nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

日比谷公園でのひととき:(ツヴァイ)出会いの新たなステップ

日比谷公園で池を見つめながら、一息ついていると、水面にいくつものゴミが沈んでいるのが目に入った。私はふと、ここで気分をリフレッシュしてから次の予定に向かうことにした。

ツヴァイでの初対面

ツヴァイの出会いセッティングサービスを利用し、初めての好感触を得ることができた。今回お会いしたのは28歳の女性で、私より10歳も若い。彼女の希望年齢から外れているにもかかわらず、思い切って申し込んでみたのだ。ソフトボール部出身ということで、野球部だった私と話が合うのではないかと思った。容姿も写真で見る限り普通で、期待が膨らんだ。

日比谷の支店での出会い

再び日比谷の支店で会うことになった。会話が途切れて気まずい雰囲気にならないかと心配しながら待っていると、彼女が到着した。その30分前、トイレに行く際に彼女とすれ違ったが、気づかないふりをした。その時、便器に座りながら考えた。容姿も悪くないのに、なぜアラフォーの私と会ってくれるのか不思議だった。翌日、いぼ痔になって病院に行ったのは、この時の無理が原因かもしれない。

彼女との会話

彼女は気だるい口調で話し始めた。「スーパーのことよく知っているよ。私の両親はスーパーで働いていたから。それにしても疲れたね。新橋からここまで歩いてきたから」。新橋から30分もかけて歩くのだから健康なのだろうと思ったが、だるそうな話しぶりから、この場に来ること自体が不本意なのかもしれないと感じた。

「写真はオランダで撮られたんですか?」と尋ねると、彼女は驚いた様子で「ディズニーシーを知りませんか?」と返してきた。私はディズニーランドにすら行ったことがなかったが、行きたいので一緒に行きませんかと聞くと、彼女は二つ返事で承諾してくれた。どんなことを頼んでも受け入れてくれそうな雰囲気は初めての経験だった。

30分後の進展

30分が経過し、電話番号を交換することに。彼女は少しだるそうにしながらも、番号を教えてくれた。外に出て東京駅までタクシーを拾おうとすると、彼女は「勿体ないから」と私の肩に手をやった。高架下を肩を並べて歩きながら、お茶をしようと誘うと、彼女は「任せる」と答えた。先に見つけた喫茶店に入り、メニューを選んでいると、隣の席で雑誌の取材が始まった。

ココアと豆乳の時間

彼女はココアを、私は豆乳を注文した。彼女の好きな本は『カシオペアの丘』、好きな映画は『泣くな赤鬼』で、backstreetboysの日本公演のチケットも予約しているという。好きなことを話すときの彼女の顔は輝いていた。

彼女との未来

三島由紀夫が好きで、ドキュメンタリー番組なら観ると言うと、彼女は少し険しい表情をした。トイレに行くたびに、彼女の表情が気になった。3度目に戻ると、彼女はバッグを抱えて帰ろうとしていた。

最後のひととき

会計を済ませ、東京駅までの道のりは、彼女と黙ったまま歩いた。悩み疲れているように見える彼女に、私は何も言えなかった。私のブログに書いた『蒋麗』のように、彼女との出会いが何かを変えてくれることを願っている。
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
以前の記事を元に、この出会いをより深く掘り下げてみました。私のブログ『大日如来参上』では、こんな日常の出来事も綴っています。ぜひ、ご覧ください!

彼女とディズニーランドに行ける日は来るのだろうか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ