nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

婚活の現実と挑戦:新たな出会いへの道

3月2日(土) 新たな出会いとその裏側

ツヴァイ出会いセッティングサービスを利用して、清泉女子大学出身のIさんとお会いしました。2ヶ月で2人というペースは少し寂しいですが、それでも新しい出会いに対する期待感で胸が高鳴ります。30分間の対面での会話。最初は順調に進んでいたものの、途中から話題が尽き、沈黙が広がってしまいました。焦った私は、つい余計なことを口にしてしまい、彼女の心を閉ざしてしまったのです。

Iさんとの最初の異変は、入室時から感じていました。彼女は私の顔を見ようとしませんでした。会話が進むにつれ、彼女の好きな宝塚の話題でも盛り上がりませんでした。最後には「本日はありがとうございました」と挨拶しましたが、彼女はチラリと見るだけで去っていきました。どんなイケメンが相手でも、和泉さんは次の約束をしなかったでしょう。

忙しさと恋愛の両立

Iさんは中小企業に就職し、休みも取れないほどの忙しさに追われているとのこと。京都や奈良に行くことが多いそうですが、できれば海外に行きたいとの思いもあるようです。しかし、そんな余裕はないと言っていました。私もかつて中小企業で働いていた時期があり、休みがほとんど取れず、恋愛感情が枯れてしまうのを感じていました。忙しさは恋愛の大敵です。この話をするたびに、彼女の心が少しずつ開いてくるのがわかりましたが、連絡先は教えてもらえませんでした。

婚活の現実と挑戦

ツヴァイ池袋店の入口でスタッフに相談したいと話すと、彼女は泣きそうな顔をして「二度ありがとうございました」と言って帰っていきました。婚活を続ける女性、それも長期にわたる場合、男性以上の焦燥感があるのかもしれません。普段の生活では見えない鬱屈した心模様が垣間見えた気がしました。

掲載している写真を変更しようと、スタッフがスマホで私の写真を何枚も撮ってくれました。そのうちの2枚、立ち姿と座った姿をアップすることになりました。この2枚の写真が、新たな出会いへの一歩となることを期待して。

* 婚活の専門家の見解

婚活の専門家である佐藤久美子先生はこう語ります。「婚活は心理的に非常にストレスがかかる活動です。特に、長期間にわたる場合は自己評価が低下しやすくなります。大切なのは、自己肯定感を持ち続け、自分自身の魅力を信じることです。また、趣味や興味を通じて自己充実を図ることも、良い出会いに繋がります。」

婚活を励ます歌

婚活に悩むすべての人々に贈りたい一曲があります。それは、スピッツの「ロビンソン」です。歌詞にはこんな一節があります。「新しい季節は なぜかせつない日々で」と、変わりゆく日々の中で感じる不安と希望が描かれています。この曲を聴くと、どんな困難な状況でも前向きな気持ちになれるでしょう。

www.youtube.com

終わりに

この記事は過去に書いた内容を基に再編集し、新たな視点を加えています。実体験に基づいたエピソードを通じて、婚活に悩むすべての人に少しでも役立つ情報を提供できれば幸いです。新たな出会いに向けて、共に頑張りましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ