nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

カサブランカ: 永遠の愛と大義の物語

概要

1942年11月26日に公開された映画『カサブランカ』は、第二次世界大戦中のフランス領モロッコの都市カサブランカを舞台にしたラブロマンスです。監督はマイケル・カーティス、配給はワーナー・ブラザースが担当しました。物語は、ドイツの侵略から逃れた人々がアメリカへの亡命を試みる中、酒場「カフェ・アメリカン」を経営するアメリカ人男性リック(ハンフリー・ボガート)と、彼の元恋人イルザ・ラント(イングリッド・バーグマン)との再会を中心に展開されます。

ストーリー

1941年12月、親ドイツのヴィシー政権支配下にあったカサブランカ。多くの人々が中立国のポルトガル経由でアメリカへの亡命を試みていました。リックは、かつての恋人イルザと再会し、パリでの思い出と共に再び過去の痛みに苦しむことになります。

イルザの夫であり、ドイツ抵抗運動の指導者であるヴィクトル・ラズロ(ポール・ヘンリード)は、脱出のための通行証を手に入れようとします。フランス植民地警察のルノー署長(クロード・レインズ)とドイツ空軍のシュトラッサー少佐がそれを阻もうとする中、リックはイルザとラズロの亡命を助ける決断を下します。最終的に、リックはシュトラッサーを撃ち、イルザとラズロを安全に逃がすために自身の愛を犠牲にするのです。

感想

カサブランカ』は、ファシズムに立ち向かう勇気と、個人の愛と大義の間で葛藤する人々の姿を描いた名作です。リックがイルザへの恋心と共に、世界の悪化を見過ごせないという大義を選ぶ姿は感動的であり、その勇気とユーモアは観客を魅了します。特に、日本映画の主人公にはあまり見られないタイプのキャラクターであるリックの姿が印象的です。

映画の中でリックが発する以下のセリフは、彼の皮肉屋な一面とユーモアをよく表しています。

「昨夜はどこにいたの?」
「そんな昔のこと、覚えていないね」

「いったい、なんだってカサブランカなんかに来たんだね?」
「健康のためさ。カサブランカの水のために来たんだ」

これらのセリフは、リックのキャラクターを深く理解するための重要な要素です。

音楽とテーマ

映画の中で使用される「時の過ぎ行くままに(As Time Goes By)」や「ラ・マルセイエーズ」といった楽曲は、物語の感情を一層引き立て、観客が感情移入しやすいものとなっています。特に、リックとイルザの再会シーンで流れる「時の過ぎ行くままに」は、彼らの過去と現在を繋ぐ重要な要素です。

結論

カサブランカ』は、個人の幸福と大義の間で葛藤する人々の姿を描いた永遠の名作です。リックの「君の瞳に乾杯」というセリフに象徴されるように、彼の男気とイルザの美しい容姿が、この映画を不朽のものとしています。婚活での出会いや恋愛に憧れる人々にとっても、この映画は大いに参考になるでしょう。


カサブランカ・最後の場面/ Casablanca Final
映画『カサブランカ』の魅力を堪能し、リックとイルザの愛と大義の物語に心を揺さぶられてください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ