nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

私と同じ志をもった先輩方達のブログです。こころの風景に興味があればポチッとお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

ツヴァイ婚活4人目

f:id:nyoraikun:20190529151532p:image

 4人目の女は、これまた婚活アプリYOUBRIDEによるものだ。ツヴァイにくる女も男と同じく10万円近くを払ってツヴァイに入会している。そして、女性の学歴や年収をみても平均より高く、真面目に生きてきて恋愛経験が不足している分、男性に求めることが高いと考えた。年収も社会的地位も低い女性が集まっているところは、相談所ではなく婚活アプリである。私の年収は450万円ぐらいなので、ツヴァイより楽天オーネットの方が良かったのかもしれない。

 地元の市川駅に来て欲しいということで行くことにした。小説を読むのが好きで、最近は小説を書き始めたということだった。市川由衣に似ている、学生の頃、海外留学をして、ネイティブと間違えられたという自信をほのめかせている書き込みがあったから、高慢なお嬢さんを想像していた。

 多摩センター駅の近くに住んでいる私は、千葉県の市川駅まで2時間ぐらいかかる。夕方の16時からは、ツヴァイのセッティングサービスで5人目の女と日比谷店で会うことにして都合を良くしておいた。午前10時に市川駅に着いたので、待ち合わせの11時30分まで駅前の喫茶店で休むことにする。今日からはヴァーベナの香水をつけることにした。婚活セミナーの講師から、アラフォーの男性は、首回りが臭いからつけた方が絶対にいいという話を聞いた。口臭もマズイから緑のブレスケアをつかうようにということ、食事した後はリンゴジュースを飲むということ等を取り入れることにした。

 びゅうプラザの前で待っているとメールが入る。会うと、35歳というだけあって、厚化粧で顔が白くはなっているが、目鼻立ちは整っていて美人ではある。けれども、性欲が強く刺激されないのは、痩せすぎて不健康な印象を受けるからだろう。

はじめまして、お会いできて嬉しいですと話かけた。か細い声で、ええと応えた。幽霊のようで存在を感じられない。覇気がない。彼女の好きでおすすめの映画、『めぐり合う時間たち』の世界にいるような夢うつつのような気持ちにさせる。お話できる場所に喫茶店なんかを考えているけど、ここ辺り詳しくないのでオススメの落ち着ける場所はありますか? と聞いてみた。ファミレスならと力ない声で歩き始めた。私が彼女の横顔をちらと見ると、何?と好奇な目を向けられていることに不快感を示した。市川駅の南口を出ると、大きなマンションが両サイドに2棟建っている。左手の狭い道を歩いていくと、少しの坂道にもエスカレーターが備えられている。迷路のように入り組んだところを右に左に行くと見慣れたサイジェリアの看板があった。

空いているファミレスは、ルノアールなどの喫茶店よりプライベートの会話がしやすい。着席して天気、普段の仕事の内容、休日は何をしているかとありふれた話題を終えると急に話すことがなくなった。沈黙がテーブルの上を占めると、何度も水を飲んでいたことで、トイレに行く回数が増える。最近読んだ海外の本に、真にモテる男はCCRだと書かれていたのを思い出した。褒める、思いやる、安心させるという3つを忘れるなという内容だった。それを実行した。

「お綺麗ですね。女優のようですね」

「学生の頃、海外留学されて現地の方達と自然に話されていたというのは、凄いの一言ですよ」

「腸閉塞で入院されて大変でしたね。お仕事は、えっ週2回リハビリも兼ねて働かれているんですか? 無理しないでください。鹿児島から出てこられたそうですが、兄弟姉妹はこっちにいないのですか?」

「従姉と一緒に住まわれているんですね。実のお姉さんは大阪にいて結婚されているんですか。恐竜好きのお子さんだったら、恐竜ショップに行きませんか? お子さんに買ってあげたら、一生忘れないでしょう」

気付いたら4時間も経っていた。以前、婚活アプリで出会った人は、30分もしないうちに、僕は君のような美人の女性は難しいと思うという言葉を残して会計を済まし、店を出るなり走り出したというけど、その気持ちが解る気がした。私が婚活市場でモテるなら、そうしていたかもしれない。数多く振られた中で、稀にお会いしてくれた人だから有り難いのだ。

小学校の頃から、みんなと交わるより、図書館に行って本を読んでいるタイプである。おかしいというより、極度に内向的な女性であった。

 まだ話したそうにしていたが、仕事の理由で市川駅を後にして、日比谷に向かった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ