nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

三島由紀夫の『日曜日』を読み解く


三島由紀夫の作品『日曜日』は、財務省金融局の末席で働く幸男と秀子の二人が、毎週日曜日にデートをするという話です。彼らの会話には「もう少し給料が高ければ結婚できるのに」という切実な思いが込められています。この物語は、単なる恋愛話にとどまらず、人間の普遍的な愛の形や現代社会の矛盾を鋭く描き出しています。

↑日曜日の作品が掲載されています。

登場人物たちの描写

作品の中で、二人が杉の幹に隠れてピクニックに来る者たちを観察するシーンは、まるで猿の大群を眺めているかのような描写がされます。この描写は、登場人物たちの内面の醜さや人間の本質を暗に示しているようです。

例えば、

青年はしじゅう頼もしげな自己陶酔の微笑をうかべているが、それはあと十年もたてば、諦念の苦い微笑に変わるであろう。何故かというと、連れの女は、悍馬の骨相をあらわしているからだ。

この一節からは、自己陶酔に浸る青年の姿が浮かび上がりますが、その背後には未来に対する諦念や現実の厳しさが垣間見えます。また、

痩せた小柄な真白けな青年が、大柄な年嵩の外人の女と腕を組んで登ってくる。介添え役は女のほうである。青年ははにかんだように、うつむいたままである。女はのぞき込んでは、舌をちらりと出して、青年の頬を舐めている。突然女が顔をあげた。日本人の顔である。その赤毛は染められたものだった。

この描写は、異質なカップルの奇妙さを通じて、人間関係の多様性やその裏に潜む偽りを示しています。

普遍的な愛の形と現代のデート事情

三島由紀夫は、人間の求める普遍的な愛の形を醜いものとして描くことで、読者に自己の内面を見つめ直す機会を提供しています。幸男と秀子の最期が電車にはねられるという悲劇的な結末は、彼らの絶望と同時に、現代社会の歪みを象徴しているのかもしれません。

現代においても、デートは多くの人々にとって大切なイベントですが、その形は多様化しています。例えば、オンラインデートやバーチャルデートなど、テクノロジーの進化により新しい形の出会いが生まれています。

世界の日曜日事情

日曜日の過ごし方も国や文化によって異なります。日本では、多くの人が家族や友人と過ごす時間を大切にしますが、欧米諸国では教会に行くことが一般的です。また、週末の時間を利用して旅行やアウトドア活動を楽しむ人々も多いです。

専門家の意見

専門家によると、日曜日は週の中で最も重要な休息日であり、精神的なリセットを行うための日として認識されています。社会学者や心理学者は、日曜日の過ごし方が人々の幸福感やストレスレベルに大きな影響を与えると指摘しています。

結論

三島由紀夫の『日曜日』は、個人の内面と現代社会の矛盾を鋭く描き出した作品です。この物語を通じて、日曜日の過ごし方や人間関係の在り方について考える機会を提供しています。現代においても、日曜日は重要な休息日として、多くの人々にとって大切な時間です。国や文化によって異なる日曜日の過ごし方を比較することで、より豊かな生活のヒントを見つけることができるでしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ