nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

私と同じ志をもった先輩方達のブログです。こころの風景に興味があればポチッとお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

ツヴァイの婚活はキリがない!


「2週間の心変わり、ディズニーに行けず」
 の記事を書いてから、翌日に、ツヴァイの条件マッチングでコンタクト成立した相手とお見合いをすることになった。失恋している間もなく、次々と相手が紹介されるから、相手を選ぶことも、当初に比べると良くも悪くもゲーム感覚になってくる。効率良く、時短を求めて婚活サービスを受けるのはいいが、好きな相手を待ち伏せして交際を求める緊張感からくる酔いは少ない。
 今回のお相手はNさんである。彼女との連絡先交換では、携帯電話の番号が表示されていた。これは警戒心の薄いからか、より婚活に本気で早いうちに相手を決めたい気持ちからかにわけられる。
 新宿駅西口のヨドバシカメラの前で待ち合わせをした。時間通り彼女が表れた。携帯を手に周囲を見渡し、強い念がこもっているように眉間が隆起している。警戒心を表しているように思えた。
「初めまして、Mです。本日はお会いできて嬉しいです。カフェ巡りが好きということですが、どこかオススメのところがありますか?」
 Nさんの目は鋭くなった。この一言で怒りを買ったのだろうか?
 私に焦りはない。婚活をしていて、この表情に慣れている。満たされない思いからくる怒りの表情。失礼かもしれないが、泣き叫ぶ赤ん坊の苛立ち、そう考えている方が、女性と話しやすい。
 喫茶店に入り、席を決めるのにも、湧いてくる怒りを抑えるのが精一杯なようで、この先、会話が成立するのか不安になった。断られるのには慣れている。またかというだけだ。
 席についてケーキを勧めた。
「甘いものが好きなんですよね。せっかく来てくれたのだから、ぜひ頼んでください」
 Nさんは少しリラックスできたのか、顔の輪郭に沿って強張った筋肉が一斉に弛緩したように軽く微笑んだ。目は天真爛漫にきらきらしていて、口の結び方がペコちゃんのようで可愛いと思った。人生で苦労したことが多いのかもしれない。
 話していて笑うほどに、目を鋭くして見返してくる。大笑いした後に、おっかない顔をする。
彼女はアラジンが良かったということで、劇団四季のアラジンに圧倒されたからもう一度観ませんかと聞き返した。婚活では、誘いの言葉をさりげなく入れると良い。「今度、しましょうよ」という問いかけは、効果があるなと実感する。
 気になった点は、港区でルームシェアをしているということや、私がスーパーの店長をしていると思っていたことだ。私は鮮魚の現場で働いている3K労働者であるから、それだけで嫌がるかもしれない。
 私の勤める会社において、港区の売場に陳列するアイテムは、高級品しか置かないという方針がある。
「どこに住みたいですか?」
 この言葉が、住所に対する価値観の強さを表していなければ良いのだが……ポケモンマニアの前回の女に比べて、結婚後の生活を想像させる内容だから、本気で相手を求めていることが伝わってくる。
 喫茶店ルノアールのメニュー表をめくりながら、値段が上がった、メニューが変わったと笑顔で話している詳しい姿はステキであった。
 帰りもさっさと歩いて帰ってしまったから駄目だと感じたけど、後日、会えると嬉しいですと返事がきた。7月20日(土)にミュージカルか、気が重ければ食事に誘った。OKだったら嬉しい!
「2週間の心変わり、ディズニーに行けず」
 の記事を書いてから、翌日に、ツヴァイの条件マッチングでコンタクト成立した相手とお見合いをすることになった。失恋している間もなく、次々と相手が紹介されるから、相手を選ぶことも、当初に比べると良くも悪くもゲーム感覚になってくる。効率良く、時短を求めて婚活サービスを受けるのはいいが、好きな相手を待ち伏せして交際を求める緊張感からくる酔いは少ない。
 今回のお相手はNさんである。彼女との連絡先交換では、携帯電話の番号が表示されていた。これは警戒心の薄いからか、より婚活に本気で早いうちに相手を決めたい気持ちからかにわけられる。
 新宿駅西口のヨドバシカメラの前で待ち合わせをした。時間通り彼女が表れた。携帯を手に周囲を見渡し、強い念がこもっているように眉間が隆起している。警戒心を表しているように思えた。
「初めまして、Mです。本日はお会いできて嬉しいです。カフェ巡りが好きということですが、どこかオススメのところがありますか?」
 Nさんの目は鋭くなった。この一言で怒りを買ったのだろうか?
 私に焦りはない。婚活をしていて、この表情に慣れている。満たされない思いからくる怒りの表情。失礼かもしれないが、泣き叫ぶ赤ん坊の苛立ち、そう考えている方が、女性と話しやすい。
 喫茶店に入り、席を決めるのにも、湧いてくる怒りを抑えるのが精一杯なようで、この先、会話が成立するのか不安になった。断られるのには慣れている。またかというだけだ。
 席についてケーキを勧めた。
「甘いものが好きなんですよね。せっかく来てくれたのだから、ぜひ頼んでください」
 Nさんは少しリラックスできたのか、顔の輪郭に沿って強張った筋肉が一斉に弛緩したように軽く微笑んだ。目は天真爛漫にきらきらしていて、口の結び方がペコちゃんのようで可愛いと思った。人生で苦労したことが多いのかもしれない。
 話していて笑うほどに、目を鋭くして見返してくる。大笑いした後に、おっかない顔をする。
彼女はアラジンが良かったということで、劇団四季のアラジンに圧倒されたからもう一度観ませんかと聞き返した。婚活では、誘いの言葉をさりげなく入れると良い。「今度、しましょうよ」という問いかけは、効果があるなと実感する。
 気になった点は、港区でルームシェアをしているということや、私がスーパーの店長をしていると思っていたことだ。私は鮮魚の現場で働いている3K労働者であるから、それだけで嫌がるかもしれない。
 私の勤める会社において、港区の売場に陳列するアイテムは、高級品しか置かないという方針がある。
「どこに住みたいですか?」
 この言葉が、住所に対する価値観の強さを表していなければ良いのだが……ポケモンマニアの前回の女に比べて、結婚後の生活を想像させる内容だから、本気で相手を求めていることが伝わってくる。
 喫茶店ルノアールのメニュー表をめくりながら、値段が上がった、メニューが変わったと笑顔で話している詳しい姿はステキであった。
 帰りもさっさと歩いて帰ってしまったから駄目だと感じたけど、後日、会えると嬉しいですと返事がきた。7月20日(土)にミュージカルか、気が重ければ食事に誘った。OKだったら嬉しい!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ