nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

婚活! Yさんへ、無理をしてごり押ししたら、返事がきた!

婚活で音信不通になっていたので、無理をした結果、返事がきた。
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
お返事が全くできていなくて、ごめんなさい。

職場だけでなく、今、いろいろ考えることや、やらなくてはならないことが多くあり余裕がありません。


正直に言いまして、職場へあのような形で物を送られても困ります。
自分の身に覚えもないものが、自分の名前で、知らない電話番号と共に職場に送られてくる。問い合わせをしても、やっぱり全く身に覚えがない。あまりに怖くて、仕事に集中することに時間がかかりました。
受け取るに受け取れないものを、自分の名前であれば、身に覚えがなくても、なんだかわからず怖くても仕方なく受け取ったとともに、私自身、私物を職場に送るなどと考えたこともないし、同僚もそう思ったのでしょう。どうしたの?なに?と心配されました。怖いです。

私はお伝えしたはずですが、自分の意志でCATSを観に行くと決めました。
また、もう前のことになるのでお忘れかもしれませんが、マリーアントワネットが好きな友人とハプスブルグ展へは行くこと、その日程も調整済みでありました。なお、すでに行って来ました。
なのでなおさら、自分がおかしくなったのではないかとも思いました。でも、間違いなく注文するはずも、職場へ送ることもあるはずがないんです。


大変申し訳ないのですが、私はご想像頂いているような素敵な人間ではありませんし、自分の価値観のもと、観劇料はお渡しすると決めていたんです。お断りされようとも、自分が観ると決めたのに、お支払しないという選択肢は私にはなかったし、これからもです。
この時点で、価値観もものの見方も大きく違うのです。私たち。
そもそも、お付き合いを始める前の段階です。


確かに、男性のお給料で女性が生活していた時代もありました。
ですが、私は男性のお給料に全部頼る気もないですし、なにより、高給取りの男性だからといって、その方がモテるとは思わないのと、それだけで人を好きになったり、結婚の相手として見るわけではありません。


そうはいっても、今はただただ怖いです。それ以外に何もありません。
言い方がきつく感じるかもしれませんが、この先に…という未来は考えられません。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ