nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

冬のデートと心の交差点—原宿での再会と深まる絆

岡山から彼女が会いに来てくれました。かつてLINEでブロックされていた彼女が、なぜ再び私に会う決心をしてくれたのかは謎のままです。過去の記事もご覧ください:
過去記事1
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

過去記事2

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

原宿駅で10時に待ち合わせし、代々木公園を二人で散策しました。冬の寒空の中、銀杏の紅葉が美しい場所ではまだ黄金色の葉が残り、モデルがポーズをとっている光景がありました。

歩きながら、彼女は絶えず話しかけてきます。「休日は何をしていますか?」「4Dの映画とかどう思いますか?」などと質問が途切れません。それに応えるのが難しいと感じました。

代々木公園の散策を終え、原宿の竹下通りを歩き、裏原宿をぐるっと回ってラフォーレ原宿のファッションビルに入りました。マネキンに着せられた服装を見て、婚活中の私としては少し嫉妬を感じました。

一休みしたいと、台湾発のタピオカ専門店「タイガーシュガー」に入りました。人気の黒糖ボバミルクを頼みましたが、彼女はお金を出す気はなさそうでした。タピオカの食感にはなじめませんでしたが、店内は女性客で賑わっていました。

座ってすぐに、私はお付き合いしたい気持ちを告げました。岡山から来てくれる彼女に、自分の思いを素直に伝えるべきだと考えたのです。彼女は驚いた様子で、私の婚活をやめたことや頭皮の薄さについて心配していることを打ち明けました。私は彼女の正直さに感謝しながらも、内心では複雑な気持ちでした。

その後、彼女はこれまで出会った男性について率直に話し始めました。お台場や夜景の思い出、婚活パーティーでの出来事、カラオケでのエピソードなど、聞いていると人間の複雑な一面が垣間見えました。

カラオケでは、佐野元春の「SOME DAY」を歌うと、彼女は心を開き、今まで出会った男性のことを語り始めました。「変態なところありますか?」と聞かれ、過去のエピソードを聞くうちに、男性の多様な一面が見えてきました。

帰り道では、「肉体関係無しで同棲しましょう。アパートを用意してくれますか?」と真剣な提案がありました。彼女が母親の助言で私を選んだことや、婚活に対する真剣な姿勢を知り、感謝の気持ちを抱きました。

カルビープラスで揚げたてのスティックを食べながら、駅まで帰りました。彼女の好意に感謝しつつ、私はつかず離れずのメールを送りました。

「先日はどうもありがとうございました。ハルさんのように素敵な方と原宿の代々木公園を歩いたこと、黒糖ボバミルクを飲んで結婚について話し合えたこと、揚げたてのカルビーも美味しかったです。これも母親のおかげですね。
さよならの向こう側』では、多くの男性に対する誠実さが伝わり、涙を誘われました。月曜日は送ることができず申し訳ありませんでした。またお会いできたら嬉しいです。本当にありがとうございました。」


夜のヒットスタジオ さよならの向う側 山口百恵

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ