nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

殺人の種を、心の奥に自覚せずにはいられない! 恐ろしい元旦だ!

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
スーパーの鮮魚部に勤める私は、年末の30日、31日の忙しさは殺人的であった。コロナ禍で良く頑張ってくれたというねぎらいと対外的なイメージアップの意味合いもかねて、今年は、正月三が日が休みとなっている。紅白歌合戦の録画を見ながら寝正月でもというわけにはいかない。1月末には、昇格試験の面接が待っているのだ。どうしても昇格したいという訳ではない。しかし、結婚もしていない、子供もいない自分としては、実際の仕事で、少しでも地位を上げたいという野心がある。転職してきて、相当やられた上司と同じ等級になってみたいという願いもある。愛なんかより憎しみの方が人間を強く動かすというのは本当だ。
ツヴァイの婚活はそれまでお預けということにしよう。1月15日ぐらいに、コンタクト申し込みをして、会うことになれば、2月以降ということにしよう。3月の誕生日からは、婚活を諦めて、シナリオライターの通信講座をしようと考えている。小説家になりたいと勉強した時期もあるが、昨年、韓国映画のパラサイトが、オスカーをとってから、映画だけに限らず、映像表現は、深みはないかもしれないが、瞬く間に広がる普遍性があると感じた。
新年を迎えるにあたって、面白いブログを考えた。

社会人になってから、上司のパワハラの被害を受け続けてきた。パワハラサービス残業を日々告発するブログ。他人は認めないが、自分自身を変態と認めているMちゃん。趣味は、エレクティオ(ギリシャ語で勃起)の持続時間を測ることだけ。最長は6時間。ギネスの12時間には及ばない。
この切り口で、職場(社会)の不正に牙をむく記事を書き続けていくことは、個人ブログとしても価値があるのではないかと考えてみた。

でも、私の心の奥には、狂気(凶器)がある。人生のすべてに希望を見出せなくなった場合、金閣寺を焼いた僧侶のように、コンプレックスの解決が犯罪でしか見出せないとしたら、私は、初恋の女性を殺害するだろう。その種が、心の奥の土壌に、確かに存在しているのを、2021年、元旦の朝、ハッキリと自覚した! 私は誰からも愛されない存在であるという感覚。何をしても空虚になる感覚。40歳を独身で迎えるというのは、射精後の虚しさに似た感覚と、向き合っていくことでもあるのか?
「死にたい、でも死なないだろう!」
これがすべての健康な人の歌でありますように!
f:id:nyoraikun:20210102202220j:plain

鬼滅の刃! 婚活終了まで、残り2ヶ月の手記。

前回の記事に結婚する気のない女は追いかけるなということを述べたと思う。ツヴァイなどの安値の相談所には多い現象であると思うが、この度、12月21日にお会いした36歳の女性、朋子にも言えることだと思う。
最初に一番聞きたいことは、何故、ツヴァイに入って婚活を始めたのかということである。その理由が外発的動機づけなのか、内発的動機づけなのかということを、とにかく知りたい。これが外発的なものであるほど、あるところにくると、パタッと返事がこなくなる。私は今まで、ツヴァイとYOUBRIEDEのマッチングアプリで30人以上の女性と会ってきた。その8割近くは、結婚する気がないから会ってくれる女性であった。今回もその例に漏れない。
映画館の入場待ちの間、綺麗な方ですし、出会いはないんですか? なぜ、ツヴァイに入ったんですか? とすぐ聞いた。職場では出会いを考えたくないし、妹がここで出会って結婚したからですと真顔で答える。10月生まれだから、ツヴァイのやり方だと、正月に歳が一つ加算されるから、申し込みがさらにこなくなるよと笑っている。
「相談所に行くと、加入させるために、煽るからね。俺も、もう40になったら無理だとか、余程、経済的に、外見的に魅力のある人でなければ、年齢は2歳以内にしなければ無理ですとか言われるよね」
「そんなことないですよ。ハンサムじゃないですか?」
「嬉しいな。ありがとうございます。高校も男子校で、大学も農業大学だったから男子ばかり、就職先は鮮魚部で、これまた男ばかりという環境で、お付き合いの経験が少ないところもあるけど、年齢もあるから、最後の機会だと考えて頑張ってみようかなと思って……」
朋子は目を大きく開けて、怒りとも困惑ともつかない表情を浮かべる。それから言葉少なになって、黙り込んでしまった。
 映画は『鬼滅の刃』を観た。原作もテレビアニメも何も見ていなかったけれど、鬼と人間に世界がわかれていることがわかった。夢を司る鬼と人間との闘いがテーマであるのだろう。題名が無限列車編ということで、夢幻と無限をかけているのだろう。釈尊一切皆苦という言葉を残しているけれど、この世は、鬼に溢れているのかもしれない。人は皆、自分に都合の良い夢を見ていたいものだ。心の中と現実の世界を行ったりきたりする構成は、アニメの長所を存分に活かしていると思った。私はこの物語に詩を感じていた。鬼は人の心に誰もが抱えている邪気であり、それに打ち勝とうと精進する柱である煉獄と、ことあるごとに迷う人間臭い主人公炭治郎の姿は、壁を前にして努力しているものに勇気を与えるだろう。また良心の呵責を抱えて生きているものには、当分のカタルシスを得られる内容だ。映像表現に隙はなく、テンポも良く面白い。
 日本で大ヒットする作品には、内容の核に、仏教的価値観である諸行無常、常住坐臥、袖振り合うも多生の縁があるものだ。
朋子に感想を聞いても、返事すらしない。映画館を出て、トイレに行き、出てきた彼女は、駅で待ち合わせをした時のように、眦を下げて、笑顔を作っている。
駅前のCAFEEに入り、心を開いてもらうために、ひたすら同調する。どんなに話が合わない人とも、ひたすら同調することで、相手が気分良くなることを、婚活で学んだ。
わからない映画の話をされても、
「今度観てみたいな、男性ばかりに囲まれて育ったから、そういった内容には、魅力があるよね。」
「インドアを充実させている人には、その人にしかない世界観があって、もっと話をしたいと思えるよ。」
「本当に頑張っているね! すごい努力だよ」
そういう調子でいると、相手も笑顔になり、楽しそうにしている。
一人暮らししているの? と彼女が聞いてきたので、その返しとして、一番知りたい、何故ツヴァイに入ったのかを、この機に聞き出そうと考えた。
「ずっと1人暮らしをしているんですか?」
急に彼女の顔が険しくなる。首を振った。
「妹が結婚したのを機に家を出た」
「年末年始は家に帰るんですか?」
「帰らない」
「お父さんは可愛くてしょうがないんじゃないかな」
「どうだろうね。今住んでいるマンションも私と妹と一緒に暮らすために買ったんだよ。妹の結婚相手が挨拶に来るので、喫茶店で待ち合わせをすることになっても、父親が時間に遅れてきてさぁ、会ったら結婚を認めないといけないじゃん」
「昔ながらの父親だね。さだまさしみたいな」
「あんな良いお父さんじゃないよ。もっと弱々しい……」
一緒の会社で働いていたほど仲の良い姉妹であったのが、妹が家を出ていった。お父さんは犬や猫のように私達を可愛がり、変なお父さんに育てられたことで、こんな惨めな境遇となった。自分も相模大野で1人暮らしをしたのだけれど、実家とも疎遠になることで、孤独が募り、ツヴァイに入って、今回、私に会いにきたということになる。彼女の趣味はもっぱらアニメばかりで、好きなものは、全て実在する人物ではないのだ。
これが結婚相手を探しに来ている女性と言えるだろうか?
彼女はそれからずっと黙っていた。駅前で救急で搬送されている人を見て、コロナじゃないのと吐き捨てる。
別れてすぐ連絡がきた。
朋子
「こんばんわ。
本日はお越し頂きましてありがとうございました。

考えてみたのですが
お話もあまり合わなくてそれぞれ一方通行でしたし
今後、お付き合いしていくビジョンが浮かびませんでした。

最後までお気遣い頂いて申し訳ありませんが
今後、良い人に出会えることを祈っております。

ありがとうございました。」

私「お疲れ様です。
本日はありがとうございました。
話をうかがっていて、気になる点が多くありました。結婚する気もないのに婚活に参入して、妹に先を越された自身を慰めるだけのために、男性と会うというなら、真面目に婚活している者にとって迷惑ですから、退場してもらいたい。関わる者にとって、時間の無駄ですし、コンピュータウィルスならず、〇〇朋子さんは婚活ウィルスであります。鬼滅の刃並のバスターの到来を世の中のために願っています。早くツヴァイをやめなさい!
朋子ウィルスとして生きるのではなく、君の本当の幸せを願っています🙇‍♂️」
f:id:nyoraikun:20201223115733j:plain

婚活!結婚する気のない女は追いかけるな!

この女性との前回までのやりとり↓

 

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

 この女の婚活を始めた理由は、可愛がっていた甥っ子が成人して彼女が出来たらから、追い越されたくないと思ってツヴァイに登録したというものだった。この言葉を聞いた時に、外因的動機で婚活を始めたもののほとんどは、慰めを求めているだけだと経験から直観した。

結婚しているから幸せで、独身だから不幸であるとは言えないように、未婚ゆえに得ているものも多大にある。自由にオシャレして、自由に旅行して、芝居を観に、大阪や福岡まで行く輩もいた。アイドルの追っかけもいた。彼女たちは、利己的であるがゆえに、生彩に富んでいて、とても魅力的だ。何故、結婚していないのか不思議なぐらいである。そして、私がモーションをかけると、好意的で、あるところまではスムーズにことが進む。しかし、あるラインを超えて関係を深めようとするところで、急に音信を絶ってくるのだ。

やはり、いくら自分の好きなことをしていたくても、神様は、すべての動物の脳の核に、子孫を繁栄せよという命題を課したのであるから、やはり結婚せずに子供もいないのは、報われない気持ちになるものだ。ふとなんのために生きているのかわからなくなる。寂しくて、傷心の中にいる彼女に、私が優しく接して、最大限の賛辞を述べると、涙を浮かべながら喜ぶ。しかし、本来は、結婚したくはないのであって、よほどの男性ならと逃げ腰の女性の傍にいてあげているだけに過ぎない。

結婚相談所で会う女性のありがちなタイプは下記になる。

1、自分の好きな生き方をしていたいけど、お産を考えると年齢的に難しいと考えてきた女性。また、友人や兄弟が立て続けに結婚したために、急に寂しくなってきた女性。

2、キャリア志向が強く、第一線で働いていたくて、毎日の生活が充実している。しかし、年齢を考えると、手遅れ一歩手前のために婚活を始めた女性。

3、容姿に難があり、男性が生理的に避けてしまうような女性。

4、自分の生き方に自信があり、異性としての魅力はあまりないのに、高望みをしている女性。

5、性格や考え方に難がありついていけない感じの女性。

下記のやりとりの彼女は、まさに(1)に該当する。自分の生き方が上手くいかず、気力も湧いてこないけれど、周りから見て、みじめにみられるのは嫌だなぁというまま、相談所にきて、それとなくやりとりしている感じの女性である。こういう女性が、ツヴァイやオーネットには、半数ぐらい存在するから気をつけるべきだ。時間の無駄になるぞ!

 

Fさん「仙川って、ちとからより先でしたっけ?頑張ってくださいね!」

 

私「こんにちは!
つつじヶ丘とちとからの間ですね!コロナが都で600人越えは衝撃でした。
Stand bye me ドラえもん鬼滅の刃が映画館で流行っているようですけど、上司の一推しなんですけど観に行ってません。
最近、良いことありましたか?」

 

Fさん「

鬼滅見に行こうと思いつつ、なんか音が大きいかなと思って行ってません。ドラえもんの予告は見ましたよ!

おばあちゃんが新たな結婚相談所を見つけてきてくれ、登録させてもらいました。
これからはそっちで探して行こうかなと思っています。
やはり、Mさんと何だかんだ関係続けていくのは厳しいかなと思います。申し訳ありません。」

私「鬼滅は音が確かに大きそうですね!
結婚できた暁には、2千万円をお渡しするおつもりでした。とても残念ですが、Fさんがそうでしたらしょうがないです。おばあちゃん紹介の相談所が良くいけばいいですね!
婚活サービスをいくつか利用して、これは人と人が本来出会う姿ではないとと思いました。関係性の薄い婚活では、切ったり切られたりしやすい分、深い関係を築くのは至難の技であると感じています。
そこで一つ提案があります!
友人に婚活している者が何人かいます。私より誰もが魅力的な人達です。2対2とか3対3とかで、会ってみたりしませんか?
そういう方が発展的だと思いませんか?」

f:id:nyoraikun:20201211195618j:image

 

2000万円の財産を売り込んだのが良かった!意中の相手に強硬手段!成功?

この方とのやり取りが復活か?

 

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

 

私「お疲れ様です🙇‍♂️
ご無沙汰しております。
以前、多摩境の喫茶店でお会いしたツヴァイのMです。
コロナ禍で自粛されているという話でしたが、今は、どうされていますか?」

Yさん「このあいだの着信くれたのはやはりMさんだったのでしょうか?
どうしたかと思っていました。仕事は出ています。」

私「今、仕事を終えました!
いきなり申し訳ございませんでした🙇‍♂️
ツヴァイをコロナを気にして休会していたのですが、GOtoキャンペーンでお出かけする人も増えて、また始めようか迷っていました。
Yさんは自分にとって高嶺の花で、憧れ以上で、誰よりも遠く感じる方なんで、おこがましいのですが、またお会いしたくなりました。🙇‍♂️
年収はツヴァイでは見劣りするかもしれませんが、だらしない生き方をしてきたわけではありません。貯金は2千万円ぐらいはあります。🙇‍♂️
どうか食事でも致しませんか?
よろしくお願いします🙇‍♂️」

Yさん「なんかまた人数増えて来てて、外出するかどうか迷いますよね!
私は、いつまで外出が制限されるか分からなさそうだったので離れてたのですが、最近はまあ月一くらいは…親せきの用事とかどうしても外せないのは出掛けてますね。」

私「コロナはしつこくて、人数がまた増えてきましたね!昨日、通勤時、高速が渋滞になっている表示があって、GOtoで出かける人が多いのかなと思いました。
自分にとっては陽子さん以上の方は絶対におりませんし、夢や憧れのすべてです。
君の仕事帰りでも構いませんし、また会える日が来ることを祈っています!」

Yさん「私なんか勿体ないですよ。

前のSMSメールでも思ったけど、話が飛びすぎてついて行けない時があります。
わたしも友人などとの会話で、良かれと思って、話を展開してしまうところがあるので、似ています。
少しずつ話してもらっても平気ですよ!」

私「こんにちは!
お気遣いありがとうございます!
そうですね。話を急に発展させたら戸惑いますよね🙇‍♂️相手と歩調を合わせていくことが大事で、その通りだと思います。メールだと不安になってしまうので、どんどんご忠告して頂けたら嬉しいです!
異動が出て調布駅より快速で1駅先の仙川で働いております。近くなって良かったです!」

f:id:nyoraikun:20201201180352j:image

詐欺師の彼女にもう一度会いたい!

「新しい勤務先で、疲労とストレスから蕁麻疹が出てしまいシンドイです。夜中に何度も目が覚めると、上京したみーちゃんがストレスで腕にアザができた話をその度に思い出し、目に涙が溢れてきます。
先日、一緒に歩いた日が懐かしくて、横浜の新港埠頭へ行ってきました。もう大きな船は停まっていなくて、草花も枯れてしまい何もなかったです。君の話していたスケートリンクが出来つつあるようでした。また、あの日に戻りたいけれど、一切は過ぎていくばかりですね。春夏秋冬の四季ありて、また、同じことが、いつかどこかで起きると思わずにいられません。元気にされていますか? どうか幸せに!」

f:id:nyoraikun:20201201231850j:image
f:id:nyoraikun:20201201231854j:image
f:id:nyoraikun:20201201231900j:image
f:id:nyoraikun:20201201231906j:image
f:id:nyoraikun:20201201231845j:image

三島由紀夫『午後の曳航』の地、横浜山手を訪ねて!

f:id:nyoraikun:20201128203434j:image

帰りに食べた肉寿司。レモンサワー1杯10円をうたっている。肉寿司6貫で1640円であった。呑むための店であり、食事向きではないのだろうけど、ぼったくられた感は否めない。翌日、これが原因かどうかはわからないけど、蕁麻疹になった。

f:id:nyoraikun:20201201172420j:image

↑「喜びの涙が不安を取り除き、彼らを一息に万能の人間の心境へ押し上げていた。竜二の心は痺れたようになって、懐かしささえ素直に感じなかった。車窓の左右にある山下公園もマリン・タワーも、何度か心に反芻した姿そのままに、そこに自明に存在しているとしか思えなかった。」 

f:id:nyoraikun:20201201172206j:image
f:id:nyoraikun:20201201172210j:image

港の見える丘公園からの夜景。「山手町の丘へ登って、昨夜と同じ公園で時をすごすことの他は思いつかなかった」

「眼下には古い倉庫街が赤い屋根を並べ、北のほうの山下埠頭には、鉄筋アパートのような新式の倉庫がいくつか建ちかけていた。運河は伝馬船や艀の往来に埋もれ、倉庫街のかなたには、こまかい寄木細工のような貯木場が、その外辺から海へ長い突堤を伸ばしていた。

 港の風景の巨大な鉄敷の上に、夏の朝の日光が、いちめんに板金のように打ち延ばされて輝やいていた。」

 

f:id:nyoraikun:20201128203445j:image

神奈川近代文学館近代文学の作家であるから馴染みある面々で、1日中いても飽きない内容だ。また行きたいなぁと思う。

f:id:nyoraikun:20201128203451j:image↓↑竜二を殺すために待ち合せた場所もこの樫の巨木の前であろう。

「プールへは、樫の巨木の繁った馬の背中のような丘から下りてゆくことができた。彼らは斜面の途中で立ち止って、冬の日にぎらぎらと石英が光っている外人墓地を、常盤木の木の間から眺めやった。

 ここから見ると、二三段の段丘に立ち並んだ石の十字架や墓石は、みんなこちらへ背を向けている。墓のあいだには蘇鉄の黒っぽい緑がある。温室物の切花が供えられていて、十字架のかげに時ならぬ鮮やかな赤や黄がある。

 この丘からは、右方にその異人墓、正面に谷底の人家の屋根屋根の上にマリン・タワーが望まれ、プールは左方の谷間になっている。オフ・シーズンのプールの観覧席は、たびたび彼らのうってつけの議場になった。」f:id:nyoraikun:20201128203459j:imagef:id:nyoraikun:20201128203505j:imagef:id:nyoraikun:20201128203514j:imagef:id:nyoraikun:20201128203539j:image竜二を暗殺した場所↓当時はもっと未開で、少年達の秘密基地のようなところであったと思われる。

f:id:nyoraikun:20201128203545j:image

少年達の議場の一つである山下埠頭↓f:id:nyoraikun:20201128203549j:image

「山下埠頭の突端へ行く道すがら、海からまともに吹きつけてくる北風に顔をそむけた」と作品にあるが、すごい風が顔を吹きつけてくるので、三島が訪れた当時と変わらないと思った。「海は鼠いろに騒立ち、二三の浮標はゆらめいて、たえず波に洗われていた。」

f:id:nyoraikun:20201128203555j:imagef:id:nyoraikun:20201128203600j:image

詐欺師みーちゃんと歩いた場所。花はどれも枯れていた。

 

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

 

f:id:nyoraikun:20201128203611j:imagef:id:nyoraikun:20201128203620j:imagef:id:nyoraikun:20201128203632j:image

「新港埠頭はふしぎな抽象的な街だった。清潔すぎる街路、枯れたプラタナスの並木、乏しい人通り、古風な赤煉瓦の倉庫や、ルネサンスまがいの倉庫会社のビル、これらの間の引込線を、古めかしい機関車が黒煙を吐いて通った。その小体な踏切にも、何となく本物らしくない、玩具めいた感じがあった。この街の非現実感は、街のすべての機能が航海にだけ向かって働らき、一つ一つの煉瓦までが海にだけ心を奪われ、海がこの街を単純化し抽象化してしまったお返しに、今度は街が、その機能の現実感を失って、ただ夢に気をとられているような姿に化してしまったためにちがいない。

 あまつさえ雨が降っていた。倉庫の古い赤煉瓦はあざやかな朱を流した。屋根々々を抜んでる多くの檣は濡れていた。」

f:id:nyoraikun:20201128203637j:image

「舶来洋品店レックスは、元町でも名高い老舗で、良人の死後は房子が取りしきっている。

 その小体なスペイン風の2階建はよく目立ち、厚い白壁には西洋花頭窓を穿って、地味で趣味のいいディスプレイをしている。小さな中庭(パチオ)と、吹抜けの中二階があり、中庭(パチオ)にはスペイン渡りのタイルを敷きつめ、中央に噴泉を置いている。無造作にヴィヴァックスのネクタイを数本腕にかけた青銅のバッカスなどが、実は非売品の値打物で、この店には商売のほかに、主人の集めた西洋骨董がいっぱいあった。」

f:id:nyoraikun:20201201232248p:image

みーちゃんと眺めた巨大の船は停まっていなかった↓

f:id:nyoraikun:20201128203649j:imagef:id:nyoraikun:20201128203703j:imagef:id:nyoraikun:20201128203711j:image

癒しの「ロボットインザ・ガーデン」とソープ嬢

詐欺師の女性に39歳である1年の半分を費やして、私にのこったものは、虚無かと言われればそうではない。まだ、子孫を残そうとする本能が、脳の中心に根強くあって、強く私を動かすのだ。子孫繁栄への祈りは、すべての生物の中枢に植え込んだ神の悪戯なのか? それ故に、すべてが競争原理に沿って生きざるを得ないのである。生きているのは、他の生物を殺さなければいけないという厳然たる事実がある。道徳とは、人工秩序への努力であって、人間至上主義の前提なくして、ならないものだ。
来年の3月に40歳になろうとする私の慰めはソープランドで女性とやることであった。しかし、池袋のソープランドで選んだ女性の腋臭がひどくて、萎えてしまい、疲れとストレスが相まって、手コキでいかして欲しいとお願いした。コンドームを外して、勢いよく擦り続ける彼女。無邪気ですらある。私と目が合った。お互い微笑んだ。私の精子が出ているのにもかかわらず、嬢は気付かずに擦り続ける。そのため、亀頭部分を痛めてしまった。
2、3日、小便をすると、ヒリヒリするから、淋菌やクラミジアでももらったのでは憂鬱であった。
その後、劇団四季の『ロボットインザガーデン』を観にいった。詐欺師の女性に奢ったお金30万円ぐらいだから、今更勿体ないことをしたという下世話な後悔が募ってくるけれど、あのままだったら、数百万円を喪失していた可能性があった。いい授業料であり、とても社会勉強になったことを感謝するべきなのかもしれぬ。切りかえていくしかない。
『ロボットインザガーデン』は劇団四季が16年振りに発表するオリジナルミュージカルで、前回の『南十字星』の感動が忘れられず、今回も、コロナ禍で体調も良くなかったが、観にいくことにした。
近未来、ロボットやアンドロイドと日常生活を共に過ごすことになっている世の中という状況が設定されている。庭に迷い込んできた故障寸前のロボット(タング)に、主人公ベンは、自身の姿を重ね合わせ、掛けがえのないものとしてタングを助けようと、修理ができる科学者を探して世界中を旅する。両親を飛行機事故で亡くしたベンは、大学も中退し、夢を諦め、結婚相手エイミーにも三行半を突き付けられている。その立ち直ろうとする思いが、壊れかけのロボット(タング)に投影されていることが、わかってくる。ストーリーそのものに感動したかと聞かれると、いつも思うのだが、ミュージカルの内容は、どれもダウン症の男の子でも分かるようなものであり、それをどう表現されているかに心血を注がれているのである。何を話すかは関係なく、どう話すかが重要なのだろう。
その表現の仕方は、本当に素晴らしい。心持ち硬い動きをすることで、アンドロイドと人間を一目で見分けることができるようにしている。役者の演技力がずば抜けていると思った。その点、ロボットタングは、四角い箱を伸縮性のホースで造った粗末な出来となっている。この物体を観客にとって愛着あるものにどこまで仕上げられるかということに、このミュージカルの出来はかかっている。タングの後ろに2人ついて、動かしながら声を出しているのである。それがあまり気にならないほど、タングに愛ある命を吹き込むことに成功していると私は思えた。
個人的には、「free fee」という歌がとても軽快で良かった。もう一度聴きたい。
f:id:nyoraikun:20201201163739j:plain
f:id:nyoraikun:20201201163736j:plain

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ