nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

言葉に込めた愛 - 届かぬ想いへの追撃メール


www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
前回のメール↑

もう脈はほぼ断たれた。9割5分駄目だろうけど、言葉の力を信じてメールを思いの枯れるまで送り続ける。
「老人ホームから帰った母が涙目になっていて、祖母の弱っていく様子を目の当たりにして思うところがあったそうです。
そういった現場に、勝手に図録を送る恐ろしいことをしてしまい慙愧に堪えません。さらに感情的になったまま、誹謗中傷するようなメールを送り付けてしまいました。もう決して許されないのでしょうけど、私の気持ちだけでも聞いてくれるだけで救われます。
いまだに、あなたへ恋しています。
2人兄弟の弟として育ったことから、2人姉妹の姉に惹かれるところがあります。
妹の彼氏が優しい人だと見守るように微笑んでいるところ、駄目よ、高いから払うんでしょと良心に問いかけてくるようなところ、芝居の内容が変わることなんかある?と真心を求めてきているようなところ、「アナと雪の女王」が四季でやるんだと真面目にパンフレットを見つめている姿に、女性の支えとしている世界を姉として守ろうとしてきた人生が垣間見れて胸に迫ってきます。
精子卵子へ向かうように、男性は一途であることから、充実感を得られるところがあって、今、可能性がなくても、君に少しでも迫ろうとしているだけで幸せです。
女性は、多く言い寄ってくる中から男性的魅力、社会的地位、お金と3つを秤にかけて選ばなければなりません。君の状況に思いをはせれば、容姿や雰囲気、プロフィールの魅力は高く申し込みが絶えることはないでしょう。しかし、33歳女性の婚活は最も難しいとされています。
話の波長が合う人や、セックスアピールの備わっている人を選ぶなら、同年齢か年下と食指が動きます。けれども、同い年ぐらいは、子作りを考えて、20代を本命と位置付けている人が多い。社会的地位や年収の高い人と一緒になり、安定した生活を願うなら年上もありでしょう。そう考えると、私はツヴァイの中で、いずれも低スペックの部類に入ります。
何故、君がわざわざ池袋まで会いに来てくれたのかをずっと考えていました。昔から結婚相手として男性が避ける2つの性格が懶婦らんぷ(なまけもの)と悍婦かんぷ(利かん気、気が荒いもの)です。君は顔がそのまま性格のような薄っぺらい人ではなく、娼婦猫がメモリーを歌うことに思いをはせる奥深い人です。猫を被って、本当に好きになった人とお付き合いを続けていても、本来の気の荒さに気づいて去っていくことになれば、深く傷つき、悲しみ、苛立つでしょう。そのストレスが仕事にも悪影響したら私も辛いです。そして、君を守る資格を得るだけの魅力の無い自分を顧みれば、自らが引き裂かれる気持ちになります。寒気のたえない一続きの、冬の青空に願います。Yさんの幸せのためなら、私の命など亡くなり、星になっても構わない。」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ