nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

心変わりの夜:婚活での葛藤と学び

7月24日の夜、池袋東口交番前でSさんとお会いしました。私は15分前に到着し、すぐに彼女と目が合いました。緊張感を感じつつも、服部珈琲舎へと誘いました。彼女は笑顔を見せつつ、うなずいてついてきましたが、どこか結婚への葛藤が感じられました。

茶店に入り、彼女は指定された席に素直に座りました。彼女の目は真剣で、私の話に耳を傾けていました。ドリンクやケーキを勧めましたが、彼女は控えめでした。初めは会話がぎこちなく感じましたが、気づけば午後9時を回っており、結構話し込んでいました。特に彼女の食品遍歴について話が弾みました。

彼女は学生時代から栄養士を目指し、現在は冷凍食品の会社で商品開発をしています。出張が多く、日本や世界の食品工場を訪れ、新規商品の試食や提案を行っています。休日には調理師専門学校で料理を学び直すほど、食品に対する情熱は強いです。ツヴァイのプロフィールには「美味しい店探し」「旅行(グルメ)」「料理」と記されており、話しているときの彼女の目は輝いていました。

彼女は食品について話すときだけ明るく元気になり、一緒にいることが楽しいと感じさせる満面の笑みを見せました。しかし、結婚後の生活を具体的にイメージさせるような質問はしてきませんでした。別れ際、彼女の目は寂しそうで、何かを見つめているようでした。

婚活を通じて相手の人生の一面に触れることができる一方で、それが毒になることも癒しになることもあります。私は婚活のスケジュールが密になり、慢性的な疲労や体調不良に悩まされていることに気づきました。

この記事の詳細な体験を通じて、婚活における心の葛藤や相手との関係性を描きました。これから婚活を考えている方々にとって、参考になる記事となれば幸いです。

関連記事
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ