nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

愛と誇りの物語『ラーゲリより愛をこめて』の魅力を語る

久しぶりに日本映画『ラーゲリより愛をこめて』を観賞しました。嵐の二宮和也が主人公を務め、物語は満州国を占領していた関東軍に所属していた彼が、ソ連の侵攻によって家族と逃亡を試みるも、投石で動けなくなり、家族は日本に逃げ帰り、二宮は強制収容所に収監されるところから始まります。

** 二宮和也の魅力と共演者の表現力

過酷な労働環境の中で、次々と仲間が命を落としていく中、二宮は人としての誇りを保ち続けます。彼の魅力に最初は取り合わなかった周囲も、次第に心を開いていきます。このような人物像は他の作品でも見受けられますが、二宮の演技や共演者の表現がこの映画に深みを与えています。

** 家族愛と少子化問題

映画のテーマは家族への愛です。結婚式のシーンから始まり、新郎新婦の紹介で終わる構成は、現代日本少子化問題を背景にしているように感じます。少子化の問題は映画を観て感動したからといって解決する簡単なものではありません。しかし、家族愛や結婚の素晴らしさを伝えることは、少子化対策の一環として意義があります。

** 日本のマイホーム主義と幸福の形

戦後の日本はマイホーム主義を推し進めてきましたが、その限界が見えてきました。多くの人々がマイホームの幻想を抱いていましたが、長い目で見れば必ずしも幸福ではないと気づき始めています。これからの時代には、もっと違う形の幸福が求められています。例えば、人工授精による日本人を生産するようにして、隔離された環境で、エリート養成やAIによる教育など、新しい形の幸福追求が必要かもしれません。

堀江貴文の涙と映画の情感

堀江貴文がこの映画を観て涙が止まらなかったのは、自身の獄中体験と娘からの手紙による感情の共鳴だったのかもしれません。私も日本映画特有の情の強さに涙を流すことがありましたが、物語に感動したかどうかには疑問があります。他国からの視点では、日本が侵略国として描かれている以上、当然の報いと見るでしょう。この映画が国際的にどのように受け取られるかは、現代の視点では重要です。

** 二宮のリーダーシップとサーバントリーダーシップ

死んだ同僚の葬儀を守り抜く姿や、倒れた仲間を庇う姿、文字を教える姿勢など、二宮の誠実さはサーバントリーダーシップの見本のようです。これからのマネジメントの主流は、このようなリーダーシップかもしれません。

家族愛の描写と私の思い

映画の中で描かれる家族愛は、私にとっても理想的であり、羨ましく感じました。惜別の手紙を聞きながら、私もこんな愛情豊かな人間関係を築けるだろうかと胸に響きました。初恋の人に送った手紙を思い出し、今もあの人が何をしているのかと考えることがあります。

** 日本の和歌の解釈

映画の中ごろに出てくる二宮が説明していた和歌の解釈を紹介します。

「たらちねの 母がつりたる青蚊帳(あおがや)を すがしといねつ たるみたれども」

この和歌は家庭的で静かな情景を描写していますが、状況や文脈によって異なる意味を持たせることができます。過去の思い出や安心感を共にし、欠点をも受け入れて共に過ごしたいというメッセージが込められています。

** 結論

ラーゲリより愛をこめて』は、家族愛や人間の誇りを描いた感動的な作品です。二宮和也の演技や共演者の表現がこの映画に深みを与え、現代日本少子化問題や幸福の形について考えさせられます。是非、この映画を観て、家族愛の大切さを再確認してください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ