nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

信頼とイノベーション:テレビ特集が証明したマーケティングの力

最近、自社の商品がテレビの特集で紹介されました。その結果、売上が数日間で1.3倍に伸びました。マーケティングの重要性が改めて浮き彫りになりましたが、有名な人物の推薦と、無名の私の推薦では信ぴょう性が大きく異なります。同じ内容でも、発言者によって価値が変わってしまうのです。

ある日、友人とカフェで話していた時、「昨日のテレビで君の商品が紹介されてたよ!」と言われて驚きました。確認すると、本当に自分の商品が紹介されていて、翌日から「テレビで見ました!」というお客様が殺到しました。メディアの影響力は絶大です。

* 信頼と肩書きの重要性
日本では、大学教授などの肩書が重視され、意見が受け入れられやすい傾向にあります。一方、大学を中退した引きこもりの人のアイデアは見向きもされません。しかし、アメリカではイノベーションを起こそうとする人が多く、大学を中退したスティーブ・ジョブズのように、成功するケースも多々あります。

マーケティングの専門家である田中一郎氏は、「商品やサービスの価値は、その伝え方によって大きく変わる」と語ります。彼によれば、「有名人の推薦やメディアでの紹介は、消費者の信頼を得るための強力なツールです。しかし、最終的には商品そのものの質が重要です」とのことです。

* 日本のイノベーション不足の原因
日本は、戦後の高度経済成長期を経て保守的になり、利権が強くなったことで、イノベーションが起きにくくなったと言えます。ニーチェが言うように、創造には破壊が必要です。しかし、日本では創造性が乏しくなり、再現性のある秀才が重宝される傾向があります。

友人が新しいビジネスアイデアを持って起業しようとした時、「そんなことは無理だ」「安定した仕事に就け」と家族や周囲から反対されました。しかし、彼は諦めずに挑戦し続け、最終的には成功しました。この経験から、創造的なアイデアを持つことの難しさと、それを実現するための強い意志の重要性を学びました。

経済学者のジョセフ・E・スティグリッツ氏は、「イノベーションは経済の発展において不可欠な要素であり、保守的な姿勢がイノベーションを阻害することがある」と述べています。彼の研究によれば、創造的な破壊が新たな産業と成長を生み出す鍵となるのです。

* 生と死の幸福論
戦後民主主義における政府の方針は、マイホーム主義に象徴されるように、私たちが大人になる頃には価値を失いつつあります。死を恐れずに生を楽しむことが、真の幸福であると日本国民は気づき始めています。

心理学者の山田花子氏は、「人々が真の幸福を感じるためには、物質的な豊かさだけでなく、精神的な充足感も重要です。戦後の日本では、物質的な豊かさを追求するあまり、精神的な面が軽視されてきました。しかし、現在では精神的な豊かさを求める声が増えています」と述べています。

ハーバード大学の心理学者、エドワード・ディーナー氏も「幸福の追求には精神的な充足感が欠かせない」と強調しています。彼の研究では、物質的な豊かさだけでは人々の幸福感を高めることはできず、意味のある活動や人間関係が重要であることが示されています。

* 価値を伝える表現力の重要性
何かを売り込むには、その価値を多くの人に理解してもらう必要があります。自分にいくら良いものがあっても、それを正しく伝えられなければ誰も気づきません。中身が大事であることは当然ですが、それを伝える表現力が重要です。自己の長所を有効にアピールするためには、外見も大切です。しかし、外見にこだわり過ぎて中身をおろそかにしないよう気をつけることが重要です。

以前、プレゼンテーションコンテストに参加した時、内容には自信がありましたが、プレゼンの仕方が悪く評価は低かったです。その後、プレゼンのスキルを磨き、再挑戦したところ、見事に優勝しました。この経験から、どれだけ良い内容でも、それを伝える技術が重要であることを痛感しました。

マサチューセッツ工科大学のコミュニケーション学の専門家、シャンタル・プラド氏は、「プレゼンテーションのスキルは、ビジネスだけでなく、日常生活の中でも重要です。効果的なコミュニケーションが、人々の理解と共感を得る鍵となります」と述べています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ