nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

私と同じ志をもった先輩方達のブログです。こころの風景に興味があればポチッとお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

婚活 この返事で正しいのか?

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
「こんばんは! 丁寧にご返事いただきありがとうございます☺️今後は難しいという意思を、誉め言葉のオブラートに包みながら示されていて、そのお心遣いに頭が下がります🙇‍♂️
すぐにでも結婚したいと思えた初めての方ですから、お別れというのはとても辛いです。確かに、休日が合わず、なかなか会えないと、関係を築いていくことは難しいでしょう。
しかし、結婚までいくとメリットもあるそうで、家事の分担がしやすい。幼い子供がいても、どちらかが面倒をみやすく共働きがしやすい。休日にいつも一緒だとウザくなる場合がほとんどだと聞いています。
Yさんは、学生の頃から将来、貿易関係の事務をしたいという自己実現のために、社会の古いしきたりと格闘して今日を築いてきました。年に一度の海外旅行や、友人と美味しいお店で食べるひと時を肥やしとして、努力してきた姿が、お話にあったチューバのステキな音色のように伝わってきます。そして得たものを、結婚とひきかえに失って欲しくない気持ちは変わりません。
聞くところによれば、活動を始めたばかりですし、早急にではなく、様々に模索する中で結論を出されたらいかがでしょうか?
大寒を来週に控えて、ますます寒くなりますが、お身体をお大事にお過ごしくださいませ。
長文を失礼しました🙇‍♂️」

陸前高田市の津波で、父親を亡くした娘の今は……

ツヴァイ新宿店の出会いのセッティングサポートで30分間、31歳の土地家屋調査士の女性と話をすることになった。
入ってくるなり、オシャレには無縁の印象を受けた。顔色も悪く、髪はボサボサで、目つきだけは常に鋭く、怖いと思った。とにかく敬意ある質問をしまくって、相手に話してもらうようにした。
ボランティアをしてきて正義感は強いと自負していると自己紹介文にあったので、どんなボランティアをしたか聞くと、乞食が街角で立って販売している雑誌「Big Issue」の支援というのを聞いた。新宿駅ホームレスを支援するイギリスの活動から始まった試みらしい。西口でボロボロの服を着た乞食が、200円で雑誌を売っていた光景を思い浮かべた。今でも時々、上野公園の炊き出しに行くことがあるという。乞食に対する執着はどこからきたのだろう。繊細なのか、社会への正義感の表れか?
神奈川県の平塚育ちで、大学進学を機に、相模原に引っ越したというから、両親は一人っ子の彼女が可愛くてしょうがないのだろう。ツヴァイも母親が心配したから入っていると一言口にした。両親の言いつけは、とにかく守ろうとするのは、感謝の表れで微笑ましい。学生時代にもっと勉強をしておけば良かったと後悔しているそうで、今、それを取り返すべく、英語を勉強しているそうだ。話し方がいつも興奮気味で唾を飛ばしそうになるぐらいなので、こちらはタジタジとなる。
帰りがけに、連絡先はどうしますか? と聞くと、名刺を渡された。今月は予定がいっぱいで無理だけど、来月は、多摩センター駅のCAFEあたりでお茶でもしましょうかと話してくれた。好印象なのかな? 名刺には、会社の名前と、本人の有している資格である司法書士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナーが明記されている。
駅まで歩いたけど、あまり気乗りしない姿は、相手に伝わるようだ。こういう気持ちには、いくら強そうに肝が据わっている姿でいても、女性は敏感だなと思う。愛に対する鋭さというものへの嗅覚だろう。
帰りにソープランドに行った。そこで会った女性は、日本語の話し方がぎこちなくて、日本離れした綺麗さがありますけど、台湾や韓国の方ですか? と聞くと、純粋な日本人ですと笑顔で応える。ホームページの店長のコメントは汚れない抜群の透明感と書かれていたが、わかる気がする。純粋な少女のような笑い方をする。幼い無垢な少女の笑顔のようだ。
岩手県出身で、津波に巻き込まれて父親を亡くしていた。引き潮が家屋や街をさらっていく様子を高台から眺めていたことが、いまだに忘れられないそうだ。当時、ショックで2週間風呂に入れず困ったそうだ。陸前高田市の公民館で、多くの棺が並んでいる中から、父親を見つけた。手足は無事で顔だけが水膨れをしている姿だった。きっと、彼女の少女のような笑顔は、いつか帰ってくる父親を迎えようとして記録されたものだろう。
同じ経験をしていない私には、本当の意味で彼女と打ち解けあうことはできないのだ。
気持ちいいと異常なほど興奮して身体を震わせる嬢を私は初めてみた。心の傷を優しく包むものが私の汚れた心、汚れた愛にはあるのか?
帰りがけ北海道旅行のお土産を渡された。

ありがとうございました。

婚活 これは断られたのか? sayoさん教えて?^_^


↑外国人旅行者がみんなこのタワーを写真におさめていた。
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
↑1月13日(月)成人の日、精密機械メーカー34歳の女性と会うことになった。
会うと逆パネマジで、身体つきがしっかりして、可愛らしい顔をしていた。一重瞼で表情が乏しいゆえ、厚化粧で顔が真白なのと、下唇が厚く、時々不満そうに動くのが、気になった。けれども、それゆえに爽やかで優しい育ちの良さを感じさせる笑顔がより魅力的に思える。
新宿西口のルノワールに行く。店内は祝日とあって混雑していたが、ゆっくりできる端の席が空いていた。
「ランチということで、食事したかったのですが、残念でおります」
と話しかけると、苦笑いをしていた。私は前日に仕事が入ったため、床屋で髪のもみあげの部分をかりあげておくのを忘れたのを後悔した。AGAの頭頂部の薄さが強調されたヘアスタイルに辟易しているのかもしれない。そう考えてしまうことが実は問題で、自信の無い挙動が彼女に伝わって不安にさせてしまう。
ケーキを勧めたがダイエット中ということで断られた。自身の成人式の時はニュージーランドから帰ってきたばかりで人生で一番太っていた頃だからいまだに写真が見られないという。
お見合い用の個人写真はとても痩せているように写っているのは、コンプレックスの表れだろうか? 
健康的でしっかりとした身体つきをしているので、気にする必要はないと思うのだが……
低いテンションで仕事のこと、つい最近の実家に帰ったことなど話していて、彼女は退屈そうであった。
「学生の頃、一番楽しかった思い出とは何ですか?」
という質問に嬉しそうな笑みを浮かべ、話に熱を帯びだす。

彼女Yさんの生い立ち
中学時代にブラスバンド部に所属。大きい身体だからとチューバをやらされた。関東大会で3位に入るほどだから練習も厳しく、その分やりがいがあった。
高校のブラスバンドは適当なところだったため、温度差を感じ、途中でやめてしまったということ。

大学の英文科に入り、ベトナムに旅行したことで海外熱に火がついて、年に一度は海外旅行をしているらしい。
昨年は韓国、一昨年はモロッコということ。

大田区で一人暮らしをしている。テレビは持たないけど、オリンピックがあるから入れようか迷っている。

新卒で派遣会社の正社員になり、貿易事務の仕事をしたかったものの希望する職種が回ってこずに葛藤していた。派遣先では同じ仕事をしながら、周りとの待遇の格差に愕然としたことから、30歳で今の精密機器の貿易関係の会社に転職したそうだ。
小さい会社であるから、女性社員がお茶汲みをするし、商品の梱包も倉庫に入って自ら行うというもので大変ではあるが、トータルで考えると充実感はあるという。
仕事でミャンマー人の方達と会うと、気さくで驚いたと楽しそうに話す。

趣味のカラオケでは、いきものがかり を歌うということ。彼女に似合っていると思った。


30歳になると友人の半数がバタバタと結婚して、焦りのようなものはあったが、結婚することで生活が変わることを考えると踏み切れず、あれこれしているうちに、34歳の誕生日を昨年の11月に迎えてツヴァイ に登録したそうだ。

婚活女子のオーソドックスなタイプで、具体的な結婚生活を求めているというのではなく、結婚したいかもわからないまま来ている模索中女子である。
茶店の代金は半分払ってくれた。

私「本日はお会いして頂きありがとうございました。想像以上にお綺麗で緊張しました。それでも、ダイエットするぐらい美に厳しくて、私も見習わなくていけないと思います。
お話も興味深く聞けて楽しかったです。
次にお会い願えるなら、食事やカラオケでもしたいです。
お疲れ様でした🙇‍♂」

Yさん「Mさん、こんばんは。ご連絡が遅くなり申し訳ありません。

こちらこそ、昨日はお仕事お忙しい中、会って頂きありがとうございました。
色々とお気遣いのお言葉を頂き、恐縮すると同時に、大変有り難く思います。
Mさんは真面目で優しくて、とても頭の良い方だと感じました。音楽や映画など気さくに色々なお話ができて楽しかったです。

ただ今後の事について1日よく考えてみたのですが、仕事の事を考えると、やはりお休みが合わないというのは、どうなんだろう、という気持ちになってきてしまい、これから先に進むのは難しいように感じました。
私もまだ希望とする将来について、模索しているところで、こんな中途半端な形で、申し訳ありません。

まだまだ寒いので風邪など引かずに、どうか体調にはお気をつけ下さい。
昨日は趣味の話などお話ができて、短い時間でしたが楽しい一時を過ごせました。改めてお時間を頂きありがとうございました。」

これは断られたのか? 
http://blog.hatena.ne.jp/planet2019/
sayoさん教えてアドバイスください。お願いします。

13日(成人の日)婚活本年初陣を飾るぞ!

f:id:nyoraikun:20200111180149j:plain
振られた彼女に未練を残しながら、今年も婚活初陣を飾ろうと思う。13日(月)の午後2時から34歳の女性に会うことになった。専修大学を卒業して精密機械メーカーで事務職に就いているらしい。メールの内容は誠実な書き方をしてきて、親しみを覚える。
13日は12時過ぎならいつでもいいし、ランチかお茶どちらでもいいですということであるが、ここは冷静に、14時からお茶でもしましょうということにした。言葉は悪いが波長も合わず、この方と結婚は無理だという人と食事だというのは辛くてしょうがないし、失費も大きい。まだ会ってもいないのに、ミュージカルを観劇したというのは、その失敗の最たるものだろう。
失敗例↓
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

それに、17時30分からは、早稲田の大学院を卒業して地方公務員の仕事をしている学歴ロンダリングらしき女性と会うという2本立てとなっている。両親に話したら、学歴ロンダリングをするような人とは合わないんじゃないかな? という感想だった。30を過ぎて、ツヴァイに登録してくる女性には、家庭的でない何かがあるはずだ。私と会ってくれる女性はまともじゃないのではなく、そうなのだという考えが強くなってきた。
両親も高齢で足腰も不自由になりつつあり、以前ほど私が結婚することに前向きではない。ここ10年、両親の体力の低下が続いていることが、私を暗い気持ちにさせているといっても過言ではない。
 ここでスーパーで鮮魚部に勤めている私の店で人事異動があって、私の直属の上司が急遽異動のため、本来休日でも、午前中は出勤しなければいけなくなった。13日はハードな日程となっている。
午前4時20分起床
午前5時家を出る
午前6時30分出社
午後0時30分退社
午後2時 専修大卒のメーカー事務職34歳とお茶
午後5時30分 ツヴァイ新宿店で早稲田大学大学院卒の学歴ロンダリングの30歳女性と会う。

 先ほどの専修大学出身の誠実なメールを送ってくる彼女のメール文をここに掲載する。
「Mさん、こんばんは。早速ご連絡頂きありがとうございます。
私は健康だけが取り柄でして、ここ数年風邪は引いてません!笑
まだまだ寒い日が続きますが、Mさんは体調大丈夫ですか?」

「そうですね、是非一度お会いしてお話できればと思います。Mさんは土日でお休みの日はありますでしょうか?」
「元治さん、こんばんは!ご連絡遅くなりすみません💦

「では13日に新宿でお会いしましょう。
時間はお昼12時以降とかだったら大丈夫です!Mさんに合わせますよ!
ランチでもお茶でもどちらでも大丈夫です。」

「Mさん、おはようございます!
13日14時に西口ヨドバシカメラの前ですね、承知しました。新宿はあまり詳しくないので、そこでお願いします。

お茶にしましょう。お仕事の都合で難しければ、別日に変更でも大丈夫ですので、その時は無理しないで下さいね。事前に連絡して頂ければ大丈夫です。
宜しくお願いします。」

彼女の誠実さが伝わってくるが、果たして家庭的でない要因はどこにあるのか?
容姿かなぁ? ブス可愛ならそれが1番いいなぁ! 性格とか、価値観とかは対処できないことを悟った。

憧れの風俗嬢美咲へのラストレター

美咲さんへ

 このようなことを度々してごめんなさい。別れて2、3日経つと、君のことで頭がいっぱいになります。会えないことがとても辛いです。
 職場の上司や同僚にも、家庭の両親や兄にも、学生の頃からの友達にも、私はいつも相手の幻想を壊さないように取りつくろって生きてきました。その疲れからか、気付くと休日は一人でいる方が気楽になっています。女性に好かれたとしても、いつかがっかりさせるだろうことが頭をよぎり、気のり薄で、避けるようになっていました。それが、美咲さんに出会って、ありのままの自分で話せたことが嬉しかったです。
 逆に、この手紙を受け取るストレスを、美咲さんは、誰に打ち明けられるだろうかと考えました。店長、店員、同僚ぐらいしか思い浮かばず、その心労を思いはかると、やはり、分別なく卵子に向かう精虫のような手前勝手な行動は慎むべきだと反省しています。
そばにいると、デニーズが今でも好きだとか、犬を保護する活動がしたいとか、「美咲」という源氏名の通り、皆から信頼され愛されるべき様子が天使のように神々しいです。ある時は、勝手な想像ですが、親から譲り受けた身体を傷つけ汚すことで、親を嘲笑い、復讐心に燃える如夜叉のような怒りと憎しみを抱えた様子でいることがあります。客が一緒にいて落ち着くのは、暗闇がなければ太陽がないように、君の明るさも暗さも、純粋さゆえに不自然なところがなく、素直に受け入れられるからでしょう。それは、私に忘れかけていた真心や良心を呼び覚まします。不安で、胸に手を当てると、守るべき君の姿が浮かんできます。太陽に向かって花は咲くように、男性は憧れの女性を胸に成長するものなのでしょう。
 太宰治著『新樹の言葉』に「自己の中に、アルプスの険にまさる難所があって、それを征服するのに懸命です。僕たちは、それをなしとげた人を個人英雄という言葉で呼んで、ナポレオンよりも尊敬しております」という一文があります。巨大な葛藤を自力で乗り越えようと生きてきた美咲さんを尊敬し、応援しています。ウサギの刺青は、その表れであると考えました。目的を持たない洞察力が我々を居たたまれなくさせる感情が愛なら、これほど人を愛したことは他にございません。失礼な言行をどうかお許しください。
 財布が欲しいというお話でしたから、百貨店ギフトカードを同封しておきました。消費税代分にもならないでしょう。LineIDでは、身元がバレることは絶対ありません。本当は、1ヶ月早いクリスマスプレゼントとして、お好みの財布を贈らせて頂きたいのです。新宿のアルタ前にでも待ち合わせることができたら嬉しいのですが…… 風邪が流行っています。季節の変わり目ですから、どうかお身体にお気をつけてください。また、会える日を楽しみにしています。

憧れの風俗嬢美咲へのラブレター№3

 
このようなことをして、本当にごめんなさい。二度と迷惑をかけることはしません。読んでくれたら嬉しいです。
はっきりと断られたのに、2、3日経つと、容姿、しぐさ、振る舞い、表情、声、会話のどれもが胸をしめつけるように愛しく浮かんできます。美咲さんが誰よりも純粋に感じてくるのです。理不尽なことで上司に怒られたり、同僚に冷たくされたりして、辛い気持ちになる時、君の声が励ましのように聞こえてきます。
「お金じゃないの、小さな夢であっても、それに向かって頑張っている男性と一緒にいたいかな」
デニーズでバイトしていたから、今でもデニーズが好きなの」
「妹が実家に戻って、私の部屋を使わせてというから、好きにしていいよと言ったわ」
君の幸せに人生を賭けたいと言ってからしばらくして、マットプレイを望むと、凄く厳しい目をされました。忘れかけていた真心が胸に美しく咲いてくるようです。美咲さんのすべてを、心から守りたいです。
 婚活はやめました。夢に向かって頑張ってみます。風俗のことを絶対に口外しないから、マッサージの仕事を始めたら、お店に呼んで欲しいです。過去を隠すことで、人付き合いに無理が生じることもあるでしょう。そのガス抜きのためにでも、会ってくれたら嬉しいです。君が何をしていても、私にとって、一生憧れの女性です。永遠に味方でいることは変わりません。最後の恋だから美しく散りたいです。また、いつの日か会えることを願っています。

憧れの風俗嬢美咲へのラブレター№2


9月7日(水)にお会いしてから3週間がたちました。あれから、思い悩む日々を送っています。美咲さんが脳裏に浮かぶと、好きだった女の子の窓明かりを見に行った少年の頃を思い出すからです。風俗店は性犯罪の抑止力であり、非常な価値ある仕事と言い聞かせても、やはり好きな人が働いているとなると辛いです。
 幼い頃から両親に言われるがまま、過保護に育ってきた私は、35歳になった今も親元から職場に通っています。些細なことでつまずくことの多い自分は、両親の愛情を支えにして、今日まで自暴自棄にならずに生きてこられたと実感しています。しかし、心にはいつも、安全基地のお母さんの後ろに抱き付く少女のような甘えが負い目としてありました。
川端康成の小説『化粧と口笛』に、「この世でもっとも深い愛を、感謝するにも及ばないほど当然だと、子供に思わせるためにのみ、母というものは子に必要である。」という一節があります。私がどんなに君を愛しているからと話したところで、水日の出勤時間すべてを1ヶ月でも買い占められるかと自問自答すれば、結婚とひきかえにと利己心が顔を出し、言葉を濁してしまうでしょう。どんな犠牲もいとわない上述の母親のような深い愛があれば、早く起きる母親なんて嫌だよと憤る美咲さんに思いが伝わるはずだろうと自分自身悔しくもあります。
 君が、1ヶ月20万円あれば生活できるじゃないと言った時、うなずいたのは、刺身を切るシングルマザーのパートナーさんが同じことを話していたからです。一人暮らしもしたことがないので、私には想像でしか理解することができません。普段の生活を保ちながら、将棋をすること、旅行に行くこと、犬を飼うことにどれだけお金が必要なのか、見当がつきません。それは、結婚してもできないことなのでしょうか?
 君が、この仕事を人の助けを借りずに自力で脱すると言った時、畏怖・畏敬の念を受けました。全力で前向きに、自分の力で生活の資を得て、人生を送ろうとする意志に、私にはかなわない強さを感じます。
 薦められた森鴎外の『雁』を読むと、お玉の心に生まれた情熱に共感します。夕食に鯖の味噌煮が出たばかりに、岡田にその思いは伝わらなかったのですが、もし両想いになったとしても、岡田は身分を捨ててお玉を愛するということはなさそうです。宇宙の惑星の運行のような、必然の動きのうちに物語られた登場人物を追うと、それぞれの軌道をたどって、自分一人の運命を成就するしかないと諭された気にもなります。多くの男性と接してきた美咲さんにとって、君を幸せにするという言葉に、湖のおもてに顔を映して悦に入るナルシスしか見ないでしょうか?
多くの苦労をしてきた美咲さんには、私にない光(道標)を感じます。残りの人生を、君の幸せのために賭けたいのです。どうかこの思いを信じてください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ