nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

茂木健一郎の売名行為とその矛盾:なぜ「プンプンプン」するのか

茂木健一郎の醜悪な姿を替え歌で暴露

YouTubeチャンネル「Extreme Science」が日本に登場し、科学者の茂木健一郎が日本一の知識人然として出演することを期待する声が上がっています。日本のLex Fridmanチャンネルのような存在になることを望む人々もいます。しかし、彼の言動には多くの矛盾があり、彼の売名行為は疑問視されています。特に、科学啓蒙を謳いながらも、人によって言説を曲げ、迎合する姿勢には、私だけでなく多くの人が違和感を抱いているのではないでしょうか。

このような茂木健一郎の姿を、長渕剛の曲「プンプンプン」の替え歌で表現してみました。これは現在、性加害として炎上している長渕剛の全盛期に作られた曲で、芸能界における金と女のグロテスクな関係を歌ったものです。茂木健一郎のような、半ばタレント化した売名行為に専心する男も、この曲の女と同様に矛盾と臭味がプンプンプンするのです。

** 長渕剛の「プンプンプン」の替え歌
おとといの晩はどこかの上司
そして昨日の晩はどこかの顧客
日ごと夜ごと お前の心は
男たちの空虚な言葉で プンプンプン
そしてお前は会議室の椅子に座っている
取り繕った笑顔を巧みに浮かべる

偽善者の姿で 俺を見下そうとする
三つ数えるうちに プンプンプン
俺を軽んじやがる見え透いた言い訳
黒いノートの中には計算された予定表
お前の出世欲と人気取りが
偽りの姿をまとって吠える

プンプンプンプンプン たいしたタマだぜ
男って奴はわからねえ プンプンプン

www.youtube.com

ホリエモンとの比較

茂木健一郎のような売名行為に専心する男も、この替え歌の女と同様、矛盾がプンプンプンします。一方で、ボクシングのトレーニングをXにアップし、人を啓蒙だと称して歩くホリエモンの方が、まだ正直に感じられるのです。

結論

茂木健一郎のような知識人が、科学啓蒙を標榜しながらも、その言動に矛盾を抱えていることは問題です。私たちは、真の知識人としての姿勢を求めるとともに、その行動に一貫性と誠実さを期待しています。この替え歌を通じて、彼の姿を皮肉を込めて描き出しました。彼の行動を見つめ直すきっかけになれば幸いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ