nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

上司と部下の信頼比率のカギは親心にあり!

 f:id:nyoraikun:20191127103714j:plain
スーパーの鮮魚売場で働いているが、チーフから今日の仕事における問題点を指摘された。そして、くどくどと説教をされる。チーフ業務をする上で自分が大切にしているのは、心技結だそうだ。部下、上司、顧客との心の触れ合い、鮮魚の商品化技術、そして結果を出し続けなければならないということ。とてもいいことを言うけれど、パートナー、担当者は、チーフである彼に言われると、皆、カチンときてムスッとしている。
 前任のチーフは彼よりも、怒ったり怒鳴ったりすることもあったけれど、むかついたりする態度をとる者が少なかった。私もそれほどムカつかなかった。それは、皆にそれぞれのポジションを与えて、指導を行っていくやり方をしていたからだろう。とにかく腹をくくって部下を信頼して業務を任せていたから、それに応えられないという想いからムカつかないのだ。
現在のチーフは、任せることをしない。すぐ不安になって、自分の責任だから自分でやるんだと仕事をいつも抱えている。やってやったから、罰金300万だと口にして歩いている。
いいことを話していても、実際は、ハロウィンの時期に、自宅から仮装の被り物を持ってきて、部下におかしな恰好をさせて笑っている。自分は、ディズニーランドにしかないプレミアなバンダナをして、船長のような立派なマントを羽織り、俺を今日はキャプテンと呼べと偉そうにしている。私にはミニオンをかぶって、来るお客に「バナーナーバナーナー」と言えよと命令してくる。
 ここには親心がない。親が子に笑われる格好をさせたいと思うだろうか?
 上司が部下に厳しく言って効果があるのは、上司の親心が部下に伝わっている比率によるのだ。

閲覧注意!!驚愕映像!速見コーチ宮川選手への暴行現場映像公開
宮川選手が暴力を受けている被害者に見える。しかし、速水コーチの親心、這えば立て、立てば歩めの親心というものが、選手に十分に伝わり、その信頼関係があるから許されるんだ。
今後、速水コーチが電車の中で痴漢をして捕まった、フィギュアスケート選手のパンチラ写真が数千枚自宅から押収された、違う選手に溺愛して宮川選手を顧みなくなった等の裏切り行為があれば、これまで積み上げた信頼関係がいっぺんに崩れるだろう。

青梅かんぽの宿 で日本シリーズを見てわかったこと!

両親と青梅のかんぽの宿に泊まることになった。一年に数回は、我が家の別荘だと父親が言う通り行くことにしている。朝晩と美味しい食事が出ることが楽しみであるし、ちょっとした気分転換になるから私も嫌いではない。八王子の自宅から車で1時間もせず着くことになる。
f:id:nyoraikun:20191024190850j:plainf:id:nyoraikun:20191024190910j:plain
f:id:nyoraikun:20191024190939j:plain
f:id:nyoraikun:20191024191031j:plain(風呂の窓から見た景色)
f:id:nyoraikun:20191024191111j:plain(夕食、鰈の焼き物が美味しかった。ハゼの天ぷらを抹茶塩で食べたが、メチャクチャ美味い。写真には天ぷらがないけれど、別口で頼むと良い)
今回の旅行で母親の元気がない。理由は、布団だと腰が痛いからだ。母の背中は年々くの字に曲がっていく一方である。寝返りを打つたびに痛いとうめいている。
「美味しかったよ。ありがとうね。長生きできそうだよ」
という言葉も、どこか寂しそうで、先が長くないかのようで、ふと涙がこぼれそうになった。
新聞屋の巨人が、ITのソフトバンクに負けたことがショックであったのかもしれない。金にものを言わせて選手を搔き集める金満対決であった今年の日本シリーズ! 私が20年前の高校生だった頃、通勤電車で新聞を読んでいるサラリーマンを沢山見かけたけど、今は、ソフトバンクがシェアのトップを誇るスマートホンを見ている人が圧倒的だ。新聞を売るというより、コンテンツを売る時代になっている。新旧交代をこれほど示した闘いはないだろう。両親はパソコンが一切できない。病院の予約も電話でなければできないと抗議するぐらいだ。常々、アナログの人間だからと嘆いている。
日本シリーズが坂本の三振で終わり、お通夜のような部屋を後にした。1階ロビー横の休憩所で、円城塔の『エピローグ』を読む。f:id:nyoraikun:20191024192916j:plain
11月4日(月)文化の日に、私は以前、立川で会った文学好きの女性と会う。彼女の勧める本がエピローグなのだ。
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
内容は支離滅裂という印象を抱いた。人工知能が人類のはるかに追い越した未来の様子を描いているというのだろうか? それを既存の言語で表すことは不可能であるのに、あえてそれに挑戦する姿勢が評価されたにすぎず、これを文学と言えるのは甚だ疑問だ。
円城塔安部公房に憧れている。安部公房も同じ理系の作家であり、思考実験の小説といったところも同じだ。しかし、なわばり構造を克服することが言語の力で出来ないのかということ、他者との通路の回復は出来ないのかということを、オリンピックで勝てば自国の国旗があがるという国家という縄張り構造を克服するだけの力がないかということを生涯かけて文学の世界で追及した安部とは、内容に雲泥の差があると言わざるを得ない。

高校野球にはディオニュソスの神がいる!

 
西東京高校野球、夏予選ベスト8を決める試合を観てきた。1年に1度は高校野球を観て元気を貰うようにしている。母校が早くも負けてしまったために、世田谷学園創価の私学同士の試合を観ることに決めた。 
12時30分試合開始とあるから、25分ぐらいに球場横の坂をゆっくり上がっていると、打者を応援する歌が流れている。金属バットに白球の当たる音が響いてくる。試合が始まっている。プロ野球のように時間に厳密ではないのだろう。
 プロ野球を見過ぎたせいか、高校球児が随分小さく見える。両校共に守備のミスが少なく、ピッチャーが安定した投球を続けていく。
 創価高校のエースナンバーをつけた投手が、2回表に1点を失い、なお1アウト満塁のピンチになる。ここでショートゴロを打たせ、ダブルプレーをとって切り抜けたことが大きかった。
 世田谷学園の投手に、打者1巡目において、まったく手がでなかった創価打線が、2巡目において、甘く入ったストレートを積極的に打ちにいくことで、3回に一挙3点をもぎとった。
 この打撃の修正ができる基本の形が身についているのかというのが、強豪校で背番号をとれるかどうかの分かれ目なのだろう。
 打てなかった理由を考えて次の打席に生かせるかということにおいては、創価の方が上だったと思える。どちらが勝ってもおかしくない試合に見えても、同じような高校生の体力で勝負している場合、より考えてプレーできる総力が問題になってくる。
 創価高校は3回以降、背番号10番の右の速球投手がゼロで抑えた。世田谷学園の投手も3回以降、ストレートが甘くならないようにコントロールし、縦スラを中心に投球することで、同じくゼロで抑えた。
 隣の中年女性はスコアーを一所懸命につけている。高校の関係者ですか? と失礼ながら聞いてみると、笑って首を振って、好きなんですと応えた。酒の酔いが入って顔を赤くした中年男性が興奮して、打ってみろと叫ぶ声が聞こえてくる。
 世田谷学園ブラバンの演奏にのせて、声変わりをして太い声になったばかりのスタンドの選手達が歌う応援歌は真夏の日光の下に素晴らしく似合っている。共学の創価高校は私が高校球児だった20年前には、チアガールが健康な柔肌を日光にさらして舞っていたような気がするのだが、この度はいなかった。赤いポロシャツを着たブラバンを力強く指揮している女性が目立っているだけだった。
 夏の日光、白球を懸命に追う球児達の姿、ブラバンの演奏、応援歌、観客の様々な姿、球場の自由なまでの広さが視覚、聴覚、触覚を刺激して、酔いに似た心地にさせる。
 進路に関わる高校三年間を野球ばかりして大丈夫なのか? という疑問は、社会人生活で苦労している私としては脳裏に浮かんでくる。進学、進路に命をかけている人達からすれば無智蒙昧にも見えるだろう。しかし、それを讃美している観客の姿は、力を蓄えている強さが垣間見えるのだ。生の充実した怒りに似た表情をしている。きっと、高校野球は素晴らしいものだ。日本のディオニュソス的な力が現れている。高校球児が懸命にプレーする姿の向こうに、ディオニュソスの神が現れることを期待して……

阪神の選手は傲慢か?


阪神ヒーローインタビュー 19/06/21 監督インタビュー付き


2019年5月30日 北海道日本ハム・有原投手・清宮選手ヒーローインタビュー


【エースと4番】今永昇太 筒香嘉智 ヒーローインタビュー 2019/5/2

阪神の選手たちは、どこか傲慢な印象を受ける。特に岩崎の姿には、呆れてしまう。ファンファーストではなく、私達が一番という意識が見え隠れする。阪神の選手というだけで、スター扱いを受けるからこうなるのか? ファンのヤジがひどくてこうなるのか? 阪神、巨人以外の他球団は、ファンサービスをしなければ、球場にお客様が集まらないという危機感が常にあると思う。

球団の広報部が安心しているところから指導をしていないのだろう。文字通り、勝てばいいよといった感じだ。北海道を本拠地に移してから、日ハム広報部の奮闘ぶりはテレビでも紹介されていた。趣味の多様化が叫ばれる現代において、巨人・大鵬・玉子焼きという趣向を与えられた時代から、自ら考え掴みとる時代になってきている。

野球が強ければお客が入るだろうという殿様商売では、いずれ人気に陰りがでてくるだろう。

阪神の打順を変更せよ

f:id:nyoraikun:20190617161817p:image

阪神タイガース 明日の打順を変更するべきだ。

1番 セカンド上本

2番 ショート糸原

3番 レフト福留

4番 ライト糸井

5番 ファースト マルテ

6番 サード大山

7番 キャッチャー梅野

8番 センター高山

9番 ピッチャー

これがベストである。2番ショートに鳥谷を入れてみてはどうだろうか? 先発で守備をしながらリズムをつくっていく鳥谷であるのだから、代打要員そのものが合っていないのだ。時々は先発出場をさせて様子をみるのもいいだろう。

3番糸井にしょっちゅう敬遠されて大山勝負の光景を見飽きた。これは、4番の資格がないことを端的に意味している。

近本は4日間は休ませてあげるべきだろう。疲れからか、ヒットを打てる気がしない。このままつかっていると、打率はどんどん下がって、本人も焦ってきて、自信を失ってしまう。

矢野監督よ、メンバー固定して安心しているのではなく、雛は卵を破壊して新しい世界を選ぶように、一歩踏み出し、エランヴィタールを肝に銘じて取り組むべきである。

梅雨の大山

f:id:nyoraikun:20190615154817p:image

 八王子のグリーンウォーク近くのマンションに両親と暮らしている私は、親と買い物をした帰り、車の窓から中学校で同級生だった男が可愛い彼女を連れて歩いているのを見た。結婚しているのだろうけど、妹じゃないかと思い込もうとした。38歳にもなって、親元から通っているといいうことが恥ずかしい。

 今、全くの自由というわけでもない。結婚相手紹介所ツヴァイで出会った女性がいて、毎日メールのやりとりが続く中で、相手も相当好意を寄せてくれているのだが、器量が……いや、性欲が湧かない。年とってしまえば、どっちにしろ欲情しないのだから、長い結婚生活には、性欲より性格だよと言うのはあながち間違いではないだろう。それにしても、子供を産むにはセックスが必要だし、性生活をしていく自信が持てないのだ。パイアグラを成人男性摂取量の3倍飲んでも難しそうだ。

 しかし、私には親身になってくれる女性は、彼女以外いないようだ。無理して結婚せず、一生好きなことをしようとする道は、楽しそうだけど、世間一般からどんどんズレていくのは、正直辛い。

 外を眺めれば雨が降っている。梅雨時に私は落ち着いた気持ちになれることが多い。雨降りに外を歩く人影が少ないからだろう。単調にアスファルトの地面を叩く雨水。路面の高低によりできた水たまりの上を車が通り過ぎる。

 今日はオリックス阪神タイガースの試合が楽しみだ。父親は私が阪神の選手になることを夢見た。高三まで頑張ったけどなれなかった。今だに少なからず心の傷にはなっているけど、阪神の頑張っている選手達は私の理想でもあるのだ。同世代がプロ野球の中心選手で活躍していた頃は悔しくて、テレビを見ることもなかったけど、ここ数年、よくみるようになった。

 阪神近本がいて、これまでの阪神の戦績があるのはわかる。足をひねるように上げるバッティングフォームは、下半身に疲れが出てくると、目がブレて、ミートできなくなるんじゃないかと不安だった。ここのところ22打数1安打なのは、きっと疲れだろう。

 横浜球場で大山のバッティング練習を初めて見た時は、その飛距離に度肝の抜かれた。ホームラン王を狙える逸材だというのもわかる。しかし、打ち損ないも多かったし、プルヒッターらしく、ラインでとらえるというのではなく、点でとらえようとするため、ちょっとタイミングを狂わされると、凡打の山になってしまうリスクがある。まだ4番を張れる力はないのだから、6番か7番ぐらいで様子を見た方が良い。4番はチームで最も信頼のおける打者を選ぶべきだ。他の球団もそうしているだろう。阪神の4番は糸井で決まりだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ