nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

私と同じ志をもった先輩方達のブログです。こころの風景に興味があればポチッとお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

婚活! のしかかる相手の人生の息吹と迷い


7月24日(水)の夜7時30分に池袋東口交番前でSさんとお会いすることになった。15分前に着いたら、相手と目があったので、そのまま、近くの服部珈琲舎に招待した。一瞬笑顔になった後に、何度もうなずきながらついてきた。私の雰囲気に不満を持っているというより、結婚しようとすることへの葛藤が垣間見えるようだ。
茶店に入り、誘導されるままに、言われた席に不満の顔を浮かべることもなく、ただ座ろうとする。意思が欠けているように思えても、彼女の真面目に私の顔を見つめてくる目がそれを裏切っている。席についてから、ドリンクだけでなく、せっかく来てくれたのだからケーキはどうですか? と勧めても、食べようとしない。こちらが何かを話さないとすぐ沈黙が訪れる雰囲気であった。難しいかなと最初は考えたけれど、気づいたら、午後9時を回っていたのだから、結構話していた。ほとんど、彼女の食品遍歴についてだ。
婚活で出会う一類型に属するのだろう。今の独身の生活が満更でもなく続けていたいのだけれど、仲の良い友達が結婚したのを契機に、年齢からくる焦りも手伝って婚活を始める女性がいる。今の生活の幸福と結婚後の幸福のイメージを秤にかけて選ぼうとしている。しかし、彼女には、本質的に結婚への願望が薄い。突然、関係を切られるのは、この手の女性で、私は2度苦労した。2度目はこのブログの中で2度記事をあげたことがある。もし良かったら一読願いたい。
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

彼女の手放したくないものは、学生の時から栄養士を目指し、現在まで一途に築いてきた食品関係のキャリアであろう。
聖徳大学という女子大を出て、病院食を作る会社に就職したが、時間に追われる日々で、食品の商品開発をしたいと、サンドウィッチの商品開発会社に入り、数年経って、現在は冷凍食品の会社で、商品開発の仕事をしているということである。出張がしょっちゅうあり、日本、世界の食品工場に行き、新規商品の試食や提案を行い、最終的に商品化を行うか決める時が一番緊張するということだ。休日は、カルチャーセンターで食品関係の授業を受けたりしたけれど、遊びに近かったので、調理師の専門学校に行って、調理について勉強し直したと語っている。話題の料理があると、片道2時間かけて食べに行くこともあるという。ツヴァイのプロフィール:趣味関心の欄には、美味しい店探し、旅行(グルメ)、料理と書かれていた。食品について話しているときだけ明るく元気になる。そして、一緒にいることが楽しいという気持ちを満面の笑みで示してくるのだ。しかし、この類の女性は、私に微に入り細を穿つような、結婚後の生活をイメージさせるような質問をしてこない。たとえば、(ペットが欲しい女性)が動物は好きですか? どんなところに住みたいですか? 長期休暇はとれますか? 一人暮らしじゃないんですか?(困った顔)
その後、好きな本は? 好きな映画は? 葛飾区に住んでいるから下町のこと等を話しかけたが、あまり関心がないようだった。
JRの改札口の前でお別れする際、目が合った。寂しそうに私ではない何かを見つめているようだった。
婚活は、相手の人生の大きな一面に触れることができる機会でもあるけれど、それが毒になることも、癒しになることも、場合によっては傷を負うこともある。ここのところ、下痢が止まらなくなったり、いぼ痔になったり、慢性的な疲労にさいなまれているのは、婚活のスケジュールが密になっていることからではないかと考えている。

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ