nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

私と同じ志をもった先輩方達のブログです。こころの風景に興味があればポチッとお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

婚活! 初めての感触!上手く逝きそう!


婚活でお見合いを繰り返せるだけ幸せなんだと近頃思えるようになった。愛する異性を求めてさまようほど、動物にとって幸せなことがあるだろうか? 心身共に健康であるから出来ることなのだ。そして、まだ私のプロフィールを見て、一度会ってみようと思う女性がいるということだけでも嬉しいではないか。
 この度、とても好意的な女性に出会った。初めて会う前のメールから、映画や文学についてのお話を聞けることを楽しみにしていますと、たいそう謙虚に出てくる。よほど容姿に恵まれない女性に、この手のタイプが多いのだが、プロフィール画像を見る限りは綺麗だ。
 モノレール立川駅北口階段下で待ち合わせる。私の前にきて、待つ姿は、緑のワンピースに白のカーディガンが、真夏の青空と合っていている。目鼻立ちがしっかりした顔をしている。綺麗だと思った。
「Sさん、お待ちしておりましたか? 私はIです。今日はお会いできて嬉しいです。」
 と話掛ける。笑顔の後で目を大きくして厳しそうな、挑むような、睨むような表情を浮かべる。
「食事はされましたか?」
「まだしていません」
 食べましょうということになった。最初はカフェで終わりというのが多い中で、食事をすることになった。
 伊勢丹ビルの最上階がレストラン街になっていて、カフェ兼洋食レストランのお店に入った。彼女はオレンジジュースとドリアを、私はゼリーケーキとジンジャーエールを頼んだ。
 大学を卒業して老人ホームに10年勤めている彼女は、始終、真剣な顔を向けてくる。話題が詰まると、困ったという気持ちになるが、彼女は動じずに、じっと力強い目を私に向けてくる。
 学校のこと、兄弟のこと、好きな食べ物、旅行した場所と感動したこと、とにかく何でもいいから質問をして、話を膨らませる努力だけをしている感じだった。私が話すのをやめると、すぐ沈黙が待っていることがわかる。間が持たないではないか。
 以前、メールアプリYOUBRIDEで千葉県の市川駅まで会いに行った女性も、ずっと黙っている人であった。言葉によるコミュニケーションにコンプレックスがあるタイプか、ほとんど気にせずただ単に無口なタイプか二通りあるが、彼女は前者で、コンプレックスになっていると思った。男性との付き合いが会話によって成立しないことがあったのかもしれない。
 自分から帰りたいそぶりを見せては駄目だ。Sさんを傷つけてしまう。しかし、14時に会ってから、気付いたら17時を回っていた。彼女が腕時計を気にする。
「行きますか?」
自然な流れで話しかけたつもりだった。この後、食費は私が出したのだが、怒った顔をしているだけだった。駅までの道も先にさっさと歩こうとする。けれども駅の改札口で挨拶すると可愛くはにかんだ。

この度の話の内容
キャッツのミュージカルが観たいというから、夜勤明けの14日(水)の夕方だったら大丈夫という話になった。調べたら昼の公演である。16日以降の予定が私の方で出ていないから、また今度メールするということにすると、気が変わって駄目になる場合がある。女性の心と秋空は変わりやすいという。それで急遽、14日(水)にアラジンのチケットを取るから行きましょうという話で決着した。日本食が好きだというから、懐石料理でも食べましょうか? と持ちかけた。
夏休みのことを聞くから、とれたら一緒に旅行でもしましょうと話し掛けると、顔を少し紅くしてうなずいてくれた。これだけの手応えは初めてである。
学生の頃、北海道の動物園に行き、アライグマやペンギンを観てきたこと、3年前に友達と広島の厳島神社に旅行したことを話してくれた。必死に話題を膨らませようと努力して、感触は必ずしも良くはないが、何故、彼女は受け入れてくれるのだろう。私のどこをみて、いいと思ってくれたのだろう。会話が100%上手くいっても駄目なものは駄目なのだろうか? 
 動物園にいるやもめのゴリラにつがいのメスを連れてきても、匂いを嗅いで、興味を持たないとそっぽを向いてそれっきりという話は聞いたことがある。男女の惹かれ合う感覚はそれに近いのかもしれない。認めたくないけれど、知的に異性を選択しようとすることはナンセンスであるのかもしれない。
 アラジンを観てから、食事をして、結婚前提で付き合って欲しいと告白をしてみよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ