nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

ツヴァイ新宿店での出会い:31歳土地家屋調査士女性との初対面

先日、ツヴァイ新宿店での出会いのセッティングサポートを利用し、31歳の土地家屋調査士の女性と話す機会がありました。

初対面の印象
部屋に入ってきた彼女は、オシャレとは無縁の印象を受けました。顔色も悪く、髪はボサボサで、目つきだけは常に鋭く、少し怖いと思いました。それでも、敬意ある質問を心がけ、彼女に話をしてもらうよう努めました。

ボランティア活動について

彼女の自己紹介文には、強い正義感を持ち、ボランティアを行っているとありました。どんなボランティアをしているのか尋ねると、ホームレスが販売している雑誌「Big Issue」の支援をしているとのこと。新宿駅西口でボロボロの服を着たホームレスが200円で雑誌を売っている光景を思い浮かべました。今でも時々、上野公園の炊き出しに行くことがあるそうです。彼女のホームレスへの支援はどこから来るのか、繊細な心の持ち主なのか、それとも社会への正義感の表れなのかと考えさせられました。

プライベートな話
彼女は神奈川県の平塚で育ち、大学進学を機に相模原に引っ越したそうです。彼女の両親は一人っ子の彼女をとても大切にしているのでしょう。彼女もその期待に応え、ツヴァイに登録したのも母親の勧めだったそうです。学生時代にもっと勉強しておけば良かったと後悔しているそうで、現在はその後悔を取り返すために英語を勉強しているそうです。彼女の話し方はいつも興奮気味で、こちらは圧倒されました。

次回の約束
帰り際に連絡先をどうするか尋ねると、名刺を渡されました。今月は予定がいっぱいで無理だけど、来月は多摩センター駅のCAFEあたりでお茶でもしましょうかと言われました。彼女の名刺には、会社の名前と、司法書士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナーの資格が明記されていました。

帰り道のソープランド
その後、ソープランドに立ち寄りました。そこで出会った女性は、日本語の話し方がぎこちなく、美しい外見から台湾や韓国の方かと尋ねると、純粋な日本人だと笑顔で応えました。ホームページの店長コメントにあった「汚れない透明感」という言葉がぴったりの純粋な笑顔を持つ女性でした。

彼女は岩手県出身で、津波に巻き込まれて父親を亡くした過去がありました。引き潮が家屋や街をさらっていく様子を高台から見た光景は、今でも忘れられないそうです。津波の後、2週間も風呂に入れなかったことや、陸前高田市の公民館で多くの棺の中から父親を見つけたことを話してくれました。そのときの父親の顔は水膨れしていたものの、手足は無事でした。彼女の純粋な笑顔は、いつか帰ってくる父親を迎えるために記録されたものかもしれません。

最後に
帰り際に、北海道旅行のお土産を渡されました。彼女との短い時間でしたが、心に残る出会いとなりました。

ご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ