nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

京王線新宿駅西口の広告が教えてくれること

 

 

京王線新宿駅の西口を降りると、柱に映像の広告が目に飛び込んできます。これらの広告は、まるで消費者を魅了し、視線を釘付けにする魔法のようなものです。しかし、その洗練された映像美に心奪われながらも、私は常に疑いの目を持ってこれらの広告を見ています。広告は、時に消費者を巧妙に操作しようとする側面もあるからです。優れた広告ほど、逆に財布の紐を固く締めたくなるのは、その心理操作の巧みさゆえでしょう。

広告の映像美とそのインスタ映え

 

 

 

 

 

西口の広告には、インスタ映えする情景が広がっています。色彩豊かな映像は、瞬時に視覚的な快感を与え、見る者の心を捉えます。広告の映像は、まるで楽園生活のイデアを映し出しているかのようです。この光景に身を浸せば、心の底から湧き出る安らぎを感じることができるでしょう。

しかし、その幸福感も一時のものです。ジョルジュ・バタイユが語る「エロスの不可能性」のように、絶対的な幸福は、指先が触れた瞬間にするりと逃げていくものです。哲学者たちは、この現象を「幸福の不確定性」や「絶対的幸福の逃避」と表現します。三島由紀夫は人間の追求する幸福が常に儚く、幻想に過ぎないとし、安部公房は人間の本質的な孤独と向き合うことこそが幸福の鍵であると考えました。

韓国の芸能が強い理由

 

 

韓国は、世界基準の芸能大学が存在するほど、そのエンターテインメント産業が強い国です。韓国の芸能が世界で評価される理由は、その教育システムと厳しいトレーニングにあります。韓国の芸能大学では、次のような取り組みを行っています。

  1. 長時間の練習:学生は毎日数時間のボーカルトレーニング、ダンスレッスン、演技の練習をこなします。例えば、ソウル芸術大学では、朝から晩までレッスンが組まれ、体力と集中力が試されます。

  2. 実践的な経験:学生は頻繁に公開オーディションやショーケースに参加します。これにより、実際のパフォーマンスでの経験を積み、即戦力としての能力を養います。

  3. 言語の習得:韓国の芸能界では、多言語での活動が求められます。学生は英語や日本語、中国語などを学び、国際的なファンとコミュニケーションを取れるようにします。

  4. メンタルケア:厳しい練習の中で、学生は精神的な強さも求められます。定期的にカウンセリングを受けることができ、メンタルヘルスの維持にも力を入れています。

例えば、人気グループBTSのメンバーであるジョングクは、練習生時代に1日18時間以上の練習をこなし、その結果としてデビュー後の圧倒的なパフォーマンス力を身につけました。このように、韓国の芸能大学は、単なる才能の発掘だけでなく、徹底した教育とトレーニングにより、世界で通用するアーティストを育成しています。

まとめ

京王線新宿駅西口の広告から学べることは、視覚的な魅力が人々の心を捉える力と、その裏に隠された巧妙な戦略です。そして、韓国の芸能が世界で強い理由は、その徹底した教育とグローバルな視点にあります。このような広告や芸能の成功事例から、私たちは多くを学び取ることができるでしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ