nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

浜松町から銀座まで:アート、歴史、そして美食の一日

浜松町北口のアート:碧の調べ

浜松町北口に、一色邦彦の作品「碧の調べ」が展示されています。女体の美を平和的に表現することで知られる一色氏の作品です。

笑顔の少女:夏の思い出

少女が髪に手をやり、何かを待つ姿が描かれています。彼女の笑顔には、まだ漠然とした性の自覚が見え隠れし、親戚の家を訪れた夏の日の緊張感が漂います。


劇団四季「エビータ」と浜離宮恩賜公園の散策

劇団四季の「エビータ」を自由劇場で観劇した後、浜離宮恩賜公園を散策しました。中の御門橋から入り、鷹のお茶屋へ向かう道中の風景を楽しみました。




江戸時代の鷹狩りと現代の娯楽

江戸時代、将軍たちはこの地で鷹狩りを楽しんでいました。自然を意のままに操る喜びは、現代でもポケモンの人気に象徴されるように、普遍的な願いです。



外国人旅行者の増加と観光立国への一歩

浜離宮恩賜公園では、外国人旅行者が座敷でリラックスしている光景も見られました。観光立国への一歩を感じさせる場面です。




大手門橋と奇抜な建物

ここが大手門橋です。正門だった場所から少し歩くと、奇抜な建物があり、多くの外国人がカメラを向けていました。



銀座のスーパー「ハナマサ」の鮮度と品揃え

銀座のスーパー「ハナマサ」に入ると、鮮度の良い魚がそのままパックされて並んでおり、地下には精肉売り場が広がっています。ここでは、豚の脚が4本2000円で販売されていました。



銀座のデパートでの光景

「高いなぁ、1000万超えているよ!」背後から若いカップルの声が聞こえます。こんなデパートに幼い頃から親しんでいる人は育ちがいいのでしょう。



銀座の魅力的なディスプレイと建築物

銀座を歩けば、センスの良いディスプレイや建築物に感心します。和光の時計台の鐘が午後7時を告げると、早寝しようと思った一日でした。



旅行への憧れ

行楽に行きたくなる。旅行したいね✈️秋の嵐山、南の海のサンゴ礁、何か感じません?




日本料理界の巨匠:神谷昌孝氏

愛知県出身の神谷昌孝氏は、15歳から料理の修行を始め、日本料理界で50年以上の経験を持つ巨匠です。彼の料理は伝統に革新を織り込み、ミシュランの星を獲得し続けています。

神谷料理長の厳格な指導と料理の魅力

神谷料理長は厳格な指導で知られ、フライ料理の試食や若手への指導も行っています。彼の料理は一口でその美味しさを感じさせます。


銀座の魅力的なディスプレイと建築物(続き)

銀座の商品ディスプレイや建築物はどれもセンスがあり、感心します。関心していると、銀座和光の時計台の鐘が午後7時を告げます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ