nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

風俗嬢にガチ恋をして、今のところわかったこと!

川崎のソープ嬢に恋をするなんて、理性の働きが弱いのではないかと言われそうだ。私も口は理屈をいくらいっても、風俗嬢という肩書をとれば、接客してくれている女性は、まぎれもなく生身の女性だから、やはり惚れてしまうと、病にかかったのと同じように、彼女に会うことばかりを考えてしまう。
他の人が書いた風俗嬢ガチ恋ブログを読むと、妻子もいるのに、すべてを捨ててもいいから、風俗で働く女性を優先にしか考えらないということが実際にあるんだとうなずいてしまう。奥さんにラブレターもプレゼントも渡したことすらないのに、一生懸命に花を渡したり、プレゼントにラブレターを添えて渡したりという行動をとり続けてしまう悩みがあり、もし風俗嬢がその気になれば、家庭を捨てても顧みれないだろうということから、世の中に不倫が絶えないのは、本能が求めていると、いくら理性を保っても、心も体も、特定の異性を求めてしまうからだろうという結論にいたっていた。
彼のブログは、風俗嬢にガチ恋した本人が、正常な判断を取り戻すまでのことを詳細に書かれているので、気になるところをピックアップして分析してみたい。
脳がドーパミンにより、冷静な判断ができず、本能のまま突き動かされたからというのが、彼の結論である。ドーパミンという快楽物質は、良いことを期待するときに出るということで、私も、彼女と一緒にいると、隠し事なくなんでもしゃべれて、彼女の話も、リアクションもすごく好きで、もっともっと話したいとあれこれ空想するところから、恋焦がれているのだから、この考察は正しいと思う。
恋に落ちたポイントの、恥ずかしがり屋のRさん、社内転職で異動する不安定な心境というところは、私の共通するところで、恥ずかしがり屋のRさんというのは、風俗嬢らしからぬ、一般人と感覚が似ていて、なぜ、これだけ共感できる女性が風俗で働いているのか? という興味から悩みに発展していくのだろう。また、不安定な心境というのは、12月、1月と仕事が過度に忙しくなる時期に、今年は人手がほとんどいないという不安から、何かに依存したくなっていたのは事実で、以前婚活で、介護職の女性に異常なほど恋した時も、12月であったことを考えると時期というのもあるだろう。
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

また、人形のように可愛い彼女を、吉原ピカソのオーナー工○は、4時間以上も泣き叫ぶ彼女に講習と称して性交し続けたという悲劇性も、私は彼女を守りたい、大切にしたいという思いに拍車をかけている。話していても、客商売というのもあるけど、根が優しく、口にすることが無邪気で幼く、せつない気持ちにさせるところがある。幸せな気持ちにさせるところが、彼女のリピート率が高い理由なのだろう。毎週のように、多くの男性と性行為を行っている女性に、好意を抱くというのは、正常ではないと言い聞かせる。しかし、マットプレイ、写メ日記も一切しない店を探しているとか、若いうちに早く稼ぐだけ稼いで上がりたいと考えているから、副業ではなく専業でやろうかと悩んでいたりとか、吉原ピカソのオーナー工○に、深夜から朝まで、中だしハメ撮り性交を受けたことが、かなりのトラウマになっていることとかが脳裏に浮かんでくると、彼女が幸せになって欲しいと心底思えて、また来月高いお金を払って会いにいかなければという気持ちになる。早い段階で卒業できないものか。1月になったら第一週にいこうかと考えているけど、くそ忙しい週なので、第2週にすれば、休みもあっていいのだが、その日まで待てそうにないのだ。
ただ風俗業界では、風俗嬢の言う8割は嘘だというから、彼女は結婚しているかもしれないし、彼氏と同居しているかもしれないし、私は夢を見ているだけかもしれない。以前、フィリピンの女性に恋をして、長期間、友達としてお付き合いしたことがあり、お金も多く渡したことがあったが、実は子持ちだったという事実を知った時は、愕然とした。平然と嘘をついても、お金のために堂々としていられるものだなと、女性不信になった経験がある。
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
それでも、水商売の、それもソープで働く女性に惹かれてしまうのは、私の年齢で、若い女性と一緒になることは不可能だとあきらめていたから、最後のチャンスにも思えるのと、この年齢で恋心を得られたことへの感謝もあるだろう。感謝の気持ちは、私の精神は古代ギリシャの精神に近く、パルテノン神殿にいる女神アテネを守り、愛を得るために、詩と音楽と体育にいそしんだ古代ギリシャの少年の哲学が、いままで私が歩んできた私の女性観のすべてであったと考えられるからだ。私はいつも愛する女性、恋する女性は、バーチャルのままで、それを自分が力強くいきる糧にするという発想以外、私は一度だって女性と現実に向き合って生きようとしたことがあるのか、いささか怪しいところだ。
年が明けたら、彼女に気取らず会いにいこう。自意識過剰になると、うまくいくわけないけど、他の風俗嬢を2人抱いてからいくと余裕がでるとか、出会い系サイトで他の女性とやりとりをしていると余裕がでる、必死感が伝わると、相手の女性は重たく感じて逃げるだけというのも納得であるが、駆け引きするつもりはない。ただ会いにいって、ありったけの愛でもって、話してみたいと思う。では、また、来月、来店した後の事情をここで打ち明けたい。
長文を失礼した。では、失敬!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ