nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

フィリピンからの友情:府中でジーナと過ごした特別な夜

ジーナとの出会い

府中市国際通りのチャイニーズパブ「ミカ」の扉をゆっくり開けました。同時にトイレからジーナが出てきて、私を見つめました。彼女は数か月前にフィリピンのミンダナオ島から帰国し、肌が薄茶色になって痩せていました。私が「元気?」と声をかけると、ジーナは髪を束ねながら真面目に向き合い、やがて顔をほころばせて笑顔を見せました。

スーパーマーケットでの再会

数年前、スーパーの鮮魚部に勤務し始めた時、パートのマリアがジーナを紹介しました。彼女はぎこちなく挨拶し、私に教わるもなかなか仕事に慣れませんでした。ある日、ジーナが〆さばの切れ端を欲しがった時、私はゴミ箱に捨てるよう指示しましたが、彼女は惜しそうに見つめていました。彼女の故郷ミンダナオ島では、食べ物を無駄にしない文化が根付いていたのです。ジーナは、フィリピンの家庭での経験を語りながら、刺身の技術をすぐに習得しました。

「これ、どうするの?」
ジーナが両掌に〆さばの切れ端をのせ、私に尋ねました。
「ゴミ箱に捨てるんだよ」
そう答えると、彼女はしばらくそれを惜しそうに見つめていました。後日、彼女はミンダナオ島で食べ物を無駄にしない文化を教えてくれました。

ジーナとのデート

仕事の合間、ジーナと私の交流は続き、彼女はフィリピンでの家族の話や過去の苦労を語りました。私たちは次第に親しくなり、ジーナをデートに誘うことにしました。ある日、京王線府中駅で待ち合わせ、スパゲティ屋で彼女と食事を楽しみました。

「結婚しているの?」
ジーナは笑顔で答えました。
「日本人と結婚してた。でも、別れたの」
フィリピンの家族についても語り、彼女の生活の苦労が垣間見えました。
「家族のために働いているの。仕送りのお金で、家族が少しでも楽になればいいと思って」

家族への思い

その後もジーナとの関係は続き、彼女の家族の問題や自身の健康のことを相談されることもありました。ある日、彼女の兄嫁が人工透析を拒否し、最終的に命を落とした話を聞いた時、ジーナの悲しみと家族への思いを深く理解しました。

「お兄さんの奥さんが、人工透析を受けないっていうのよ」
ジーナは涙を浮かべながら話しました。
「病院に通うのはお金がかかるから、家族が困るって思ったんじゃないかな」

浴衣パーティー
夏の土用の丑の日、私はジーナのパブでの浴衣パーティーに参加することにしました。店に到着すると、彼女は美しい浴衣姿で迎えてくれました。

「青藍に淡黄色の花模様が入った浴衣をジーナは着ていた。私を見るや、目を大きくして口を薄く開けた。ショートケーキにフォークを入れて、口に持っていく時のように、白い歯がチラと覗いた。」

私たちは静かな時間を過ごし、彼女の笑顔が輝いて見えました。その夜、彼女の存在が私にとって特別であることを再確認しました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ