nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

心変わりの夜:婚活での葛藤と学び

7月24日の夜、池袋東口交番前でSさんとお会いしました。私は15分前に到着し、すぐに彼女と目が合いました。緊張感を感じつつも、服部珈琲舎へと誘いました。彼女は笑顔を見せつつ、うなずいてついてきましたが、どこか結婚への葛藤が感じられました。

茶店に入り、彼女は指定された席に素直に座りました。彼女の目は真剣で、私の話に耳を傾けていました。ドリンクやケーキを勧めましたが、彼女は控えめでした。初めは会話がぎこちなく感じましたが、気づけば午後9時を回っており、結構話し込んでいました。特に彼女の食品遍歴について話が弾みました。

彼女は学生時代から栄養士を目指し、現在は冷凍食品の会社で商品開発をしています。出張が多く、日本や世界の食品工場を訪れ、新規商品の試食や提案を行っています。休日には調理師専門学校で料理を学び直すほど、食品に対する情熱は強いです。ツヴァイのプロフィールには「美味しい店探し」「旅行(グルメ)」「料理」と記されており、話しているときの彼女の目は輝いていました。

彼女は食品について話すときだけ明るく元気になり、一緒にいることが楽しいと感じさせる満面の笑みを見せました。しかし、結婚後の生活を具体的にイメージさせるような質問はしてきませんでした。別れ際、彼女の目は寂しそうで、何かを見つめているようでした。

婚活を通じて相手の人生の一面に触れることができる一方で、それが毒になることも癒しになることもあります。私は婚活のスケジュールが密になり、慢性的な疲労や体調不良に悩まされていることに気づきました。

この記事の詳細な体験を通じて、婚活における心の葛藤や相手との関係性を描きました。これから婚活を考えている方々にとって、参考になる記事となれば幸いです。

関連記事
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

ルート66と現代の交差点:ストイックな勉強生活から見えるアメリカンドリーム」

ここ数ヶ月、ストイックに勉強ばかりしていた結果、体がうずいてきました。危機感が生じると、子孫を残そうとする本能が作動し、女性の身体が怪しげに興奮をともなって脳裏に浮かんできます。この度も、特急新宿行きの電車に乗って、新人の女性に会うために向かいました。

彼女は、本田真凛に似ているという触れ込みでしたが、実際にはあまり似ていませんでした。小中高と体操が好きで、両親の影響で頑張っていましたが、平行棒から落ちた際に片足を捻挫し、いまだに動かすと痛みがあるそうです。顔は、体操をしていそうな精悍な印象で、女性に囲まれて育った感じが伝わってきました。特別にエロい雰囲気はなく、他の多くの女性と同様に、お金目当てで風俗の仕事をしているように思われました。

彼女は群馬県から出てきており、そこでキャバクラのバイトをしていましたが、すぐに辞めて新宿のソープランドで働くことになりました。地元の仲間はほとんどが事務や調理などの堅気の仕事をしているため、裏稼業での悩みを打ち明けられる人がいないため、孤独感に襲われることがあると言っていました。彼女自身、病院内で調理の仕事をしていましたが、お局さんが多くていじめがひどく、すぐに辞めてしまったそうです。

顔を合わせると、恥ずかしいと顔を両手で覆う仕草を見せ、この業界にくる人は純粋な人が多いと感じました。純粋という言葉には語弊があるかもしれませんが、腹黒くないのです。彼女は母親と一緒にディズニーランドに遊びに行ってきたばかりで、親とも兄弟とも友達とも関係は悪くないようです。しかし、社会人として職場に適応する上で、弱さを抱えているタイプなのかもしれません。ちょっとした嫌がらせで傷ついたり、注意や指摘を受けると全人格を否定されたように感じ、落ち込むことがあるように思います。

NHKの『映像の世紀バタフライエフェクト』では、アメリカのマザーロードと言われたルート66を特集していました。スタインベックの『怒りの葡萄』に描かれた、貧しさからの脱却を目指して西に向かい、新地開拓の希望を抱いたアメリカのフロンティアスピリットがルート66にはありました。アメリカ大陸の真ん中を横断するこの道に、その魂が宿っているのです。

ルート66のエピソード

ドロシー・トンプソンの旅

ルート66の初期には、多くの人々が新たな希望を求めて西へと移動しました。ジャーナリストのドロシー・トンプソンは、そのうちの一人でした。彼女は自らの体験を基にして、ルート66を「母なる道」と呼び、その重要性を強調しました。彼女の旅は、多くのアメリカ人にとってのシンボルとなり、彼女が書いた記事はルート66の名声を高めました。

サンセットモーテルの物語

ルート66沿いには多くの歴史的なモーテルがありますが、サンセットモーテルもその一つです。1950年代に建てられたこのモーテルは、多くの旅行者の休息場所として愛されました。ある日、モーテルのオーナーは車の故障で立ち往生していた若いカップルを助け、その後、彼らは毎年結婚記念日にモーテルを訪れるようになりました。このエピソードは、ルート66が単なる道ではなく、人々の心に深く根付いた場所であることを示しています。

私のように50分3万円で21歳の女性を抱いているのは、恵まれた立場かもしれませんが、貧しさからルート66に希望を見出した彼らの映像や描写には、私の心の奥底から奮い起こされる何かがあります。それは、私の祖父母もハワイに開拓民として渡った遺伝子が、うずいている表れかもしれません。

京王線新宿駅西口の広告が教えてくれること

 

 

京王線新宿駅の西口を降りると、柱に映像の広告が目に飛び込んできます。これらの広告は、まるで消費者を魅了し、視線を釘付けにする魔法のようなものです。しかし、その洗練された映像美に心奪われながらも、私は常に疑いの目を持ってこれらの広告を見ています。広告は、時に消費者を巧妙に操作しようとする側面もあるからです。優れた広告ほど、逆に財布の紐を固く締めたくなるのは、その心理操作の巧みさゆえでしょう。

広告の映像美とそのインスタ映え

 

 

 

 

 

西口の広告には、インスタ映えする情景が広がっています。色彩豊かな映像は、瞬時に視覚的な快感を与え、見る者の心を捉えます。広告の映像は、まるで楽園生活のイデアを映し出しているかのようです。この光景に身を浸せば、心の底から湧き出る安らぎを感じることができるでしょう。

しかし、その幸福感も一時のものです。ジョルジュ・バタイユが語る「エロスの不可能性」のように、絶対的な幸福は、指先が触れた瞬間にするりと逃げていくものです。哲学者たちは、この現象を「幸福の不確定性」や「絶対的幸福の逃避」と表現します。三島由紀夫は人間の追求する幸福が常に儚く、幻想に過ぎないとし、安部公房は人間の本質的な孤独と向き合うことこそが幸福の鍵であると考えました。

韓国の芸能が強い理由

 

 

韓国は、世界基準の芸能大学が存在するほど、そのエンターテインメント産業が強い国です。韓国の芸能が世界で評価される理由は、その教育システムと厳しいトレーニングにあります。韓国の芸能大学では、次のような取り組みを行っています。

  1. 長時間の練習:学生は毎日数時間のボーカルトレーニング、ダンスレッスン、演技の練習をこなします。例えば、ソウル芸術大学では、朝から晩までレッスンが組まれ、体力と集中力が試されます。

  2. 実践的な経験:学生は頻繁に公開オーディションやショーケースに参加します。これにより、実際のパフォーマンスでの経験を積み、即戦力としての能力を養います。

  3. 言語の習得:韓国の芸能界では、多言語での活動が求められます。学生は英語や日本語、中国語などを学び、国際的なファンとコミュニケーションを取れるようにします。

  4. メンタルケア:厳しい練習の中で、学生は精神的な強さも求められます。定期的にカウンセリングを受けることができ、メンタルヘルスの維持にも力を入れています。

例えば、人気グループBTSのメンバーであるジョングクは、練習生時代に1日18時間以上の練習をこなし、その結果としてデビュー後の圧倒的なパフォーマンス力を身につけました。このように、韓国の芸能大学は、単なる才能の発掘だけでなく、徹底した教育とトレーニングにより、世界で通用するアーティストを育成しています。

まとめ

京王線新宿駅西口の広告から学べることは、視覚的な魅力が人々の心を捉える力と、その裏に隠された巧妙な戦略です。そして、韓国の芸能が世界で強い理由は、その徹底した教育とグローバルな視点にあります。このような広告や芸能の成功事例から、私たちは多くを学び取ることができるでしょう。

映画『アニーホール』の魅力とアルビー・シンガーの葛藤

映画の概要

『アニーホール』は、ウディ・アレンが監督・主演を務めた1977年のロマンティック・コメディ映画です。この作品はニューヨークとロサンゼルスを舞台に、死に取りつかれたコメディアン、アルビー・シンガー(ウディ・アレン)と明るい性格のアニー・ホールダイアン・キートン)との複雑な関係を描いています。物語は、彼らの数年にわたる関係を回想しながら進行し、過去の出来事やそれぞれの家族との関係を挟みながら展開されます。

アルビーはブルックリンで育ち、父はバンパーカー(bumper cars)の営業をしていました。彼の家はコニーアイランドのローラーコースターの下にあり、その環境がアルビーのユニークな視点を形成しました。映画の中では、アルビーとアニーが過去の出来事を「見る」ことができるシーンがあり、これが物語にユーモラスかつ感傷的な要素を加えています。

感想と考察

『アニーホール』は単なるロマンティック・コメディではなく、深い心理的な葛藤と人間関係の複雑さを描いた作品です。アルビー・シンガーは、神経症に悩むインテリコメディアンとして、自分の内面と向き合いながらアニーとの関係を保とうとします。しかし、その努力はしばしばコミカルな失敗に終わり、観客に笑いと共感を提供します。

映画の冒頭、アルビーはカメラに向かって直接話しかけ、自分の人生観や哲学を語ります。このシーンは彼のキャラクターを強烈に印象付け、観客を物語の世界に引き込みます。しかし、アルビーの神経質な性格と難解な言葉遣いは、時に観客にとって挑戦となります。私も最初はその会話に圧倒されましたが、名作として評価されていることから最後まで見続けることにしました。

アルビーとアニーの関係

アルビーとアニーの関係は、映画の中で何度も口論と仲直りを繰り返します。最終的に彼らは、自分たちの相性が悪いことを認め、別れることを決意します。アニーはハリウッドのレコード会社経営者(ポール・サイモン)のもとに引っ越しますが、アルビーは未だに彼女を愛していることに気付き、ニューヨークに戻ってくるよう説得します。しかし、その努力も実らず、アルビーは自分たちの関係についての芝居を書くことにします。

この芝居のエンディングは、彼が彼女を取り戻すことに成功するというものでした。後に彼らは友人として良好な関係を再会し、その時にはすでに別の恋人がいました。映画のラストで、アルビーは愛と人間関係の複雑さについて思いを巡らせ、「愛とは不合理でありながらも誰もが必要としているものだ」と結論付けます。

結び

『アニーホール』は、ウディ・アレンの卓越した脚本と演技によって、人間関係の複雑さと愛の本質を鋭く描き出しています。アルビー・シンガーのキャラクターを通じて、観客は自己の内面や人間関係に対する洞察を深めることができるでしょう。難解な言葉遣いや神経質な性格にもかかわらず、アルビーの葛藤と成長は誰もが共感できるものです。映画のラストでのアルビーの言葉は、私たちが愛と関係に対して抱く疑問や不安を見事に表現しています。

精神科医に男が、『弟は自分がメスドリだと思い込んでいます』医師は、『入院させなさい』男は、『でも、卵は欲しいのでね』男と女の関係も、この話と似ている。おおよそ不合理な事ばかり。それでも付き合うのは、卵がほしいからでしょう」。

この一言が示すように、愛と関係は不合理でありながらも、私たちが追い求め続けるものなのです。

三島由紀夫の『親切な機械』と苔寺(西芳寺)の旅


金閣寺』の舞台を巡る旅に出たものの、途中で寄り道をして、三島由紀夫が25歳頃に訪れたことのある京都の苔寺西芳寺)に行ってきました。この寺は、三島由紀夫の作品『親切な機械』の重要な舞台の一つです。主人公の猪口が、苔寺鉄子に結婚を申し込み、断られた末に彼女を殺害するという衝撃的な場面が描かれています。

作中の描写

「嵐山には例によって漫然と人間がいるだけのことである。名所というものはどこでもそうであるが、ここは別して今日だけ茶店が休みの日の劇場のような様子をしている。...鉄子さん、一寸」

三島由紀夫が描く苔寺の情景は、まるで現実から切り取られたかのような美しさと静寂さに満ちています。庭園の苔は初夏には青々とした馬の背のように見え、その細やかな美しさはサラブレッドの毛並みを思わせます。訪れる人々は、まるで妖精のための芝生のようなデリケートな美しさを見出すことでしょう。

「初夏になると苔寺の庭は、その凸凹が青い馬の背を連ねたようにみえ、苔の感触といい、光沢といいサラブレッドの名馬の毛並みを思わせる。...彼らは波斯密画の繊巧をきわめた庭草の描法を見るであろう。」

私の訪問記

私が訪れたのは9月下旬。予約した往復ハガキに記された日時に合わせて訪れると、和尚さんのお話とお経を聞いてから庭を見ることができました。隣に座っていた西洋人のカップルは、お経の後で喜びに満ちた様子で話していました。異国の文化に触れ、そのリズムに誘われるように無我の境地に至る体験は、まさに三島由紀夫の描写そのものです。

三島の描く情景を思い浮かべながら、苔庭を歩いていると、その繊細な美しさに心を奪われました。庭園は意外と小さく、10分もしないで一巡りできるほどです。かがみこんで苔を写している女性に「研究でもされていますか?」と尋ねると、ただ首を振るだけでした。この静謐な空気が、人々を無言にさせるのでしょう。

「廻遊式の庭園は、荒涼とした径の上に2人を導いた。鉄子が礫(こいし)を戯れに池へ投げ入れる。すると鯉がものうい動きで黒ずんだ鰭をはためかして消えた。」

三島由紀夫が描くように、庭園の中での静かなひとときは、まるで時間が止まったかのような感覚を与えます。この庭園で感じる静寂と美しさは、現実の喧騒から離れ、心を浄化するような体験です。

結び

三島由紀夫の『親切な機械』に登場する苔寺西芳寺)は、その美しさと静けさで訪れる者を魅了します。作中で「この庭園で鬼ごっこをしたのは、僕らが初めてでしょうな」と語る猪口の言葉通り、この庭園の独特な雰囲気は一度訪れる価値があります。

訪れた際の静謐な空気と庭園の美しさは、三島由紀夫が感じ取ったものと同じかもしれません。苔寺西芳寺)を訪れることで、彼の作品世界にさらに深く浸ることができるでしょう。

三島由紀夫の文学作品は、しばしば日本の美と人間の内面を深く掘り下げています。『親切な機械』に描かれた苔寺の美しさは、彼の作品全体に流れる繊細な美意識を象徴していると言えるでしょう。この苔寺を訪れることで、三島の視点を体感し、その作品への理解を深める貴重な体験ができました。

【リンク】
苔寺西芳寺)公式サイト
saihoji-kokedera.com

三島由紀夫の『親切な機械』について
note.com

カサブランカ: 永遠の愛と大義の物語

概要

1942年11月26日に公開された映画『カサブランカ』は、第二次世界大戦中のフランス領モロッコの都市カサブランカを舞台にしたラブロマンスです。監督はマイケル・カーティス、配給はワーナー・ブラザースが担当しました。物語は、ドイツの侵略から逃れた人々がアメリカへの亡命を試みる中、酒場「カフェ・アメリカン」を経営するアメリカ人男性リック(ハンフリー・ボガート)と、彼の元恋人イルザ・ラント(イングリッド・バーグマン)との再会を中心に展開されます。

ストーリー

1941年12月、親ドイツのヴィシー政権支配下にあったカサブランカ。多くの人々が中立国のポルトガル経由でアメリカへの亡命を試みていました。リックは、かつての恋人イルザと再会し、パリでの思い出と共に再び過去の痛みに苦しむことになります。

イルザの夫であり、ドイツ抵抗運動の指導者であるヴィクトル・ラズロ(ポール・ヘンリード)は、脱出のための通行証を手に入れようとします。フランス植民地警察のルノー署長(クロード・レインズ)とドイツ空軍のシュトラッサー少佐がそれを阻もうとする中、リックはイルザとラズロの亡命を助ける決断を下します。最終的に、リックはシュトラッサーを撃ち、イルザとラズロを安全に逃がすために自身の愛を犠牲にするのです。

感想

カサブランカ』は、ファシズムに立ち向かう勇気と、個人の愛と大義の間で葛藤する人々の姿を描いた名作です。リックがイルザへの恋心と共に、世界の悪化を見過ごせないという大義を選ぶ姿は感動的であり、その勇気とユーモアは観客を魅了します。特に、日本映画の主人公にはあまり見られないタイプのキャラクターであるリックの姿が印象的です。

映画の中でリックが発する以下のセリフは、彼の皮肉屋な一面とユーモアをよく表しています。

「昨夜はどこにいたの?」
「そんな昔のこと、覚えていないね」

「いったい、なんだってカサブランカなんかに来たんだね?」
「健康のためさ。カサブランカの水のために来たんだ」

これらのセリフは、リックのキャラクターを深く理解するための重要な要素です。

音楽とテーマ

映画の中で使用される「時の過ぎ行くままに(As Time Goes By)」や「ラ・マルセイエーズ」といった楽曲は、物語の感情を一層引き立て、観客が感情移入しやすいものとなっています。特に、リックとイルザの再会シーンで流れる「時の過ぎ行くままに」は、彼らの過去と現在を繋ぐ重要な要素です。

結論

カサブランカ』は、個人の幸福と大義の間で葛藤する人々の姿を描いた永遠の名作です。リックの「君の瞳に乾杯」というセリフに象徴されるように、彼の男気とイルザの美しい容姿が、この映画を不朽のものとしています。婚活での出会いや恋愛に憧れる人々にとっても、この映画は大いに参考になるでしょう。


カサブランカ・最後の場面/ Casablanca Final
映画『カサブランカ』の魅力を堪能し、リックとイルザの愛と大義の物語に心を揺さぶられてください。

フィリピンからの友情:府中でジーナと過ごした特別な夜

ジーナとの出会い

府中市国際通りのチャイニーズパブ「ミカ」の扉をゆっくり開けました。同時にトイレからジーナが出てきて、私を見つめました。彼女は数か月前にフィリピンのミンダナオ島から帰国し、肌が薄茶色になって痩せていました。私が「元気?」と声をかけると、ジーナは髪を束ねながら真面目に向き合い、やがて顔をほころばせて笑顔を見せました。

スーパーマーケットでの再会

数年前、スーパーの鮮魚部に勤務し始めた時、パートのマリアがジーナを紹介しました。彼女はぎこちなく挨拶し、私に教わるもなかなか仕事に慣れませんでした。ある日、ジーナが〆さばの切れ端を欲しがった時、私はゴミ箱に捨てるよう指示しましたが、彼女は惜しそうに見つめていました。彼女の故郷ミンダナオ島では、食べ物を無駄にしない文化が根付いていたのです。ジーナは、フィリピンの家庭での経験を語りながら、刺身の技術をすぐに習得しました。

「これ、どうするの?」
ジーナが両掌に〆さばの切れ端をのせ、私に尋ねました。
「ゴミ箱に捨てるんだよ」
そう答えると、彼女はしばらくそれを惜しそうに見つめていました。後日、彼女はミンダナオ島で食べ物を無駄にしない文化を教えてくれました。

ジーナとのデート

仕事の合間、ジーナと私の交流は続き、彼女はフィリピンでの家族の話や過去の苦労を語りました。私たちは次第に親しくなり、ジーナをデートに誘うことにしました。ある日、京王線府中駅で待ち合わせ、スパゲティ屋で彼女と食事を楽しみました。

「結婚しているの?」
ジーナは笑顔で答えました。
「日本人と結婚してた。でも、別れたの」
フィリピンの家族についても語り、彼女の生活の苦労が垣間見えました。
「家族のために働いているの。仕送りのお金で、家族が少しでも楽になればいいと思って」

家族への思い

その後もジーナとの関係は続き、彼女の家族の問題や自身の健康のことを相談されることもありました。ある日、彼女の兄嫁が人工透析を拒否し、最終的に命を落とした話を聞いた時、ジーナの悲しみと家族への思いを深く理解しました。

「お兄さんの奥さんが、人工透析を受けないっていうのよ」
ジーナは涙を浮かべながら話しました。
「病院に通うのはお金がかかるから、家族が困るって思ったんじゃないかな」

浴衣パーティー
夏の土用の丑の日、私はジーナのパブでの浴衣パーティーに参加することにしました。店に到着すると、彼女は美しい浴衣姿で迎えてくれました。

「青藍に淡黄色の花模様が入った浴衣をジーナは着ていた。私を見るや、目を大きくして口を薄く開けた。ショートケーキにフォークを入れて、口に持っていく時のように、白い歯がチラと覗いた。」

私たちは静かな時間を過ごし、彼女の笑顔が輝いて見えました。その夜、彼女の存在が私にとって特別であることを再確認しました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ