nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

風俗嬢へのガチ恋:愛と現実の狭間で揺れる心②

風俗嬢へのガチ恋の心理分析

風俗嬢への恋心は、男性の孤独感や現実逃避、そして理想への渇望が入り混じった複雑な感情です。この手紙を通じて、そんな感情の深層に迫ります。風俗嬢に恋をすることで一時的に心の隙間を埋めることができる反面、現実とのギャップに苦しむ男性たちの心理を探ります。

美咲さんへ

9月7日(水)にお会いしてから3週間がたちました。あれから、思い悩む日々を送っています。美咲さんが脳裏に浮かぶと、好きだった女の子の窓明かりを見に行った少年の頃を思い出すからです。風俗店は性犯罪の抑止力であり、非常に価値ある仕事だと言い聞かせても、やはり好きな人が働いているとなると辛いです。

幼い頃から両親に言われるがまま、過保護に育ってきた私は、35歳になった今も親元から職場に通っています。些細なことでつまずくことの多い自分は、両親の愛情を支えにして、今日まで自暴自棄にならずに生きてこられたと実感しています。しかし、心にはいつも、安全基地のお母さんの後ろに抱き付く少女のような甘えが負い目としてありました。

川端康成の小説『化粧と口笛』に、「この世でもっとも深い愛を、感謝するにも及ばないほど当然だと、子供に思わせるためにのみ、母というものは子に必要である。」という一節があります。私がどんなに君を愛しているからと話したところで、水日の出勤時間すべてを1ヶ月でも買い占められるかと自問自答すれば、結婚と引き換えにと利己心が顔を出し、言葉を濁してしまうでしょう。どんな犠牲もいとわない上述の母親のような深い愛があれば、早く起きる母親なんて嫌だよと憤る美咲さんに思いが伝わるはずだろうと自分自身悔しくもあります。

君が、「1ヶ月20万円あれば生活できるじゃない」と言った時、うなずいたのは、刺身を切るシングルマザーのパートナーさんが同じことを話していたからです。一人暮らしもしたことがないので、私には想像でしか理解することができません。普段の生活を保ちながら、将棋をすること、旅行に行くこと、犬を飼うことにどれだけお金が必要なのか、見当がつきません。それは、結婚してもできないことなのでしょうか?

君が、この仕事を人の助けを借りずに自力で脱すると言った時、畏怖・畏敬の念を受けました。全力で前向きに、自分の力で生活の資を得て、人生を送ろうとする意志に、私にはかなわない強さを感じます。

薦められた森鴎外の『雁』を読むと、お玉の心に生まれた情熱に共感します。夕食に鯖の味噌煮が出たばかりに、岡田にその思いは伝わらなかったのですが、もし両想いになったとしても、岡田は身分を捨ててお玉を愛するということはなさそうです。宇宙の惑星の運行のような、必然の動きのうちに物語られた登場人物を追うと、それぞれの軌道をたどって、自分一人の運命を成就するしかないと諭された気にもなります。多くの男性と接してきた美咲さんにとって、君を幸せにするという言葉に、湖のおもてに顔を映して悦に入るナルシスしか見ないでしょうか?

多くの苦労をしてきた美咲さんには、私にない光(道標)を感じます。残りの人生を、君の幸せのために賭けたいのです。どうかこの思いを信じてください。

風俗嬢へのガチ恋の結末

この手紙を通じて見えてくるのは、風俗嬢に恋をする男性が抱える孤独と愛情の葛藤です。彼らは現実の中で満たされない愛情を求め、風俗嬢に理想を投影します。愛する人が風俗嬢であることに苦しみながらも、その矛盾した愛にしがみつくことで、彼らは自身の存在を確かめているのです。

ここで重要なのは、この愛が成就しないことの方が彼らにとって幸せかもしれないということです。現実の中での恋愛は、日常の些細な摩擦や期待外れを伴いがちですが、叶わない恋は永遠に美しいままであり続けます。このような愛は、純粋であるがゆえに彼らの心に深く刻まれ、決して消えることはありません。

風俗嬢への恋に悩むすべての男性が、自分の感情を理解し、この愛の形に対する新たな見方を見出すことができるよう願っています。それが、彼らの人生に豊かな色彩を添え、彼ら自身を成長させる鍵となるのです。
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ