nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

永遠の青春の幻想を、新宿歌舞伎町でしかと見た!

遥「さっきはほんと優しさの塊をありがとうでした!緊張してたから安心できました🫶🏻❤️これこら仲良くしてね😭」

f:id:nyoraikun:20220627134625p:image

私「こちらこそ、明るく優しくお相手してくれてありがとうございます。☺️
とても綺麗な方で驚きました。仕事では円安と電気代の値上がりで😵頭を悩ませていましたが、若さあふれる活力に触れて😳、また頑張ろうという気力がメラメラと湧いてきました。
予約が困難になるでしょうけど、またお会いできる日を楽しみにしています☺️」

遥「こんな丁寧に、、ありがとうございます( ; ; )❤️
はじめての方でとても重入れ深くて、さらに優しくて幸せです😭またお会いしたいです😭」

遥「来週お仕事いっぱいですか??」

私「ご返信ありがとうございます☺️
風俗で、こんなに感動したことは、無いですね。
まさにマリウポリと対極の世界でした。あの場所で息絶えたら、人生の絶頂で終えられたと言えるぐらいです。
若くて美人な女性と、ラブシーンがこの歳で成り立つ幻想をしかと見ました。🙇‍♂️美女と野獣のようです。
お身体にお気をつけてくださいね。また分かり次第ご連絡します!」

遥「本当ですか?
はじめてで満足していただけただけで本当に嬉しすぎてかんどうしてます😭😭😭
心が広すぎてありがとうございます❤️」

遥「また会えるまでずっとまってますね🫶🏻笑」

私「お疲れ様です!
お暑いですね😵💦
先日は本当に嬉しかったです!
お写真は前髪を気にされていたけど、とてもお綺麗ですし、遥さんの魅力を裏切るものでは無いと思います。
客寄せは無用だと思いますが、迷惑でなければ、cityheavenの口コミに書いておきますね!」

遥「おはようございます🥱
3日ぶりですね!
実はまた早くお会いしたくて何回か思い出しちゃってます…🤫笑」

遥「思った通り前髪汗かいてるのバレバレですね🥲そう言ってもらたので自信もちます!!

必要です!いいんですか!お願いします!笑🥹」

私はまた書いてみた。口コミなるものを!

永遠の青春を実感する遥かなるユートピア

この度は、風俗史上、最高のお喜びをありがとうございます。

階段の踊り場でお会いして、女優の吉〇里〇がいると思ってしまい、どこかの舞台に紛れこんだような気持ちになりました。屈託のない明るさ、時折見せる純真な笑顔、女性らしい自然体に息をのむ美しさがあって、ことが進むにつれて、初めてキスをした時のような恥ずかしさと戸惑いがこみ上げてきました。もう私も中年の仲間入りといえる歳ですが、若くて美人な女性とのラブシーンが、この歳で成り立つ幻想をリアルに味わうことができました。

賢者タイムの甘いふくよかな香りのする湯船では、お話にあった『美女と野獣』のように、一輪の薔薇の花が散るまでに魔法が解けて、美女にお似合いの若い王子様になれたらという夢想に誘われます。それは、時と共に一切が過ぎ去り、すべてが変わりゆくゆえに、あらゆる欲望があるとも思えてくるんです。

遥さんは、今後、予約困難になり、バルボラのスターと噂されるようになるでしょうけど、いつまでも変わらずに、いてくれることを心ひそかに願っています!」

平野啓一郎に会う! ドナルドキーンの思い出!

2022年6月25日(土)、神奈川近代文学館で、作家の平野啓一郎の講演があった。題名は、ドナルドキーンとの思い出というもので、彼が会場に入ってくるなり席につき、話を始めた。安部公房の講演で、何も準備をせずにきて話をするというのがあって、一度はやってみようと思っていて、今日、その日にしようと考えているというところから話を始めた。1時間、ずっと言いよどむことなく、ドナルドキーンに関することを話続けていて、やはり言葉による自己表現で生活するプロは違うなぁという印象を強く受けた。
作家というと、広範囲に渡って様々な作家を論じるイメージが強いけれど、平野氏は、三島由紀夫谷崎潤一郎泉鏡花森鴎外などの作家を読み込んでいるけれど、夏目漱石川端康成などは、まったく興味を示さないようであった。何度も話に三島由紀夫について出てくるので、私は嬉しくなったが、他の聴衆はどう思ったか知りたいところである。
最後に質疑応答ということなのであるが、コロナ感染予防ということもあり、事前に質問箱に入れる形式となっている。私の質問だけを読み上げて、15分近くもその説明に費やし、時間切れということで終えてしまったのには、嬉しいと同時に、申し訳ない気持ちにもなった。
「三島の終生の友人であり、理解者であったドナルドキーンさんであるが、『太陽と鉄』については、とても嫌いな作品だと述べています。三島没後30周年の島田雅彦古井由吉の対談で、平野啓一郎さんは、『太陽と鉄』を楽しい作品だと2人に紹介していますが、文武両道については、三島本人もわからなくなってきたのではないかと疑問を呈しています。なぜ、ドナルドキーンさんは、『太陽と鉄』を嫌いだったのでしょうか? 平野啓一郎さんと三島についての意見の一致や不一致についてのエピソードがあれば教えてください?」
「太陽と鉄は、軍隊における共同体原理に近く、鉄で身体を鍛えて、剣を用いるといった要素が強く、ドナルドキーンさんは、戦争を忌避されている方ですから、嫌だったのでしょう。黒い服を着ているとナチスドイツを思い出すから、黒い服は着ないということが後でわかり、自分は好きで着るからまずかったのかなと後悔している。三島が天皇というとき、どの天皇をさしているのかということについて、キーンさんなら知っているかもしれないけど、自分にはずうずうしさがなかったから、もっと図々しくあれば良かったと、いまだに後悔しています」
と話してくれた。
平野啓一郎の話で、他に興味が湧いたのを、いくつか紹介したい。
安部公房と食事をしていて、食事の最後に、このチーズは日本人でも合うなと言ったそうだ。国際派作家で、人種を超越した天才と信じていた作家が、日本人でも合うという判断をすることに、日本人という括りで話をすることにショックを受けたらしい。面白いエピソードである。
川端康成の義理の妹がロシアに行くときに、横浜の港に文壇の連中が集まり、瀬戸内寂聴もそこに交じって、妹の乗る船に手を振っていたが、機械の故障で、その後、2時間ぐらい停泊することになり、ばつの悪い川端康成が、離れたところにある石段にいって、ポツンと座っていたという。
瀬戸内寂聴の自宅で話をうかがった際、生前の島崎藤村を見かけたことがあるという話を聞いて、歴史上の人物だと考えている方も、実はそんなに大した時が経っているわけではないと実感したそうだ。
森鴎外の娘の経営するカフェが、銀閣寺の近くにあった。京都大学在学中に行きつけになり、鴎外のエピソードをせがむうちに、仲良くなった。年齢からカフェを切り盛りすることができなくなり、店内に飾ってあった森鴎外の机を、あげるからと言われたのだが、とんでもないと断ってしまった。あの時いるとなぜ言えなかったのだろうといまだに悔やんでいる。芦屋の記念館にその机は展示されているが、あの時、首をたてに振っていればという気持ちは一生消えない。でも、そういう性格だから、彼女に好感を持ってくれたんだろうと自分で自分を慰めている。

平野啓一郎の顔は、思索の跡が、表情に感じとれるほど重厚である。聴衆も周りはメモをとって聴く方ばかりで、作家として登壇している以上、それに応えるプレッシャーもあるのだろうなとも思えた。本来、講演活動を作家はしたいものなのだろうか? 本当は、書斎にいて、作品に精を出していたいのではないか? 講演会の後は、何か用事があるのだろうか? 純文学であるから、様々な活動もしていかないといけないのか? など、いらん疑問も湧いてきた。

1階のドナルドキーン展では、三島由紀夫が最後にキーンに送った手紙が、封筒と共に展示されていた。三島由紀夫の直筆の手紙であるから、あまりにもリアルであった。
「小生とうとう名前どおり魅死魔幽鬼夫になりました。キーンさんの訓読は学問的に正に正確でした。小生の行動については、全部わかっていただけると思い、何も申しません。ずっと以前から、小生は文士としてではなく、武士として死にたいと思っていました。今さらご挨拶するのも他人行儀みたいですが、キーンさんが小生に尽くして下さったご親切、友情、やさしさについては、ただただ感謝のほかはありません。キーンさんのおかげで、僕は自分の仕事に自信を抱くことができましたし、キーンさんとの交際はたのしさに充ちていました。本当に有難うございました。(中略)この夏下田へ来て下さった時は、実にうれしく思いました。小生にとっての最後の夏でもあり、心の中でお別れを告げつつ、たのしい時をすごしました。」
心の中でお別れを告げつつという言葉に、三島由紀夫が生々しく、その場に存在しているような気持ちになった。


帰りに寄った新宿駅 飲んで食べたくなるインパクト。この自動車を見ると、全体で夏の飲料を売ろうとする気持ちが伝わってくる。

コロナ禍で宅配事業が急成長。スーパーに勤める私は競合の業種が増えることを意味する。複雑な気持ちで、CMの安達祐実を見つめる。これが浜辺美波になったらどうしようか……💦

帰宅して自宅前のゴミ置き場を写真におさめる。安部公房の真似であるが、アルコールを呑む人の多さを感じる。人生に酔いたいのだ!

ウクライナよ! 権力ある者同士の意見の齟齬から悲劇が生じる。

ウクライナ侵攻が2月に起きた時、何故、止められなかったのか? という疑問がすぐに湧いてきた。アメリカを初めとした西側諸国が、人工衛星や情報網で、逐一、ロシアの動向を掴んでいながら、ロシアのプーチンに思いとどまらせることぐらい出来たはずだ。

その疑問について、下記の記事が正確に述べていると思えた。↓

https://news.yahoo.co.jp/articles/ced36f3a776c45a3d894f6ac849ce81b1f858c4c?page=2
超大国の思惑があるのは間違いない。当初は停戦交渉に前向きだったウクライナのゼレンスキー大統領も、キーウ近郊の虐殺があって、侵略前の状況になるまで戦うと決意したようだ。それには、西側諸国から提供された武器の威力を実感しているから言えることだろう。しかし、米国は、ここに来て、ロシアに攻撃できるだけの長距離ミサイル兵器は供与しないということにした。そして、武器の提供を遅らせることで、戦争の期間を伸ばそうとしている意図を感じるのだ。

バイデンの表情は、苦渋や義憤に駆られた表情の裏に、薄笑いが湧いてくるような気味悪さがある。プーチンには、余命を悟った上で、自身の権力を最大限利用して、培ってきた大ロシア帝国のロマンを実現しようと、成るようになれという感じに見える。まるで、死と生の中間にいる死神のように、シュミレーションゲームを安全で孤独な地下室で行っている感覚と言えるだろうか?

「自分がいないなら、世界など残して何になろう。自身の身の破滅と世界の崩壊がイコールの関係でいいじゃないか」という心のささやきが聞こえてくるようだ。

そうしている間も、戦争が長引き、民間人の犠牲は青天井に増えていく。より権力のある者同士の意見がまとまらないしわ寄せが、下部組織に悲劇として現れるというのは、一つの会社においてもあることだ。

我々は、私は、何をすればいいのだろう? イエロー・モンキーのJAMをまた聞いてみよう。


www.youtube.com

f:id:nyoraikun:20220531220211j:imagef:id:nyoraikun:20220531220215j:image

ノートルダムの鐘と横浜中華街で思うこと!

f:id:nyoraikun:20220526200535j:imagef:id:nyoraikun:20220526200543j:imagef:id:nyoraikun:20220526200556j:image神奈川県の横浜中華街の近くにあるKAAT劇場で、劇団四季の『ノートルダムの鐘』を観てきた。背骨が変に曲がって、顔の醜い男カジモトが、外に出ることなく、ノートルダムの鐘撞きだけをして生きてきたけれど、1年に1度の祭りの日、外界で浮かれ騒ぐ人々を見るうちに憧れが膨らみ、鐘楼を抜け出すところから物語が始まるのだ。

この背瘤も醜い顔も、私自身の劣等感を強く表しているようで、わかるのだが、もっと美しいものとして表したいという気持ちにもなり、少しの嫌悪感を抱いた。カジモトの友達は、ノートルダムの部屋にある仏像である。その仏像を演じている役者が、彼の心を巧みに表していて、心を閉ざすほど、石のように硬直し、明るく前向きな気持ちになるほど、明るい色になり、滑らかに動きだす。この表現は素晴らしい。舞台が彼の心の表れでいっぱいになるようで、エンタメというより、芸術的効果が発揮されている。話の内容が重く深い内容であるから、それほど興行上で成功をおさめていないというのもうなずける。

ジプシーの若い女エスメラルダに促されてカジモトが踊った。そのため大騒ぎになり、カジモトは民衆から虐待を受けてしまう。エスメラルダが身をていして守り、罪悪感からカジモトに謝りにくる。話はそれぞれ恋愛絡みで紆余曲折するが、エスメラルダへの愛や正義感がカジモトの心に火がついて、外へ出るようになる。

クライマックスで、エスメラルダが息絶えようとするのを、カジモトが抱きしめている姿、そして、エスメラルダが死へ向かって歩き出すのを、カジモトが手を伸ばして倒れる姿は、涙を誘う。私が婚活の間、求めていたのは、この絶対的な愛の光りであった。この間、仏像の役者が、カジモトを囲んで、身をくねらせて手を斜めに差し出し固まるのは、三十三間堂の仏像が動き出したかのような感動があった。

この作品は、劇団四季観てきた中で、かなり良かった。現在、ウクライナとロシアの戦争があり、明るく浮ついた作品よりも、こういう内容あるものを観たいと思う人が多いのではないだろうか?

f:id:nyoraikun:20220526200620j:imagef:id:nyoraikun:20220526200626j:image
香港飲茶専門店↑この店の前に多く人が並んでいた。叉焼(チャーシュー)メロンパンとは、興味をもった。

f:id:nyoraikun:20220526200652j:image
中国では、こんな光景が当たり前なのだろうか?

f:id:nyoraikun:20220526200708j:image
この店も口コミで話題なのか、混んでいる。

f:id:nyoraikun:20220526200720j:imagef:id:nyoraikun:20220526200725j:imagef:id:nyoraikun:20220526200731j:imagef:id:nyoraikun:20220526200738j:imagef:id:nyoraikun:20220526200751j:image
ここで食事をすることにした。横浜中華街食べログランキングで№1の店である。

f:id:nyoraikun:20220526200814j:image

4980円のコースにしたが、店員の態度が皆おかしい。冷たいし呆れた態度なのだ。接客が悪いぞ。ロシアの戦争から日中関係が悪化していることに根があるのかもしれぬ。中華街への風当たりが強いのだろう。

味はそれほど癖がない。しかし、麻婆豆腐は辛すぎて食べられなかった。ホタテ貝と車海老のXO醤炒めはキノコが多すぎて食べきれなかった。味からすれば、4980円は高いと思うが、中華街を肌で感じることができたこと、

f:id:nyoraikun:20220526201307j:image

「北京ダックのそぎ切り。全聚徳は客の前で皮を削ぎ落す趣向で人気を博した」とwikiに書いてある。

特に、丸焼きしたアヒルを客の前で皮を削ぎ落すのは、本場の北京ダックを食べたようで感動した。

f:id:nyoraikun:20220526200830j:image

緑の服を着た女性が魅力的だ!

f:id:nyoraikun:20220526200845j:image

フカヒレ専門店なのか?

f:id:nyoraikun:20220526201002j:image

帰りに寄った眼科で絵がかけられていた。

北の海の砂丘を思い出す!

秋葉原の電気街、水道橋の「かつ吉」で思うこと!

f:id:nyoraikun:20220520223755j:image

今日、秋葉原に行ってきた。

会社で責任者になるというから、販売計画もしていくようになれば、パソコンで管理すべきデータも多くなる。そのため、持ち運びが出来るモバイバルノートパソコンを買うようにしようと思う。

理想は、どこでもパソコンを用いて、考えて行動できるようにしていくこと。そのため、週間アスキーで調べると、NECLAVIE NEXTREME Carbon XC750がカラー写真で掲載されていて、重量が890gしかない。駅前のヨドバシカメラで持ってみて、こんなに軽いのかと驚かされた。モバイバルパソコンのスペースが多いのは、秋葉原といえど、パソコン売場にくるのは、ゲームに使用できるもの、ビジネスに使用できるものがメインになるからだろう。

値段が24万円というのも、それだけの利用価値があるのかと、金銭感覚が麻痺しているようで、怖くなってしまう。41歳で独身だと、このまま死んでいいのか? という思いが日増しに強くなる。今ある貯金を将来のために残しておくより、自己啓発のためにつかっていきたい。

念願のデジタル生活のために、パソコン、印刷機、スキャナーを買うことに決めた。これからは、デジタル管理をしていくことで、必要な情報をすぐ取り出せるようにしていかなければ……。

f:id:nyoraikun:20220520223818j:imagef:id:nyoraikun:20220520223832j:image

秋葉原は、電気街から大きくなってきたというのであって、昔ながらの商店街の電気屋さんのようなこじんまりとしたお店もあり、5階建てのソフマップが2軒もある。中古専門、ゲーム専門とそれぞれが特色を出して競合しているなぁと感動した。

f:id:nyoraikun:20220520223855j:imagef:id:nyoraikun:20220520223858j:image

ゲーム専門店の地下で、昼間から若い女性が、ゲームの試用画面を食い入るようにみつめていた。2つ隣のゲーム機には、痩せて眼鏡をかけた男性が、ゲームの機能を一つ一つ確かめているようで、その手際の良さに目を奪われた。私は長くスーパーマーケットの世界にいて、暗闇に画面が青白く光っている中で、静かな炎のようにそれぞれの目が燃えている世界を忘れていた。

私はゲームが好きであったが、ハマってしまう、それには毒があると感じてするのをやめたのだ。

 

帰りには、水道橋駅で降りて、三島由紀夫がボディビルのトレーニングの後で立ち寄っていたお店、『かつ吉』のステーキを食べた。三島は、ステーキに包丁を入れて、好みの柔らかさでないために、席を立って帰ったという話があるという。彼は、この店にそれほど期待していたのかもしれない。

f:id:nyoraikun:20220520225529j:imagef:id:nyoraikun:20220520225532j:imagef:id:nyoraikun:20220520225535j:imagef:id:nyoraikun:20220520225542j:image

店内は伊万里の小皿は数えられないほどあって、すべて木製のテーブルで、店員を呼ぶのも、鐘の鈴を紐を揺らして鳴らすというもので、まさに和の世界であった。あの地下のゲームの世界から、またこういう和の雰囲気で、カツやステーキを出すお店があり、連日、満員というそうだ。各テーブルには、予約席という札が多く置いてあった。

200g3000円のステーキは薄くて、肉に味がしっかり染みたジューシーで、美味しかった。ご飯に青紫蘇が混ぜられていて、それが実に肉料理と合っていて美味い。

ご飯、味噌汁、サラダがお替わり自由で、この味、この独特の雰囲気なら、コスパはいいだろう。職場の人間関係でトラブルを抱えていて、その怒りの感情にとらわれていたのだが、ここに来て、幸せな気持ちになり、謝罪の気持ちが刹那湧いてくるのである。心とは不思議なものだ。

三島由紀夫が当時通っていた頃の『かつ吉』が以下の写真である。

f:id:nyoraikun:20220520222042j:image

今の『かつ吉』は↓

f:id:nyoraikun:20220520222131j:imagef:id:nyoraikun:20220520222140j:imagef:id:nyoraikun:20220520222143j:imagef:id:nyoraikun:20220520222146j:imagef:id:nyoraikun:20220520222156j:image

 

近くに柔道着の専門店があった↓

f:id:nyoraikun:20220520224215j:image

世界を変えたいなら、最高のものに触れよ!

f:id:nyoraikun:20220516230658j:image

先月訪れたルーブルを再訪した。今度は、智絵里さんという方だ。また、City heavenの口コミに書いた。感動したからだ。分別などいらない。

 

「この度、会社で昇進し、職位の上がる前に、吉原随一サービスの良さで知られるルーブルで名高い智絵里さんにお世話になりました。
写メ日記に、滋賀県雄琴のレジェンド講習員、鈴蘭さんに時間ギリギリの深夜まで丁寧に指導してもらい、その接客に涙を流した旨を書かれていて、私はぜひ一度、入りたい想いでいました。
以前、雄琴の「皇帝別館」で不動のNO1と噂される方のサービスを受けたことがあり、容姿は三十路を過ぎた小綺麗な女性というほどで、室内も決して豪華とはいえない内容であったにもかかわらず、えらく感動したことが忘れられなかったからです。2度逝かせてあげることを義務というかのように、最後まであらゆる努力を惜しまず、ギリギリまで手を緩めず息子をしごいてくれたことに、愛を感じました。
ルーブルの智恵理さんに、鈴蘭さんは、元々雄琴のどこに所属していた方か? と尋ねると、「皇帝別館」という声が返ってきたのには驚きでした。
ソープランドの本場、吉原とあって、ルーブルの室内は豪華で、智恵理さんは若く、顔もスタイルもアイドルの華やかさがあり、肌も絹のようになめらかで、水をはじくほどのハリがありました。
開始早々逝ってしまい、賢者モードからの回復が苦手な私は、なかなか2度は逝けません。それでも手を抜かずに、映画のように洗練されたキスを何度もしてくれて、優しい励ましの声をうんとかけてくれて、とても幸せな気持ちになりました。
私は店で食品を売る販売をしておりますが、仕事を愛する気持ちと誇りが根になければ、どんな花も咲くことはないんだと諭されたようでした。
智恵理さんの写メ日記に記載された「感動をお伝えできるように頑張りますね。3月にはある程度ご披露できる」という言葉は本当です。
ソープに行ったけど、がっかりしたとぼやいている人は多いでしょう。ぜひ、智恵理さんの本物のプロのサービスをご堪能ください。ベンツによる送り迎えもあり、駅前で降りた時には、コンビニの前にいた高校生が目を丸くしていました。ルーブルを通過した後には、世界がルーブルの美術のように変わって見えてくることでしょう!異次元の世界へ……」

劇団四季『アナと雪の女王』を観た後は、浅草に散歩をしに行く。


新しい劇場に変わり、設備を良くしたのだろう。アナ雪の魔法が舞台に再現されていてすごいと思った。どういう技術を用いているのだろうというぐらい、舞台と映像をミックスさせてつかっているのだろうけど、どこからが現物で、どこからがCGなのかわからなくなった。やはりハイライトは、前半の終わりに歌う『ありのままで』だろう。劇団四季の母音発声法によるところもあり、歌詞がハッキリと聞こえてきて、婚活で出会った30人以上から冷たく振られて、その度に心が氷のようになっていたことを思い出した。その度に決意した気持ちを、ハッキリ歌っている。この歌は愛の歌なのだろう。
女性の心の奥深くには、氷のような無慈悲があるということを、太宰の小説家で読んだことがあったけれど、婚活の女性は皆そうだった。最後は、詐欺師の女性と何度もデートをして、辛い思いをして、アナ雪の物語に感動できるようになれた。
少しも寒くないわぁとビブラートが長く続き、ふっと切れるところで、舞台の雪の女王が光を放ち、舞台の照明が落ちる演出は、観客の度肝を抜くぐらいの力強い演出であった。姉妹の物語であり、愛することはどういうことなのか? 愛とは何か? という答えを探し求めるということ。愛の専門家である女性を対象とした物語なのだろう。女性の女性による女性のための物語という印象を受けた。
男性にばかり囲まれて育った世界にアナ雪はなく、その世界を理解できなくても、やはり憧れるのは永遠に女性的なもの、我を天に誘う。

www.youtube.com


新世界ビルから、三島由紀夫の百万円煎餅という作品が出来た。しかし、もう浅草6区にあった新世界は終わりを告げていた。この建物の屋上は遊園地だったのだろう。きっと、三島のことだから、事物を正確に描いていることだろう。浅草は下町の伝統を感じる。若い頃の氷川が看板にあるけれど、この頃から大分、時は過ぎたものだ。

焼肉屋の隣に動物病院。食欲と愛護欲、人間の都合の良い心模様が交錯している。

観光名所の雷門、浅草駅から歩いて5分もしないところにあるなんて。一度は来てみるものだ。金の糞もすぐ近くに見える。

太宰治が飲んだ電気ブランというアルコール含有率30%の酒があるのは神谷バーである。この建物は、太宰の頃から変わっていない。神谷バーの文字が、昔の看板では逆の順序で書かれている。
太宰の世界に度々登場する浅草。今とは随分と変わってしまっただろうけど、会ってみたいと思えてくる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ