nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

返事の無いダンサーしおりへのメッセージ!

 前回の記事↓

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com 

f:id:nyoraikun:20210301195053j:image

私「こんにちは! お疲れ様です。☺️
※※※※※のオンラインワークショップ、初めての取り組みということでお疲れのことと思われます。
実のところ、連絡先を登録してすぐfacebookのレコメ機能で、しおりさんが※※※※※に所属し、プロのダンサーとして活躍されているのを知りました。知らない振りをしていてすみません🙇‍♂️
学生の頃、純文学の作家に憧れて、その道に行きたいという夢はありましたが、自分がダイヤの原石には思えず、ディレッタントとして続けるぐらいしかできませんでした。
20代は、仕事のかたわらに小説を書くことをしていたのですが、30代に入り、将来の生活の不安から、※※※※※に転職しました。実力本位の会社で、努力した分だけ評価されることで、やりがいがあります。
30代も後半にさしかかった頃、世間一般のように、結婚して家族の幸せのために、仕事を一所懸命に取り組んでみたいと考え、婚活を始めました。
しおりさんのコンテンポラリーダンスYOUTUBEで見て、その美的情操に訴える舞踊に、心のわだかまりが昇華されるような気持ちになれました。また、表現の世界にいる自負と苦労も垣間見え、支えたい気持ちが湧いてきます。
整体に通い、身体が悲鳴を上げているということも話しておりましたし、ダンスを専業から趣味にしたいのか、今後も、ダンスの世界で飛躍を遂げたいけれど、生活の資と心のよりどころを探しているのか、どちらにせよ、何か自分にできることがあれば、していきたいです。
ナハリンに会いにイスラエルへ渡った身体表現への一途な思いは、富士の冠雪を背後に舞うホトトギスのように美しく、憧憬を誘います。思綺さんの心にある大好きな鳥が、いつか羽ばたけるように、一つながりの青空へ祈ります!
「ほととぎす 鳴きつる方を 眺むれば ただ有明の 月ぞ残れる」(百人一首より)」

デザイナーまりこは、ずっと食べながらしゃべり続ける!

f:id:nyoraikun:20210219203605j:image

まりこ「こんにちは!

残り12冊では、まだまだ選別が難しいですね!

1冊1冊には、それにまつわる思い出もありますし、でも18冊は決められたのですから、大変だったでしょう。☺️

また新宿にしましょうか?

食事処でも予約しておいた方がいいですよね?

17日(水)でよろしくお願いします。」

 

私「こんばんは!
コロナの感染者数も減ってきたようで良かったです!

パソコン関係の本は、バージョンアップすると不要になりますよね。部屋にも昔のWindowsの分厚い解説書がありますね。今度、捨てようと思います☺️

特に、どういった食べ物が好きですか?

いくつか探して見ようと思います!」

 

まりこ「こんばんは。

もともと本が好きなので、捨てずらいですね。
今はかなり昔に発刊されたパソコン関連の技術書を中心に手放しているところです。
毎年技術はバージョンアップするので、数年もすると内容が古くなるためそういうのは入れ替えのため捨てやすいですね。

申し訳ありませんが、また新宿でお願いします。
確かに予約していったほうが入りやすそうですね。
日にち合わせてもらってありがとうございます!17日はよろしくお願いします!」

 

まりこ「Mさんは書籍のジャンルは何が一番多いんですか?
私はパソコンの技術書と美術の書籍が多いです。あと英語の勉強用かな;(あまり英語が捗らないですが)


食べ物に好き嫌いはないです。
和食の海鮮が特に好きですが、良さそうなお店があるなら、そちらでも大丈夫ですよ!
お店探しありがとうございます!

よろしくお願いいたします。!」

 

私「こんばんは!

コロナ禍で、客入りが衰えるところ知らないようで、ありがたいことですけど、今日もてんてこ舞いでした💦🙇‍♂️

部屋にある本は、小説・評論の類が4割、スーパーや販売についての実用書が3割、コンピュータ、百科事典系、芸術系が3割といった感じです。コンピュータについては、本当に勉強したいです。

英語はかつてエリートのための学問でしたが、現在では海外からリアルタイムに情報を得るのに必須で、今後、その傾向はより強まるでしょうね!☺️

和食ということで、下記をピックアップしてみました。他でも構いません🙇‍♂️

いいところはありますでしょうか?

 


WA-DINNER き  20時まで

050-5868-1456

東京都新宿区西新宿7-9-17 第一伊藤ビル B1F

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13032487/

 


淡路島と喰らえ 新宿西口店 20時まで

050-5869-0826

東京都新宿区西新宿1-14-15 タウンウエストビルB1

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13121691/

 


北海道海鮮・個室情緒 ~ 23番地 ~ 新宿東口店 24時まで

050-5571-9316

東京都新宿区新宿3-21-4 第2サンパークビル 6F

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13182438/

 


北の味紀行と地酒 北海道 新宿西口店 

 20時閉店

03-6747-2859

東京都新宿区西新宿1-10-2 110ビル 9F

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13156023/

 

まりこ「

お店の候補沢山探していただいてありがとうございます!
どれがいいか悩みますね。


父の故郷が淡路島なので、淡路島と喰らえへは行ったことがあります!
ネタとしては面白いんですけど、今回は特に「北海道海鮮・個室情緒 ~ 23番地 ~ 新宿東口店 」や「WA-DINNER き」の料理のラインナップが気になってしまって…


バランスから行ったら「WA-DINNER き」 がよさそうですけど、
メニューの珍しさで言ったら、「北海道海鮮・個室情緒 ~ 23番地 ~ 新宿東口店 」がカニ(普段食べないので)を出している点で面白そうですね。


…(結構悩んだのですが)ぎりぎり 「WA-DINNER き」がいいかなと思いましたがいかがでしょうか?
よろしくお願いします。」

 

私「こんばんは!

色々と考えてくださって、ありがとうございます!☺️

「WA-DINNER き」で、軽いコースも用意しているみたいなので、とりあえずそちらの方の予約もとりました。

淡路島出身なら、美味しいお魚を幼い頃から召し上がっているでしょうね!

カニは好きなんですけど、私もあまり食べていないです。年始ぐらいかもしれません🙇‍♂️

当日の待ち合わせ場所は店の前にしますか?

駅にしますか?」

 

まりこ「予約ありがとうございます!
西口側の待ち合わせ目印はめぼしいものがわからないので、店の前で集合にしましょうか?
東口側のアルタ前からでも行きやすいので、そちらでもいいかもしれません。


淡路島の料理は確かに現地で食べるのが一番ですけど、まんべんなく淡路島の色々な味をいっぺんに堪能するにはいい店ですよ。
地ビールとかも置いてありますしね(^^)お店の料理は食べてみると意外と素朴だった気がします。
カニはなかなかないですよね(^^;)私も最近無いですw」

 

私「こんばんは!

お疲れ様です🙇‍♂️

そうですね。新宿駅西口は、待ち合わせには不向きですね。「WA-DINNER き」の店の前でお待ちしております。

淡路島喰らえは、魚の原体をザル盛りで見せて、お客様に選ばせて料理をするという発想は面白いですね!話を聞いて、行きたくなりました☺️

明日はよろしくお願いします!」

 

まりこ「待ち合わせの場所の写真までありがとうございます!
こちらこそ明日はよろしくお願いいたします!


淡路島は海に囲まれているので、海物は豊富ですよね。
その日釣れた魚で料理する旅館とかあった気がします。
メインの魚は決まってますがそれ以外はその日釣れた魚で献立が決まるので、ザル見せでその日食べる魚が決めていくところがなんだか感覚的には似てるなと思いました。


「WA-DINNER き」 も魚料理豊富なので、楽しみですね!
Mさんのほうがお魚詳しそうなので、食べながら旬の魚とか色々気が付くことがありそうですね。」

 

私「お疲れ様です🙇‍♂️
早めに着いて寒いため、店内に入っています。
ご到着したおりには、すぐ迎えにいきますのでご連絡下さい!🙇‍♂️
よろしくお願いします!☺️」

 午後5時30分に新宿駅西口を出ると、風が強く寒かった。待ち合わせのお店の前に着き、上記のメールを送った。地下に降りていくと、デートで行く店と評されているのもわかる気がする。女性が男性の肩に頭を寄せてもおかしくない雰囲気があった。

スタッフの方が、部屋まで案内してくれた。真面目そうな大学生ぐらいの男性が、同年齢ぐらいの女性と2人で鍋を共にしている。女性は、爽やかでオシャレで綺麗な顔をしていて、羨ましいなと思った。自分のおかれている境遇をミジメに思うと、今までの過去すべてが間違っていたのではないかと情けなくなる。

18時25分頃、店の前に出ると、彼女が立っていた。手の骨まで寒いようだと愚痴をこぼす。婚活あるあるのことで、何度も別れを繰り返すうちに、人格を否定されたような疲労が溜まっていき、原因がわからないことから、苛立ちやすくなるというものだ。

席に案内すると、淡路島と宮崎の実家に毎年帰っていること、その時の話を、ノンストップで話始める。食べながら、口を大きく開けて、歯茎をむき出して話すため、時々、御飯つぶに似たものが、口からこぼれるのだ。口を開くたびに、まず歯茎がむき出しになって迫ってくるため、食材のにおいが、歯茎のニオイのように感じ、吐き気がしてきた。食欲が湧かずに、箸をつけて口に無理して運ぶのがやっとであった。

話終えると、間が空きそうになると、私に旅行にどこか行きましたか? と聞いてきた。唇が不快に震えている。静岡県日本平三保の松原に行ったことを少し話すと、

卑屈な笑みを浮かべて、そうなんだねと頷いてから、また、会社の同僚に靴下をプレゼントした話を始めた。穴が開いていた話をしていてから、それはいけないと思ってプレゼントに決めたということを、また延々と話し続ける。時間になると、今度はそのまま解散ということになった。

コロナ禍で仕事が無くなるのではないかという不安、年齢的にも結婚が無理ではないかと不安、あらゆる不安に苛まれているという印象は受ける。改札口で挨拶もせずに帰ろうとする態度も怒りが湧いてくるし、思い出すと、稀に見るほど苛々する。

まりこ「今日はごちそうさまでした!
伊藤さん流石にお魚詳しかったですね^^


せっかくお会いするのに、なかなか時間とれず夜だけになってしまっているのが残念ですね。
こちらの直近の土日が塞がってしまっていて、どうしても平日になってしまうのが申し訳ないです。。。」

 

私「今日も色々とお話が聞けて楽しかったです🙇‍♂️

宮崎と淡路島という自然豊かな風土に育まれたような爽やかさがまりこさんにはありますよね!

具体的に話してくれることで、潮騒や山の駅が目に浮かんでくるようでした。帰りがけ、ガラス窓の向こうにある椅子のアートに目をとめて考えていましたけど、一緒にアーティスティックなものをいつか観に行きたいです!

今度、またお会いできたら嬉しいです☺️

本日はありがとうございました!」

 

 

まりこ「こんばんは。
色々考えていたのですが、このまま交際終了とさせてください。
声かけて頂いたのに申し訳ありません。
ありがとうございました。」

 

私「お疲れ様です!
わかりました。いい人に出会えるといいですね!そう祈っています☺️
ただ、ノイローゼみたいな話し方はやめた方がいいですよ。観念奔逸になっていて、少し心配しています。相手を凄く疲れさせますよ💦」

『17日(水)にお会いしてから、食事が思うようにできない日が続いています。歯茎をむきだしにして、攻撃的なノイローゼの話を1時間以上も聞かされて、夢の中でも、猿が口を全開にしてご飯粒を吹き出しながらしゃべっている姿が、まりこさんで、気持ち悪くて、不快で、目が覚めると慰謝料を請求したい気持ちになります。今日は休みで、美味しいごはんでも食べようと大戸屋に行ったのですが、食材のかおりが、まりこさんの歯茎臭のように思えて死にたくなりました。40歳になった男子が婚活なんてやるものではないですよね。人生は勉強ですね。それを教えてくれてありがとうございました。』

と書いて、自分が精神を病んでいるとわかって、送ることは思いとどまることができた。

 

 

 

ダンサーしおりと1回目のデート 私は結婚できるのか?

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
f:id:nyoraikun:20210212212835j:plain
ダンサーのしおりさんと、メールのやりとりをしていたのだが、待ち合わせの場所が経堂、千歳船橋祖師ヶ谷大蔵のいずれかところから、返信が遅くなっていった。前日に、待ち合わせの時間を確認するメールを入れても、返事が来ないから、フェードアウトかなと覚悟を決めた。朝、起きると、0時30分に着信があり、経堂に14時でいかがかとなっている。とりあえず会えることが嬉しい。婚活で何度女性の非常な態度をとられたことだろう。1匹の助平な狸のように私を思っていなければできない振舞をされたことだろう。女性不審になるほど、女性から癒しを求める私の心理は、女性に傷ついたものは、女性からしか癒せないということを如実に現わしている。
彼女に会って、自分の名前を名乗ると、最初は鋭い目で私の顔を見たが、急に笑顔になった。
経堂駅近くにあるサンマルクカフェでお茶をすることになった。席について、お茶をのむためにマスクをとった。デスマスクというほど精気のない暗い表情で、絶望感という表現がぴったりである。無表情ということなのだろう。しかし、彼女の話を聞いているうちに、自然と笑みがこぼれるようになると、明るくて楽しい気立ての良い爽やかな女性である。動物の中で鳥が好きということで、以前は文鳥を飼っていたが、また、何か鳥を飼いたいそうだ。けれども、朝8時に家を出て、帰るのが、夜の9時ぐらいになるから、実質世話をできる時間を捻出するのが難しいということだ。
映画でおススメなのは、『気狂いのピエロ』ということらしい。
コンテンポラリーダンサーであることは、隠したがっているように思えた。ミスターGAGAの主人公であるナハリンにもイスラエルで会ったという話をしたけれど、彼女が舞台に立って、それをメインに活動してきたこと等は、極力隠そうとしている様子である。
農大の学食が美味しいから、そこで夕食をとろうと思っていると言うと、彼女がそこまで一緒に行こうということになった。私が遠くから来たことに対して多少の悪い気持ちがあるのかもしれない。経堂駅近くにある整骨院に彼女は結構通っていて、バレエで身体を壊しかけたことがあるという話をしていた。コロナ禍でダンサーとしての活動は行き詰まり、身体は悲鳴を上げ、結婚する相手を切実に探している状況なのだろうか?
立教大学の心理学部映像表現学科というところにいたそうだ。映画につくり方の基本を1年生の頃、勉強したことで、映画を観ていても、気づくことが今だにあるとうなずいていた。農大一高の女子生徒が2人手をつないで歩いてきたから、女子同士手をつないで歩くものなんだねと聞くと、眉間に皺を寄せて、振り返るから、自分は男子校だったから、男子同士手をつないで歩くことは考えられなくてねとフォローを入れた。
彼女はまた少し笑った。私も女子高だったよと寂しそうにうつむく。夢を追うものの孤独と、コロナ禍による行き場を失った悲しみそのものが、彼女としての芸術となっていることを気づきもせずに歩いている。
農大の門は、通行止めになっていて、本学のIDがなければ入ることができなくなっている。コロナのためなのだろう。こんな時代になるなんて思ってもいなかった。彼女に、食品でも買うよと言うと、彼女は黙って首を振った。私が幻滅させて申し訳ないですと言うと、また少し笑った。
私は不幸な性分である。先日会ったデザイナーのまりこの方が、私に誠実に対応しているのに、今、目の前にいるダンサーのしおりさんに、ハラハラさせる魅力を感じているのだ。一緒にいたら幸せだろうと思えるのだ。

「お疲れ様です🙇‍♂️
本日は仕事の合間にお会いしていただき、ありがとうございました!お話から、しおりさんの懸命な足跡が伝わってきて、心うたれるものがありました。お話が上手で楽しかったです!
劇団四季の『キャッツ』は抵抗があるでしょうけど、経堂駅前の美登利寿司のランチは、コスパ最強で本当に美味しかったので、いつかの休みにでも気軽に利用できたら嬉しいです☺️
今日はありがとうございました!」

現在21時25分、彼女からの返信は無し!

デザイナーまりこ 2回目デート確定!

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
デザイナーまりこ↑の前回の記事。
f:id:nyoraikun:20210212204905j:plain
去る2月12日(金)に、残り3名のうちの1名であるデザイナーまりこと新宿で会った。18時にヨドバシカメラの前に行き、ヨドバシのネオンサインの写真をとり、ここで待っている旨を写メで伝えた。ヨドバシの店内に入り、電子辞書コーナーや電卓コーナーを見て回り、スマホで調べものすることが多いため、電子辞書も英語の発音に特化したもの、受験勉強のための英単語の暗記ソフトが存分に入っているものなど、専門化が進んでいるようであった。
携帯電話を見ると、まりこからメールがきていた。
「わたしも着きました! 写真に写っている白い看板の下で待ちますね。」(時間が18時5分とある)
時計を見ると、18時30分になっている。私は外に出て、ヨドバシのネオンサインを眺めると、一人の白いコートを着た女性が立っている。そばにいき、自己紹介をすると、彼女は怪訝そうな不安に満ちた目を向けて頷いた。食事でもしますか? と聞くと、この時間なら食事ですかねと小さく呟いた。
以前、婚活で誰かと行ったスパゲッティ屋を紹介することにした。前と同じ席に座り、彼女が選んだ同じスパゲッティを注文した。
まりこは、沈黙を恐れるという心境になったことがないのではないかと思われるぐらい話が次から次へと湧いてくるようだ。クリエイティブな職業についている人は、拡散的思考に長けていると聞いたことがある。まさにその通り、あらゆることに興味が尽きないから、少しの話題にも、過敏に反応するのだろう。
多摩美術大学を出てから、DENAの下請け会社で、ゲームのイラストを描く仕事をしていたようだ。アボガドの絵を描いたら、ホッチキスのアボガドにして欲しいと言われ、描き直して、夜10時だから帰ろうとしたら、DENAから、それに可愛い目をつけてゲームのキャラクターにして欲しいという依頼がきて、終電を逃しそうになるといった具合に、休む暇もなく働かされたそうだ。しまいには、倒産になり、1ヶ月分の給料が出なくて、弁護士を雇う費用の方が高いから、泣き寝入りして、退職金もなしに辞めたそうだ。そんなこんなで美術関係の仕事を4年ぐらいして、楽しかったけれど、すべてブラック企業で、疲れ果ててしまった。そんな時、学生の頃、コンピューターのプログラミングの勉強に2年ぐらいハマっていた時期があって、その関係の仕事に転職したら、条件が全然違くて、今は、収入も安定しているそうだ。両親はプログラミングの勉強に呆れていたようだけれど、していて良かったと笑っていた。
クリエイティブなことを仕事にしようと憧れて、社会に飛び込んでも、徹底的に叩かれて、痛い目を合うものなのかもしれない。
彼女の父親は、美術一筋で、世界に販売しているようだ。母親はテレビ局でイラストの仕事をしているそうだ。芸大で出会った2人という。
気になっていることは、ずっと話続けていて、私のことをどのくらい見ていたのだろうか? ということだ。私に対する興味というより、彼女は様々な不安から、込み上げてくる存在の混乱を収めようと、傷ついた人が間に合わせの包帯を必要としないように、優しくしてくれる男性に助けを求めているだけではないのか?
8時30分に退店を促されて、外に出ると、2021年2月12日の夜は、首回りが寒かった。まだ、話したいから、喫茶店を探しに行こうと彼女は言う。私は嬉しかった。彼女は笑うと歯茎がもろ出しになるけれど、段々と気にならなくなる。
改札口でお別れする前に、彼女の作品を見せてもらった。アラベスク模様のハンコ等を創作して、父親の個展で一緒に販売していたようだ。いつか大作を創りたいけれど、1日の時間が倍あればいいのにと寂しそうにしている。その言葉は、私と似ていると思った。いつか大作と言われる小説を書きたいと願う私と境遇は似ているのだろう。20代はブラック企業でシンドイ思いをして、30代でより良い仕事に就いたけれど、創作活動も行っていきたいこと、結婚生活もしたいということ、やりたいことが多くて、まとまりがつかずに、答えも見いだせないでいること。だから、婚期が遅れているのだろう。
私「お疲れ様です🙇‍♂️

本日は仕事帰りにお会いして頂きありがとうございました!☺️
想像よりお綺麗な方で驚きました。
お話を聞いていて、一つの作品が出来る前の思考に触れるようなハラハラするものがあって、活力が湧いてきます。
線の模様による表現は美しく、修善寺のお土産屋で似たものが、1コ2000円ぐらいで結構売れているようでしたから、観光地、イベント会場、競技場等、場所を変えて販促すれば、俗な話、結構な額を稼げるとも思いました。
創作を今後も続けていって欲しいですね!
明日、シフトが出ますので、ご連絡いたします。
きょうはありがとうございました!☺️」

まりこさん「今日はありがとうございました!
他の人が制作した作品に触れると、こちらも楽しくなりますよね。
これからも作品を昇華できるといいなと思っています。
シフトのご連絡お待ちしています。よろしくお願いします!」

私「こんばんは!☺️
夜分遅く失礼します。
日中は暖かくなってきて嬉しいのですが、花粉で目が少しかゆくなってきました😭
BOOKOFFに希望通り売れたでしょうか?
直近の公休日ですが、下記のような感じです。
2月17日(水)、20日(土)、24日(水)、3月1日(月)、5日(金)、8日(月)です。
よろしくお願いします!」

まりこ「こんばんは。
結局売るかどうか悩んでしまって、完全に売ってもいい本が少なかったのもあって今日は見送りました。
いつもは大体30冊ほど処分が決まってから売りに行くのですが、まだ18冊しか選別できませんでした;

日程ありがとうございます!
休日の20日(土)が予定が入っているので、それ以外の平日ならこの間と同じ18:30~新宿あたりで会えそうです。
20日(土) も夕方以降なら会えるかもしれませんが、時間がやはり18時近くになってしまいそうです。
20日以降になってしまうと、大分日が開いてしまうので、17日にしませんか?

よろしくお願いします。」

私「こんにちは!

残り12冊では、まだまだ選別が難しいですね!
1冊1冊には、それにまつわる思い出もありますし、でも18冊は決められたのですから、大変だったでしょう。☺️
また新宿にしましょうか?
食事処でも予約しておいた方がいいですよね?
17日(水)でよろしくお願いします。」

風前の灯火、今にも消えそうな結婚への3つの灯り!

前回までのやり取り↓

 デザイナーのまりこである。彼女が3人のうち、1番、可能性が高い。私の今のところの本命は、年齢が30になったばかりのコンテンポラリーダンサーのしおりさんである。

明日、まりこと新宿西口のヨドバシカメラの前に18時に会う。そして、12日(金)の昼に、しおりと会うのだ。すぐ関係が終わってしまったら寂しいなぁ。

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

 

f:id:nyoraikun:20210209225822j:image

まりこ「こんばんは!

自分の作品て、作った直後はとてもよくできたような気持になりますが、3日経つと駄作に感じてしまいます。
けれども数年たってからもう一度みると、駄作でも当時の自分のエネルギーのようなものを感じることはあります。
お客さんにもそれが魅力として感じて頂けてると嬉しいですね。
私は作るものであればなんでも好きなので、料理や家庭菜園もその流れで好きだったりします。Mさんは農業大学なので、学生時代に何か作物的なの作ってそうですね。


かなり子供の時に見たので 時期はよく覚えていませんが、フェルメールやギュスターブモローは私も見たことはあります。私の両親も美術系なので、連れられて見に行ったのかもしれません。Mさんのご家族もクリエイティブに興味があったりしましたか?

 

昔は絵画は上流階級のものだったものが、民間にも広まるようになって日常の一コマをとらえるようになった芸術って沢山あるのですが、石原さとみのコメントを初めて聞いて、インスタまでに到達すると現代は本当にデジタル社会になったんだなと思いました。


舞踏芸術は興味がありますが、ジャンルとしてはあまり沢山見てこなかったので、詳しくなかったです。ミスターGAGAは面白そうですね。
ダンス系だとRIZEという黒人のダンス映画が楽しかったと思います。
https://www.amazon.co.jp/RIZE-DVD-%E3%83%88%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3/dp/B000G5S6KU
黒人の文化でラップってあると思うんですが、あれは言葉でリズムに乗せて1対1で戦う音楽ですが、RIZEはダンスの素晴らしさで 1対1で戦います。
ダンスはラップのように完全にその場のオリジナルで行われるので、即興性と身体能力の高さに驚きがあります。


野球は画面越しに見ると、例えばホームランを打った時はカメラが玉の動きをを追いがちで周りが良くわからないのですが、球場ではその周囲で選手全員がどのような反応をしているのかと、客席でのどよめきが言葉としてはっきり聞こえるので、楽しさが増しますね。ファールボールがたまに横を掠めるのもスリリングで面白いです(キャッチできないので、ぶつかったら嫌ですけどw)私も神宮球場が多かったです。私は前職ゲーム会社に勤めていて、DeNAとのコラボでソーシャルゲームを運営していたので、若干DeNA寄りな気がしますが、いつも負けてるほうを応援したくなります。」

 

私「こんばんは!☺️

小説新人賞の下読みの人の話を聞いたことがあります。3ヶ月かけて書き上げた作品なら、3ヶ月推敲に当ててくださいという話をした後に、でも書きっぱなしの力強さというものは確かにあるとうなずいていました。エネルギーがたわめられることなく、充実しているというか、そういった作品に触れることも好きですね。

まりこさんは、本当にクリエイティブな方ですね。尊敬します。

 

2年生は、長野のリンゴ農家に2週間、3年生は沖縄のサトウキビ畑に行きました。1樹に何個のリンゴが出来るか決まっていて、それ以外の実を、細かく見ては切り落していく作業を1日中やっていました。

 

やはり両親は美術に造詣が深いんですね。私の両親は、英語と国語の先生で、母親が小説家になりたくて、学生の頃は一生懸命だったそうです。読書家の両親ではあります。

 

RIZEの予告編を観ましたけど、ジャズのような即興性あるダンスで、魂の叫びが伝わってくるようです。スウィングしているようですね!

 

野球を球場で観られているとは嬉しいです。

よく見られていて、お話の通りですね。一緒に行ける日が来れば、なお嬉しいです! 

 

ゲームのグラフィックやイラスト関係をお仕事をされてもいたんですか? 

劣勢に立たされている方を応援する心情は美しいと思います。私も野球だけに限らず、スポーツ観戦していて、負けている方に頑張って欲しいと思うことが多くあります☺️」

 

まりこ「こんばんは!


いろいろな作家のエピソード豊富ですね。私はまだ趣味の域をでていないので、その小説家の方が自分の作品として世に出せるほどのエネルギーをかけられたのが羨ましいというか…

伊藤さんも何かクリエイティブでないにしろ、何か打ち込んできたことがあったりするんですか?

農家のお宅にずいぶん長いこと作業しに行ってるんですね!私の大学はそういうのなかったなぁ。
そういえば農業大学の人たちと昔交流したことがありますが、彼らも研修課何かで千葉の農家へ来ていたと言っていた気がします。 
大学の敷地内ではあまり育てたりはしないものなんですか?学科によるんですかね。


伊藤さんのご両親はお二人とも文系の先生なんですね。私が受験した美大の入試で、学科は国語と英語の2教科が必要だったので、成績よくなりそうで羨ましいです!


まりこさんは文章の表現が豊かに感じることがあるので、ご両親の影響を受けてそうですよね。
私の両親は母がテレビ局のデザイナーで、父が美術の先生ですね。父は現代美術のアーティストでもあるので、普段はずっと自宅で制作に没頭していて、主に海外で作品を発表しています。

 RIZEは冒頭で、映像は早送りはしていないと断りを入れてありますが、まるで早送りしてるんじゃないかと思いたくなるほど超人的に高速でダンスしているときがあって面白いですね。

ダンスの仕様が一見滅茶苦茶に見えますが、ダンス対決をしているときは、比較できるので、魅力の違いがわかったりするので、対決のシーンは結構好きです。


野球観戦へ一緒に行きたいですね!もう少し暖かくなったら行きやすくなるのですが、その前にコロナですね(^^;)


主にゲームのイラストですね。キャラクターや背景を描くのは苦手なのですが、物や装飾が得意で任されていました。
あとはFlashというソフトウェアを使ったミニゲームや映像制御のプログラミングをしていました。


スポーツって逆転した時が一番盛り上がりますよね。追い上げの頑張りに感動します。
オリンピックやワールドカップの時は流石に日本の応援一択ですけどw」

 

私「こんばんは!

 

大学1年生で野球をやめてから、文学作品にハマったことがあって、それから、言語表現について興味・関心が強くなりました。小説を書いて新人賞に送ったこともありましたけど、言語描写が特に難しくて、お手上げでした。作家の描いた情景と言語を照らし合わせるために、京都、奈良、熊野まで行ったこともあります。

 

農芸化学科、バイオテクノロジー科等の自然科学を専攻している学生は、学内にあるビニールハウスから、作物を持ってきて、研究していました。そういうイメージが確かにありますね。11月の収穫祭では、牛や豚を入れて、農業大学の雰囲気を醸し出させていました。

 

美大に入学するのは、才能がないと難しいですし、友達も美大を目指していましたが、才能がないと途中であきらめていました。多摩美は、松任谷由実も卒業しているところなんですね。

 

何故か、英語や国語を両親から教わった記憶があまりないんですよね。言語への関心といったところで影響は受けていますね。母がテレビ局のデザイナーで、父が現代美術家で海外で活躍されているなんて凄いです。

 

RIZEの動画を配信しているところがないみたいなので、アマゾンの中古で買って、今度観てみようと思います。ゲームのイラストやプログラミングまでされているなんて、素晴らしいです。頭が下がります。🙇‍♂️

 

コロナがすべてにおいて厄介ですね。オリンピック開催については世論が割れておりますけど、どちらにせよ、より良い社会生活が送れるようになりたいです。

 

期待されているような人ではないかもしれませんが、明日はよろしくお願いします。☺️」

婚活も残り3名で終わりだ。最後に幸運の女神は降りるのか?

f:id:nyoraikun:20210206231906j:plain
前回の記事↓
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
3人目の女性は、ひろみである。
1986年8月生まれ。東京都出身、東京都三鷹市在住 三女
血液型O型 身長161センチ 体重45kg
出身校 武蔵大学
職業 会社員(事務)
年収370万円
ひろみ「こんにちは。メッセージありがとうございます。
旅をして良かったのは南仏と伊勢ですね。風景以外にも美味しいものがある旅が記憶に残っています。
Mさんはコロナ前にどこか旅行へ行かれましたか? 池袋へは滅多に行きませんが新宿や有楽町へはわたしもよく行きます。映画館もあって便利ですよね。最近は何か映画館でご覧になりましたか?」

私「おはようございます!
今日も寒いですね。もうすぐ大寒を迎えて、毎年のように、売場の寒ぶりも身が肥えてきました。先日メッセージをいただきありがとうございます。開示された、連絡先のSNSに勝手にご返事致しました。大変失礼しました。申し訳ございません。」

ひろみ「こんにちは。お返事遅くなってごめんなさい。SMSの方にはメッセージが届かないようなので、メールアドレスに送らせていただきますね。
寒ブリは調理が難しそうでなかなか買う機会がありませんが美味しいのでしょうね。Mさんはどんな風に調理されますか?」

私「昨日、メールアドレスを教えていただき、そちらの方にメールを送らせていただきました。SMSのところをタッチしていたら、ひろみさんへ勝手に電話がかかっていました。失礼しました」

ひろみ「Mさん

こんにちは。
無事届くと良いのですが…
昨日は節分でお忙しかったのではないですか?
わたしは海鮮が好きなので、具沢山のものを買いました。とても美味しかったです。」

私「こんばんは!
ご返事ありがとうございます。

メッセージが届いていなかったんですね。失礼しました。寒ブリは脂がのっているので、照り焼きや大根煮にすると美味しいですね。カマは塩焼きがいいです。昨日は節分で、コロナ禍により、凄い混みようで、恵方巻が午後6時に完売して、原材料が無くなってしまったほどです。忙しかったですね💦
映画が好きということですが、どういった作品が好きですか?」

ひろみ「こんにちは。

寒ブリは照り焼きや大根煮が美味しいのですね。
料理上手でいらっしゃって凄いです!

今年の節分は混雑緩和のために恵方巻きは事前予約のところが多かったようですが、午後6時に完売してしまったとは…お疲れさまでした!

映画は何でも観ますね~
先日緊急事態宣言が出る前、約1年ぶりに映画館へ行きました。
ワンダーウーマンという、アメコミ原作のものですがご存知ですか?
わたしは知らなかったのですが、友人が誘ってくれて、映像が綺麗で、アクションも迫力があり楽しかったです。
やっぱり映画は良いですね。またしばらく行けないのが残念です。

Mさんは最近何かご覧になりましたか?」

私「こんにちは!

コロナ禍で、七福神に神頼みということもあり、どこも恵方巻が売れすぎたようです。毎年、恵方巻のフードロスがマスコミに取り上げられていますから、売り切れる分には、良かったかもしれません。
ワンダーウーマンをいつか観たいと思っていて、まだ観ていません。予告編からして、アクションの迫力が凄いなぁと思いました。コロナは日常生活の些細な楽しみを奪いますね。
最近は、流行っている『鬼滅の刃』は観ました。また、以前の職場で役者をしている人がいて、出演しているというから、『夜明けを信じて』という映画を少し前に観に行きました。宗教家の話でしたけど、信者が多いのか、席が結構埋まっていましたね。
自宅では、『ギルバート・グレイプ』というディカプリオのデビュー作で有名なヒューマンドラマを観ました。せつなくて涙が湧いてきましたね。」

ツヴァイからの絶縁通知、婚活も残り3名で終わりである。結果はいかに?

f:id:nyoraikun:20210206230324j:plain
ツヴァイから、会期満了の通知がきて、私の婚活も残り3名に絞られた。これで終わりになるだろう。
1人は、コンテンポラリーダンスの講師をして、IT会社の事務を有楽町でしているSさん(仮名:しおりさん)。
2人目は、デザイナーの仕事をしていて、自身のイラストを販売もしている、まりこさん(仮名)。
3人目は、承認してくれてから、返信のメールがくるまで20日間もあったひろみさん(仮名)。
彼女達とのやり取りをここに記したい。1人目のダンスの講師の方とのやりとりは、下記のブログに書かれている。
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
↑ダンス講師との今までの全記録である。
2人目のデザイナーの方のプロフィール
1985年4月生まれ。
東京都出身、東京都北区にお住まい。
長女 A型 
身長161センチ、体重56kg
親との同居 必要ない
養子縁組 不要
出身校 多摩美術大学
勤務先 IT系
職業 デザイナー
年収530万円
資格に狩猟免許とある。
狩猟とあるぐらい、メールがガツガツくるので、こっちは嬉しい反面、タジタジとなる。肉食系なのか?
まりこ
「はじめまして!まりこと申します。
プロフィールを見てコンタクトを申請していただきありがとうございます。Mさんは人が表現しているものがお好きなんですね!私は今北区に住んでいます(北区と板橋区の境界線のあたりです)。池袋が近いのですが、実際は新宿や渋谷で仕事をしていた関係で、そちらで買い物や食事をすることが多いです。良かったらお会いしてお話したいと思いました。コンタクト承諾しておきますので、是非よろしくお願いします(^.^)」

私「こんばんは!
改めてツヴァイのMです☺️
今北区にお住まいなんですね。兄が板橋の方に住んでいたので、訪れたことがあります。静かで住みやすい雰囲気でした。
そうですね!お会いしてお話できたら嬉しいです。よろしくお願いします。」

まりこ「こんばんは。まりこです。

こちらに返信きていたの気が付くの遅くなってしまい、夜分に返信申し訳ないです。
ご兄弟は板橋のあたりに住んでいたんですね!都内でも、この辺は家賃があまり高くないようですが、お店は充実していて住みやすいなと思ってます(^^)

私は基本的にお休みは土日祝日です。Mさんは定休日はありますか?
お互いの住所の中間駅や主要駅などでお会いしてお話できたらと思います。
お会いできそうな場所や希望日時などご相談できればと思うのですが、ご都合はいかがでしょうか?」

私「こんばんは!
夜分遅くにすみません💦🙇‍♂️

お店が充実していて住みやすいということで良かったです。
私の場合、シフト制で、その月々で公休日が変わってしまうんです。申し訳ないです。
まだ15日までしか出来ていないのですが、5日(金)、6日(土)、10日(水)、12日(金)となっています。16日以降のシフトにつきましては、10日までに出来る状況です。」

まりこ「こんばんは。まりこです
お仕事シフト制なんですね。私は平日でも少し遅い時間になってもよいなら合わせられると思います。
最近お店がコロナで早い時間に閉まってしまうところも多いようで、早いところだと19:30がラストオーダーだったりするみたいなんです。
なので平日になるなら18:30頃に会えたらと思います。

5日(金)、10日(水)、12日(金)の18:30時~か、
6日(土)は明るい時間帯は少し予定があるので、夕方の17:00以降になら会えそうです。
時間に余裕がなくて申し訳ないです。

平日も6日も都心から駆け付けることになるので、ちょっと時間がきつくなるかもしれないのが不安です。
Mさん が良ければ、待ち合わせ場所を新宿寄りにして頂けると助かります。
よろしくお願いいたします。」

私「こんばんは!
お疲れ様です!
まだまだ夜は冷え込みますね。お身体にお気をつけてくださいね!
色々と手配していただきありがとうございます。返事が遅れて申し訳ないです🙇‍♂️
10日水曜日はいかがでしょうか?
新宿でよろしいですか?
お時間はいつでも構いません💦🙇‍♂️」

まりこ「こんばんは。まりこです。
初顔合わせが夜になってしまって申し訳ないです。 ありがとうございます。
顔合わせの場所はお任せしても大丈夫ですか?

ところでMさんはクリエイティブなものがお好きなんですか?
私は見る分にはジャンル問わずです。古くからある美術品や名画も見ますし、建築や現代美術や若手のアート作品を見にアートイベントにも行ったりします。
最近だと自分の描くイラストの関係でミュシャ展にいったり、会社の社員旅行の幹事をしてチームラボボーダレスのアート展示を見に行ったり、草間彌生の展示を見に行ったりしてました。
少し前だと自分でも作品販売をしたりしています。」

私「こんばんは!
夜分遅くすみません。
いえいえ、お会いできるだけで嬉しいです。顔合わせの場所は、新宿西口のヨドバシカメラの前にしますか? 
あの辺りは、飲食店や喫茶店が多くありますので、いかがでしょうか。芸術といえば大げさですけど、表現されたものに触れるのが好きです。ミュシャ展の画像を見ると、アニメに通じる美しさがありますね。チームラボボーダレスの展示や、草間彌生の世界観も、ネットで調べてみましたが、とても興味を持ちました。幻想・幻覚を昇華するためにアートの世界に入った草野さんや、まりこさんのように、作品を販売するほどの表現技法はお持ちではありませんけど、憧れはあります。今度、作品を観てみたいです!」

まりこ「こんばんは。
待ち合わせ場所は新宿西口のヨドバシカメラの前で大丈夫です!西口側のお店はあまりよくは知りませんが、確かに沢山ありますよね。よろしくお願いします!

評価され続けているようなプロの方の作品はどれも面白いですよね。現代アートの世界になってくるとアプローチも様々あって、感銘をうけます。
私も販売してた頃の作品見ると、若いなと思うことがありますよ。まだ堅いというか…まだまだ精進したいです。
Mさんが最近ご覧になった表現された物も聞いてみたいです!

Mさんは野球も好きなんですね。試合を球場へ見に行ったりはするんですか?
私は特に推しの球団はありませんが、コロナ前の過去2年くらいの間で、友人のお誘いで主に夏ごろにヤクルトとDeNAの対戦を球場へ見に行くことがありました。
試合全体を引いて見れて臨場感があることと、おつまみやビール片手に試合や合間に上がる花火などのパフォーマンスを見ることなど気に入っています。」

私「こんばんは!

待ち合わせの場所を合わせて頂きありがとうございます。

若描きの魅力とも言われますから、販売していたお値段以上に価値があるのではない
でしょうか。それにしてもプロですから、素晴らしいです。

絵画では、コロナ禍の前にフェルメール展やギュスターブモロー展には行ったことがあります。アナウンスの石原さとみが、フェルメールの絵画について、日常のさりげない一コマを愛しく描いているものが、現代のインスタ映えに通じていて、流行っているのではないでしょうか?という話をしていました。最近は、映画では、流行っている『鬼滅の刃』も観ましたけど、『ミスターGAGA』というダンスを舞踊芸術まで高めた人の人生を追ったドキュメンタリー形式の映画は、表現は身体の動きだけですけど、感銘を受けました。横浜山手にある神奈川近代文学館に行って、作家達が描いた景色を言語と照らし合わせて眺めることもしました!

野球は好きで、1年に3回ぐらいは、神宮球場阪神、ヤクルト、DeNAの試合を観に
行くことがあります。そうですね。あの球場全体の雰囲気と、おつまみやビールを片
手にパフォーマンスを眺めるのが何ともいえないから、球場に足を運んでしまうんで
すよね!良くわかります!」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ