消え入るような声で応えた。
 門を入って右手に進んですぐに駒場博物館がある。その前に立って、二人旧制一高時代に図書館だった建物を見上げた。写真を撮っていいですか? と彼女の機嫌は急に良くなった。積んであるのは、今回の展示物のパンフレット『東大野球部百年』である。彼女の手が無邪気に弾んだように動くと、パンフレットを取り損ねた。もう一度落ち着いて、今度はしっかりと人差し指と親指で1枚を掴んだ。
「写真を撮っていいんだって」
 と顔を紅潮させて、私に話してくる。それから、ほとんどすべての展示品を写真に収めていた。携帯のシャッター音が何度も静かな館内に響いた。何故、それほど旧制一高のエリートの生活に興味があるのか不思議だった。

1勝ごとに旧制一高の校章入の箱へウィニングボールを大事にしまっていたのだろう。今よりも競技への敬意(リスペクト)が溢れている。
「母親の父が東大を出ているんだ。母親が昭和20年生まれだから、それ以前に東大を卒業しているとなると、旧制一高かもしれないね」
 と私は自分をアピールした。彼女はそうなのとふて腐れたように笑ってから、目を丸くして私のことを眺めている。
 女性は遺伝子を気にするというではないか? 遺伝子が良いところをそれとなくアピールしていくのは効果的なのか?
 見終わってから、機嫌を少しは取り戻したようだった。楽しそうにしている。本郷キャンパスに行きますか? と聞いてみた。行き方は? と気乗りなく聞き返してくる。旧制一高とあまり関係ないから、やっぱりお茶でもしましょうと誘ってみた。
日本文学館があるからという話だから、私も興味があるし、駅横の細い道を二人並んで降りていった。文学館は毎週月曜日は休みであった。駒場公園の外れにある日本民芸館に彼女は行ったことがないというから、代わりにそこへ行くことに決めた。
前田伯爵邸の横を通って、草藪の中を通るひっそりとした細い泥道を、私が前に出て歩いた。前から五十路前ぐらいのカップルが手を繋いで歩いてくる。夫婦かもしれないが、二人の容姿に私達の近い未来の姿が投影されていて、虚しくなってきた。
日本民芸館で私達はさらなる幻滅を味わうことになった。

有楽町のレトロな光景とロリータへの誘い


ツヴァイ出会いセッティングサポートで出会った10歳以上も若い女性は、肌の艶も良かった。
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
まだ入会したばかりということで、元気があり、私のことを意図的に何度も褒めてくる感じだ。野球をやっていると言えば、そういう学校生活は素敵ですわとか、文学が好きということを話せば、私は全然、本は駄目だけど、立派で素晴らしいわとか賞賛してくれる。しかし、次第に、私に話をさせないように無理して口を動かしているような気がしてきた。相手に話をさせることに不安があるというか……
後でわかったことであるが、幼い頃、父親が離婚して、母親と二人でずっと暮らしてきた。暗くて触れられたくないものが背後にあり、仮面を用いて接してくるような薄気味悪いものを感じたのは確かだ。プロフィールの中卒と関係があるのだろう。
セッティングサポートが終わり近くの喫茶店に誘ってみた。喜んでついてくる。3連休の前日の金曜日だ。喫茶店の前を歩く人の多さに彼女も驚いていた。
10年近く保育園で料理の仕事をしていたこと。園児を相手だから、生ものを普段から食べてはいけないこと。何かと保育園はイベントが多く、そのたびに参加して、身も心も疲れきっていて、辞める時は、やり切ったという解放感だけがあったそうだ。今は、IT関係の派遣の仕事をしている。時間がとれるようになったから、婚活なるものを始めてみましたということ。これから、彼女に食事の誘いをしてみようと思う。既読スルーか? ブロックされているかもしれない。

朝日新聞本社 感動!
安い金で一杯やって楽しみたい場所だ。大企業の街でもこんな光景が!

面白い店である。
寿司を食う外国人!マグロの初セリで最高額1億円以上を出した寿司ざんまいの店内。ネームバリューにつられてくる観光客も多いとか。

路上ライブをする大阪から来た男性。孤高のストリートミュージッシャンと言いたい。裏返した帽子で金を催促して歌っている。路上ライブとブログ運営はにているなぁと思った。自分を代弁しているような気持ちになる!

落ち込む中で女を探す!アラフォーの秋!

f:id:nyoraikun:20191101152832j:plain
11月1日(金)これからツヴァイの出会いのセッティングサポートで申し込んだ相手と19時に日比谷店で会ってくる。写真の彼女はとても綺麗で、何故承諾してくれたのかとプロフィールを読んでいったら、中卒ということがわかった。それで安心した。1年間、婚活を続けていると、自分の市場価値を見誤ることが少なくなる。
今、私は4人の女性と同時進行をしているため、気持ちに余裕がある。これが自信となって、さらに女を囲い込むという好循環になっている。しかし、男性のサガとしては、卵子に向かう精子のように一途になるところに充実感がある。本当は、誰か一人の女性を愛し懸命になった末に結婚できるのが理想だ。

 今日の女性のプロフィール
27歳、中卒 派遣業勤務 趣味:ガーデニング、雑貨屋めぐり、散歩、天体観測、料理とある。どれも気取らない趣味で親しみを持った。しかし、どれもが合いそうで合わないといったところか? 
「私は明るい性格で、たわいもない会話でもすぐに笑ってしまいます。得意料理は、カレーとシチューです。ルーも手作りし、ハーブやスパイスを組み合わせて作るのがこだわりです。作ることも食べることも好きなので、食事を楽しみながらコミュニケーションを大切にし、笑顔の絶えない家庭を築いていけたらと思います。」
若いというのは、それだけで嬉しくなる。とにかく質問して話してを繰り返してみよう。
ブラックホールの話をしてみようか! 
「地球の大気圏を突き破って宇宙に出るには、秒速20kmの速度が必要である。これが、光の速さでも抜けることができなくなった空間がブラックホールだ。しかし、ブラックホールが銀河の中心にいて、宇宙をかき回すことで、ものを構成する主要な成分が均質化し、安定する。それゆえに、生物があるとしたら、ブラックホールと我々の生命体は関わり合い、通じているものなんだね。この愛のささやきも」
実は今、とても暗くて、婚活どころではない精神状態なのだ。
仕事はスーパーの鮮魚部で働いている。近くにOKストアができて、店の売上が下がって、明るい店長が暗い面持ち始終歩いているほどのダメージを受けている。OKは毎日の安売りが持ち味のスーパーであるが、手がかかる部門ほど落ち幅は少ない。そのため、自身の勤める鮮魚部はほとんど影響を受けていない。
自宅近くにギガマート、トライアル等と安売りの店が出来て見に行くと、食あたりでも起こすのではないかと思えるほど鮮度管理が出来ていない。変色したものをそのまま並べてあるというのはざらであるし、食品のディスカウントに鮮魚を入れるのは難しいだろう。経費で最も高いのは人件費であり、鮮魚の運営で最も必要なのは人の手なのだ。
しかし、OKストアが出来て、私も職場の苛々に感染している身である。正直、仏頂面で応対しそうで不安だ。そうだ! 出会いのセッティングサポートは、ツヴァイの支店で30分話してお別れだから、その後、吉原で一発やるぞとテンションを刹那上げてみた。ごめん! どこまで腐っている精虫男子になったのかと、さらに落ち込んでしまうのだ。

ワンちゃんの動画で1日のストレスを発散する!

この頃、ストレス発散にYOUTUBEでワンちゃんの動画を見るのにハマっている。休みの前日は、気づくとスマホで2時間ぐらい見ている。データ容量が無くなって、追加料金を払う羽目になったことがここ3ヶ月続いている。その中で感動したのをここで紹介したい。
柴犬小春を世話している動画であるが、愛情をたっぷり受けて育った犬は、こんなにも明るく素直に育つのかなと微笑ましい気持ちになれる。柴犬小春も、飼い主も相思相愛で、幸せだなぁとほのぼのしてしまうのだ。

柴犬小春 大好物を前に車のドリフトのような大熱唱が止まらない!きゃきゃきゃきゃきゃきゃんー!

柴犬小春 【ガクブル涙目】病院は扉をくぐっただけでわかる!ワクチン接種 Shiba Koharu is scared of vaccination!

柴犬小春 小春猫化でもう夢中!慣れない砂浜でボールで一人遊び^^後半、海辺のバイノーラル録音の臨場感!
柴犬小春の動画をみているうちに、ワンちゃんを飼いたくなった。しかし、この注意喚起の動画は、私に飼うのをやめる愛を授けてくれた。それほど、的を得ている物語だと思う。官僚の知恵の結晶であろう。日本におけるペット産業の売上額は、1兆円を超えている。その裏で31万匹近くの犬が殺処分されている。ぺット産業の主力商品は、犬と猫であって、私の働く鮮魚部に置き換えると、マグロとサーモンのようなものだ。多く仕入れるため、ロスは必ず発生する。それが、食べ物ではなく、飼育するための生き物だというところが問題である。また、31万匹を処分するのに、人件費がばかにならない。最後のところで、思わず涙がこぼれた。みなさんはどうですか?

犬を飼うってすてきですーか?
もう一つ紹介しよう。これを見たら、犬を捨てることはいけないと身につまされること間違いない。犬は人の嗅覚の何千倍もの力があることが悲しくもせつなくなる。

《流浪心事》由明星愛犬訓練學校教練指導狗明星領銜主演的微電影 (導演 林孝謙)
犬をペットホテルに預けるだけで、こんなにショックを受けるのかという動画だ。泣き叫ぶ赤ちゃんを数日間放置したような状態になるのだろう。

ペットホテルで寂しすぎて泣き叫ぶのが止まらない柴犬ハナ shiba inu cries out




見つけてくれてありがとう!〜ある老犬からのメッセージ〜 (音楽無しバージョン)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ