nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

青梅亀の井ホテル再訪〜インフレ社会に想うこと!

f:id:nyoraikun:20230720214017j:imagef:id:nyoraikun:20230720214020j:image

今、現在、青梅にいる。亀の井ホテルに、両親を連れて再度訪問である。前回に比べると、とても食事が美味しく、ご飯のお替わりにお金がかかることに父親は不満の意を表していたが、私は料理のどれもが美味しく、食べ過ぎることもなく、満喫できた。
21時前にロビーで、このブログを書いている。今、素泊まりの客が入ってきた。泊まるだけで、翌日、この近くで仕事があるのだろう。ただ、帰るだけなのかもしれない。新宿歌舞伎町のホテルで先日1泊した時に、普段と違う楽しさがあった。少し、環境を変えただけなのに、何か楽しい。
青梅といえば、レトロを売りにしている。青梅駅近くの商店街は、レトロ一色だ。
歩く人が多くなれば、それが道になるとは魯迅の言葉である。多くの人が訪れてくれることで、街の経済が潤い、発展する。あたり前のことであるが、東京で生活していると、まちおこし、村おこしの切実さを忘れるが、青梅のレトロも、その一貫であろう。
父親が22日で88歳になる。100歳の祖母をみると、まともに話せず歩けずだから、あと4、5年で急速に老化が進むのだろうか。怒りっぽく、いつも激していた部長が、定年退職して会うと、別人のように老けていたことを思い出す。やりがい、生き甲斐があると、若々しいけど、人間の体力も、心の持ちようだけではどうしようもなく、老化していくのは、見かけは若くても、卵子は年相応に老化するのと同じことだ。
男性の生殖能力が、一生続くのに対して、女性は、数限りがあるとは、不思議なことだ。神はいかにして、この地球上にある生命体のからくりを創ったのか?
それにしても、亀の井ホテルの食事は、とても美味しかった。父親は不満そうにしていたけれど……かんぽの宿の頃は、ご飯はお替わり自由で、もっと品数があったことは覚えている。歌舞伎町の東横インのホテルにしたのは、素泊まりで1万円をきるところが他になかったからだ。どこも1万2千円を超えていたから、ホテル業界も、光熱費の値上がりで厳しさを増しているのだろう。インフレの世の中で、今までの金銭で得られる対価としてのサービスは、感覚としてもかなり低いものになっている。そう考えると、今日の夕食は、コスパの良いものに思えるのだ。父親は不満そうにしていたけれど……
話頭を転じるが、今、勤めている会社の業績が良くないから、給与も歩合制度を取り入れるそうだ。よっぽど、活躍しないと、給与が上がらないようになっている。残念である。私の勤めている会社のやり方は、まさに昭和で、軍隊のような縦社会、上で発した命令は、下で終わるというような規律性を武器にしたやり方で、繁栄したけれど、それだけでは、勝てなくなってきているのに、いまだに昭和的な風土が根強い。
Z世代の若者は、仕事を選ぶ理由に、お金よりも社会貢献を考えている統計がある。それよりもっともっと若い者が、選挙権をもつ時代になれば、国会議員の顔ぶれも大きく変わり、国会を通る法律の内容も変わり、ルールが変わり、社会構造そのものが、抜本的に変わってくるであろう。それを無視して、我を通しても商売はうまくいかない。
明日は、亀の井ホテルのバイキングだ。朝食はどうだろうか?

職場で妊活する女性について考える!

私の勤務先はスーパーであるが、この度、上長からは異動が近いうちにあると報告を受けた。今後、私はどういう扱いを受けるか不安である。左遷に近ければ、文学作品を沢山読めるし、シナリオも捗るから、そっちでもいい感じがする。
そんな時、パートできている32歳の女性から相談を受けた。普段にない真剣な表情で聞いてくるから、私は不安になった。彼女ともう一人のパートできている男性が、部門責任者の私として、頼みの綱であったからだ。今、辞める理由を述べられても、大丈夫だと言い聞かせても、いつ異動するかがわからないのであって、不安が募ってくる。もし、異動がとりやめでも、彼らがいればやりたいと考えていた。その場所を失う恐れもあった。何故、それほど恐れるかは、他部門と兼業で、週に2度くる境界知能の五十路の女性が、自部門にきてしまうことからきている。境界知能の労働力は、かなり低い。得意なところで時間を稼がせることができず、全般的に能力が低いため、一緒に働くと、仕事の負担が増えるだけでなく、皆の士気の低さにつながってくるから余計に質が悪い。
相談の内容は妊活ということだった。夜のうちに医者から連絡が入り、明日病院に来てくれと言われることが、ひと月のうちに2日はあるそうだ。そうした場合、シフトに混乱をきたすから、相談にきたということで、私はもうすぐ異動だということもあるが、納得したようにうなずいておいた。異動だって確定したわけではない。理由があって、残り半年いることがないわけではない。
不妊治療は女性の心身に大きな負担をかけるというし、結婚していない私としては、それだけで羨ましく思えるけれど、当事者になれば、得たいのしれない不安や恐れ、孤独、憤りに襲われることもあるらしい。
不妊というのは、いったい何が原因なのだろうか? 年齢が32歳というのは、生理的にみれば高齢である。26歳から出産の確立がガクンと下がるというのが医学会の通説であるが、女性の社会進出で、結婚適齢期が上がり、不妊に悩む女性が多くなっている現実はいなめない。結婚適齢期が上がっても、妊娠適齢期は同じままなのだ。
私が婚活で相手した女性は30代前半がほとんどであった。その多くが、実際は結婚を望んでいたよりも、本来は好きなことをしたかったのにという内容で、私は相手にする女性を間違えていたのかもしれない。私の当時の年齢が35歳だったというのが、そして、社会的地位やお金で女性を魅了するだけのものではなかったということが、原因だったのだろう。もっと早く、若い女性に出会っていれば、結婚だってできただろうに、私ももっと自分の好きなことをしたいという気持ちが大きすぎて、婚期を逃した1人であるのには変わりない。
精子提供を望む女性に1度会ったことがある。結婚して男性と一緒にいることは苦痛であるが、子供だけは欲しいという女性だった。私の頭皮が薄いことの怒りを覚えたのかもしれないし、なんとも言えない。ただ会うことは会ったのだ。もう一つ、メールでやり取りした女性がいる。旦那が原因で2人目ができないという、金持ちの奥さんだった。横浜のホテルで会いたいという連絡があったきりである。親元から通う私としては、行動に自由がないから、タイミングが今だというときに呼び出されても、難しいし、現実的でない。
不妊治療で子供ができず、旦那と同じA型の男性の精子を望む45歳の女性がいた。お産をするのに相当難しい年齢でありながら、子供を欲しいという切なる願いには、花火のようにはかない人生の心の深奥からくる火花に触れるようで、夏祭りのあとの暗闇に、線香花火の光が灯される寂しさが伝わってくる。
32歳のパートの女性Aさんは、子供を授かることになるのだろうか? できない場合、6歳も若い旦那との未来はあるのだろうか? すべて他人事に過ぎないけれど、考えさせられるものがある。
子供もいない私は、今後何のために生きるだろう。1度死んだ命だと考えて、この一個の命を、世のため人のために利用してみたらどうなるのだろう。

境界知能の部下と、堪えられない日々!

NHKの『ケーキを切れない非行少年達』を動画サイトで観た。職場にいる境界知能らしき人に酷似していて、そのリアルさに気味の悪い思いがする。好きな男性が、親友の女性と付き合っていることを、誰もが知っているのに、主人公の高校生の女性は、知らずにいて、皆が驚く場面など、認知機能の弱さが実に表れている。体育の授業中にも、あまりにも身体の動かし方が不器用で、周りの生徒が爆笑しているところも、作業の不器用さと通じるところがあり、うなずいてしまう。物語は境界知能の主人公に同情を誘うように作られている。頭の弱さから、彼女が人生が、大きく狂わされていく。自分の赤ちゃんを抱いて、赤ちゃんのかわいらしい無垢の笑顔をみて、「あなたに母親は無理だから、お別れの挨拶をしなさい」と実の母親に告げられるところなど、胸に迫るものがある。私も境界知能の部下がいなければ、この事実に同情し、社会問題だと義憤に駆られていたかもしれない。しかし、当事者を経験するとそうはいかない。
仕事には責任があり、私が6割し、部下が4割の仕事をすることで1日の仕事を終える場合、部下が2割しかできなければ、私が無理であっても、8割の仕事をしなければいけないのだ。民間はコストをぎりぎりまで削り、コスパ、タイパを上げて、生産性を上げていくことが求められる。その成果を上げることができる者の評価が高いのであって、境界知能の彼女を部下に持つことは、もの凄く苦しい。
朝も1時間サービス残業をし、終業してからも1時間のサービス残業をして、なんとかしのいでいるという感じだ。もうすぐ私も異動らしく、この先、彼女と他の従業員を組ませたら、必ずトラブルが起こるであろうけれど、対処のしようがないものなのだ。私が彼女を活かす努力をしていても、彼女はその事実をどう考えるかなど、認知に期待すること自体間違いなのだろう。きっと、ゆがんで解釈しているだろう。それでもいいのだ。
僕が僕であるために、君が君であるために、私は自分で考えて最適解を信じて、今日までの1年間、付き合ってきたのだから……明日も彼女と仕事だ。それでも犬の糞を飼い主が拾っても当たり前というように、褒められもしないことに、頭を悩ませる日々はまだ続いてゆく。

韓国現代劇『黄色い封筒』を吉祥寺シアターで観て!

f:id:nyoraikun:20230709145435j:image

7月6日(木)19時~20時50分、吉祥寺シアターで、韓国現代戯曲『黄色い封筒』を観てきた。シナリオセンターの人は2000円安く3100円で観られる。観客は超満員であった。
韓国の労働条件の悪さから組合活動に身を投じている人達の話で、自身の生活から、会社の要求に妥協して、過酷の労働に従事している者と、組合員との関係性も描かれていて、その心理の綾というものは、面白いところがあった。しかし、テーマが、日本でいう小林多喜二の『蟹工船』や『セメント樽の手紙』の労働条件に近い内容で、いまいち感情移入できない。芝居のクライマックスで、組合活動に消極的で浮いた存在だった男が、主人公と共に、労働条件改善を訴えて、高空籠城するというのには、自在錯誤の印象しか抱けなかったのは、私だけではあるまい。高空籠城とは、煙突などの誰もが目にする高いところに登り、旗を掲げ、労働条件の改善を訴える労組の手段というのだが、それほどまでに、韓国の社会の下層において、社会保障が行き渡らないほど、追い込まれているのかと思えるほどだ。2017年の韓国国内の芝居ランキングで4位というのだから、これを観て心打たれる韓国人が多いというのは驚きだ。
レイラ・スリマニ『ヌヌ完璧なベビーシッター』がフランスの現代文学で話題の作品だからと読んだ時には、東京郊外のスーパーに勤める私がいつも目にする、保育園に子供を預けて、働きにくる女性達の課題と全く同じだろうと考えさせられる内容であったし、フランスのパリの郊外における課題と、東京郊外における課題とは、似通ったものになっているのだろう。私の求めている芸術は、私が現実に向き合おうとする上で、参考になるかどうかであると最近わかってきた。やはり、私にとっての関心は今にあって、この現実にあるんだと考えている。哲学では実存というのかな?

仕事が出来ない人と働くということ

f:id:nyoraikun:20230704153315j:image

スーパーマーケットで働いていると、いくらでも頭の足りない人が入ってくる。副店長の面接一つで、合否が決められるし、ほとんどは挨拶がまともに出来るだけで合格なのだ。その安易に誰でも働ける環境で、一番割を喰う部門が鮮魚だと思う。
新入社員の配属先を決めるのに、オリエンテーションの時に、一際、高い声で話している女性がいたとする。笑い方も豪快で、本社勤務の社員が見ていることもお構いなしだ。
その後、配属先の話し合いが行われるのだろうけれど、おそらく、グロサリーや青果のような、人をまとめて成果を上げていくスキルよりも、手に職をつける形で、店や会社に貢献していくようなコースを用意してあげようということになると、鮮魚になる。
店にパートに来られていく方の中にも、店長やチーフの言うことはよく聞くのだが、何か覚えが悪い。他のパートとうまく関係が築けない。首にするには、情が邪魔する場合、連れてこられる場所は鮮魚になるのだ。鮮魚は、手作業がいちばん多い部門であって、商品の種類も少ないことから、地頭も大事であるが、何よりも動作の機敏さが求められる。他部門に比べて人の数も少ないことから、他の影響を考えた時、店長の目からみて、都合の良い部門になるのだ。店や会社のセーフティネットと言えなくもない。
私は現在、小型店で働いている。鮮魚のパート2人がとても頼りになる。しかし、そこに週2度、境界知能らしき50歳の女性パートタイマーが働きにくるのだ。全然、駄目である。あらゆる作業に一般人の倍は時間がかかる。彼女のスペックは、一般人の半分である。
私はこれから異動するにあたって、パートだけで鮮魚部門がきちんとまわるようにしておいてくれと言われている。しかし、4人のうち2人の労働力が1+1=2として、他は0.8、0.5とすると、1+1+0.8+0.5=3.3人分だから良いとならないところに、この0.5の彼女が及ぼす影響があるのだろう。
私は1人前の仕事をする彼ら2人の士気、意識を下げないために、境界知能の彼女をからかった。多少、馬鹿にする態度をとった。2人は嬉しそうに喜んでいた。
その後、境界知能の彼女は、私のところにきて、明後日は午後から、レジに入らないといけないから、13時までしかできないと言った。私は13時まででも長いと思ったが、短くなる分には一向構わない。了承をしたけれど、良く考えると、彼女の手かもしれない。彼女は早朝勤務はその日できないということを暗に示したのではないか?朝出社した私が、ふいをつかれて、シンドイ仕事をさせて、彼女自身の価値を示そうとする時に、バックレ同然のやり方を今までいくつも他部門でしてきたことを知っている。苛々するね。パート同士で運営する部門を創ることは、たった4人でもこんないも難しい。
私は悩めるストレイシープでした。

シナリオセンター第3課題 迷える男をシナリオを書け!

  人  物
 今宮修司(44)スーパーの店長
 山下信子(41)スーパーのパート
 PT      スーパーのパート名称






〇スーパー・従業員通路
   今宮修司(44)をグロサリーのパートナー3名が囲んでいる。
PT1「山下さんが急に怒り出しました。私達の倍ぐらい時間かけて荷出ししているから注意したのですけど、それぐらいで烈火のごとく怒るなら、これからは一緒に仕事はできません。」
今宮「販売部長にも境界知能と説明してある。仕事に慣れていないところがあるから、もう少し様子をみてみよう」
PT2「店長は好きなんですか」
今宮「えっ?」
PT「私達とは違うなって」
今宮「好きって言われても……、明日にでも彼女と話してみよう」
   卑屈な笑みを浮かべていたが、パートナーが去ると、深刻な顔になる。
〇ホテルの一室(夜)
   山下信子(41)と今宮が一つのベッドで仰向けになっている。
信子「パワハラだわ。あの人達と1ヶ月できるだけでも大したものよ」
今宮「何とか頑張ってくれよ」
信子「それより、この関係もそろそろやめたいわ。他にもいい男をみつけたの」
   今宮の脳裏に、辞めさせてもいいという部長の顔や姿が大仏となって浮かんでくる。

シナリオセンター第2課題 身辺雑記

   人  物
 
 山上信二(38)コンビニの店長
 赤城美帆(30)美容師、山上と婚活サイ
         で出会う。





〇自宅の部屋(夜)
   棚の上にはディズニーシーのガイドブックとバーベナの香水が置いてある。
   山上信二(38)は、ディズニーの缶からクッキーを取り出して口にいれる。
   ロダンの考える人のような恰好で、クッキーを咀嚼しながら、思いつめた顔をする。

〇ディズニーシーの湖が見えるベンチ(昼)
   赤城美帆(30)がトイレから戻ってきて、ベンチに座っている山上の隣に腰掛ける。
   山上は頼まれたリトルグリ―ンまんを黙って差し出す。
美帆「これ食べたかったの。ありがとう。 
本当に良い人に巡りあえて良かった」
   美帆は、満面の笑みを浮かべる。
美帆「婚約者には社債に入って欲しいから」

〇ディズニーシーの湖(昼)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ