nyoraikunのブログ

日々に出会った美を追求していく!

お問い合わせフォームはこちら

岡田監督 最下位を想定外と言わないで! 嘘だっと言ってよ彰布!

岡田阪神2年目も、メンバーほぼ固定の守りの野球。相手の隙に乗じて攻撃に転じ、価値にいく昔の野球で、昨年は日本一になった。他球団ならやらない野球と言われている。今の若い人達に合わないということ、また、見ている人達が、つまらないと思えるというものである。

采配には、わかりやすいロジックがあり、勝ちにいくために、最大限の努力をしているのはわかるし、納得がいく。しかし、日本が初めて、サッカーでワールドカップに出た際、岡田監督が、ひたすら守りを固めて、後半で反撃に出るやり方をしていて、見ていて弱者の兵法といわれるもので、楽しいものではなかった。王者のサッカーでもないし、今の阪神も、王者の野球ではないと感じる。だから勝敗以前に、見ていて面白くないのだ。大スター選手が1人でもいれば、楽しいのかもしれないけど、近本、中野では、ものたりない。大山は、昨年、フォアボールによる出塁率で騒がしたが、元々、どんどんと安定して打つバッターでもないし、今年は研究されたのか、不調続きで元気なく思える。

昭和生まれの私としては、テレビで観るプロスポーツといえば、野球のみといった環境であったけど、現代では、スマホがあり、楽しい動画を見続けていられるほどに、娯楽がたくさんある。脳のドーパミン(快楽物質)が湧いてくるものがあり過ぎて、多くの人々は、快楽のインポテンツになりつつある。もっと刺激的なものが欲しく、もっと新しいものに触れたいという欲求が、ひっきりなしに更新されていく、世にも恐ろしい世界に私達は住んでいる。だから、阪神の昭和の野球が、つまらなく思えるのだ。

球場にいって楽しむ分には、また違った楽しみ方があるけど、野球人気が続くにしても、もう隆盛を極めているから、これからは、少しずつ野球離れも進んでいくのだろうと懸念している。大リーグでは、ピッチクロックというものが出来て、イニングの時間を短縮する努力をしているし、ファンあってのベースボールである努力を怠らない。マーケティングの聖地、アメリカに学ぶことも、日本のプロ野球にとって大切なことではないか?

ここまで愚痴を散々述べさせていただいた。ここからは、現在の阪神タイガースについて、具体的に述べたいと思う。
昨年は、投手力が開幕から素晴らしく、クオリティースタート(初回から6回まで3点未満?)であった試合が多かったが、今年は、点数をとられて苦労する試合が、散見される。また、投手が良く抑えていた試合でも、昨日、令和6年4月4日(木)のDENA戦のように、一本がでない試合という矢野野球に逆戻り現象がおきてしまっている。

レギュラー固定で、守備重視で、守りを良くし、攻撃のリズムにつなげていけた昨年と違って、打てないのだ。森下は、数字は上がってこないけど、ここ一番の決定的な一本で勝利に貢献している。大山、佐藤は、ちょっとこのままだとつらい。とても、他のチームのクリーンナップと比較すると粗が目立ってしまう。佐藤は、スウィングが鋭くなって、空振りのところが、当たるようになってきた。しかし、大山が、春の大山になっている。

木浪も守備はよいけど、打撃では、ここぞの場面で存在感を示していない。優勝したことで、シーズンオフに、テレビに選手たちがへらへらとやにさがっている姿が映っていたけど、慢心しているように思えた。中野も美人な奥さんをもらって、世界一、日本一を達成して、ハングリーさがなくなってきている。もともと、上本博紀のような雰囲気ではなく、1塁ベース上で、歯をみせて、得意そうに、悪ガキ野球少年のような風貌であったから心配していたけど、その通り、今年は、打撃に迫力がなくなっている。

ここまで悪口を書くと、なら応援しなければいいではないかと言われそうだ。私の父親は、もうすぐ90歳になるけど、阪神タイガースの活躍だけを楽しみにして生きている。一種の宗教活動といえるぐらいに、のめりこんでいる。母親も、腰が大きくまがり、余命という言葉がよぎるほどであるけど、同じく阪神戦を一家で観戦することが生きがいとなっているほどなのだ。我が家のダイナモ阪神タイガースを、不滅であるためにも、岡田さん、名采配を頼みます!

水原一平通訳も、神戸大学バトミントン部も、手にしたものが虚妄に見えた!

昨日、大谷翔平の奥さんである田中真美子さんのことについて考えを述べたが、今朝起きると、水原一平通訳が、違法賭博の事実によりドジャーズを解雇されたとニュースが流れていた。温厚そうな、人の好い印象があり、韓国の空港では、大谷コールの後に、一平コールが流れたほどである。大谷が球団からもらえる給与の2パーセントが支払われているから、4千万円から6千万円ぐらいを1年間でもらっていたそうだ。大谷がそれを気にして、大谷事務所から、1年2億円を支払っていたというし、この度は、大谷の年俸が100億円に跳ね上がったこともあるし、こんなにいい境遇を、一生安泰な身分をドブに捨てる真似をして馬鹿ではないかと、ヤフコメに多くあがっている。
金が空から次々と降ってくる環境で、英語のできない大谷に代わって給与の振り替えなど、行っていると、欲に目がくらんだということか。絶対バレないから、少しぐらい大丈夫だと、本人も一攫千金を目論んで、賭博に興じていたというのだろう。人間は、あまりにも欲深いものだ。これほど恵まれた環境を捨てることに、なんとも思わないのか? これが凡人の意見だろうけど、かえってあまりにも世の中がつまらなく見えてきたのかもしれない。人が得たいと考えているものを手にした時、つまらなく見えて、お金儲けが好きな人は、いかに100億円あっても、それを200億に増やしたいと思うもので、欲望に限りはないとは昔から言われている。
ゲーテの『若きウェルテルの悩み』で、遠くにリンゴの木のあるいかにものどかな木漏れ日に溢れた丘があるから、そこにいけばさもいい景色が見られるだろうと行ってみたら、思ったほどではなかったということを一生繰り返すものかなという類いの言葉があった。当時、大学で野球をやめたばかりの頃だったから、胸にささるものがあり、私は高校野球でレギュラーになって、2流進学校から、それなりの大学まで現役でいけて、当時の学友から羨ましがられたりもして、さも私は幸せだったかというと地獄であった。野球しか価値観をもてないできた自分が、いまさら何をしようかもわからなかったし、目標の無いところに幸福はないというのを身をもって実感した。
この心の奥底から理性をぶち壊すほどに湧いてくる性欲はなんであろうと悩んでいたし、将来、サラリーマンになる人生なんて考えられなかったから、いつも物思いに沈んでいた。本屋に入り、手にした本が三島由紀夫著の『金閣寺』で、それを読んでから、文学にはまることになり、人生の目標、生きる意味について考えることをライフワークにしようと決めた? 今でも、あらゆるものに価値をもてなくなっていて、これが高じてくるとヤバイと、自分自身を警戒している。あまりにも世界が虚像に見えてきた時、人が命を絶つというのもうなずける。
閑話休題。話が脱線して申し訳ない。水原一平通訳をみて、一般人からすると、望んだものがなんでも手に入るのに、何をしているんだろうという言葉しかでないけど、フェイクかどうかしらないが、松浦勝人安楽死をしたいとXで述べているのも、普通は理解できないだろう。人間は、目標を失うやいなや、すべてが虚無になってしまう。
昨日のニュースで、神戸大学のバトミントンサークルの生徒が、合宿先の旅館で破壊行動を行った。障子をカッター等の凶器で幾重にも切り裂き、天井に穴をあけ、壁には、赤いペンキのようなもので汚して、平気で笑っている。まるで覚せい剤常習者の集まるパーティーのようだ。厳しい競争を勝ち抜き公立大学に通うものが、理性をまるで失い、一生を棒に振るかもしれないことを平気で起こしてしまうことに衝撃を受けた。スシローのぺろぺろ男ナメローこと高井十蔵のような境界知能の人達が、平気でやっていると考えていたことを、最高学府の偏差値エリートが行っているとは、日本も終わりではないかと身に染みて思う。

www.youtube.com

www.youtube.com


www.youtube.com

www.youtube.com

ドストエフスキーに出てくる人物のように、どこか壊れてしまう人が多い世の中になってきているのかもしれない。大学生になって、この先やりたいことが見いだせず、目標もなく、その場その場の快楽、快感に溺れてしまう現象なのだろうか。まさしく、これも私が大学入学時に覚えた虚無感と近しいものがあると思える。
水原一平は家庭を持っていて、メジャーリーグの遠征は日本よりももっと距離が遠い場所に行くこともあり、しばらく家族に会えない日も出てくる。そんな一平さんのことを気遣って大谷翔平は「遠征が多くて家に居られないことが多いので、なるべく家族といっしょに過ごしてくださいね」などと声掛けしていたようで、一平からすれば、こんなに都合の良い金づるは、もう二度と会えないのに、一平は欲に負けたのではなく、虚無に陥っただけのことだ。一平はエンジェルスでも大人気で、それぞれが一平Tシャツをきて練習をしている光景が映されていた。日本のスポンサーによるものかもしれないが、金だけでなく、人気や地位も大谷によって手に入れたものである。それをドブに捨てて、金だけ残ったのだ。
アメリカにいる大金持ちの男が、所有する豪華船から、ろかい客船でふざけて遊んでいる若者をみて、あれを見て幸せだと思うと、何が幸せだかわからなくなると呟いている光景がテレビで映されていたが、本当の幸せとはなんであろうか?
ただ、ハッキリ言えるのは、資本主義の国において、お金があると無いでは、ある方が何をするにも有利であるということである!

田中真美子と大谷翔平は雛人形のような純粋夫婦であるがゆえに、いかなる破綻を招くのだろうか?

田中真美子さんが、大谷翔平と結婚したという。ドジャーズの開幕試合が始まる数日前ということで、ネットニュースを深夜目にして、私は久しぶりに驚いた。安倍首相が撃たれたという一報が入った時と同じぐらいというと言い過ぎであるが、こちらはとても幸せなことなので、祝福したい。
野球少年だった私は、大谷の活躍に、日本の野球が世界に通じることを証明してくれたことに感謝し、誇りに思っていたし、昨年度、ホームラン王になった時は、快哉を叫んだほどだった。もっとマスコミが快挙だと騒いでいいのではないかとも思った。松坂世代の私が、小中高と野球をしていた時は、150k近いボールを投げるだけで、本格派投手として注目を浴び、確実にプロに入れるほどだった。150kのボールを前に、プロの打者は、手を出すのがやっとといった感じだったから、ましてや、そのような剛球投手ばかりがひしめくメジャーリーグで、打者として活躍できるなんて考えもしなかった。私はイチローのような打者が、日本人が活躍する限界点だと信じていたし、それが、大谷によって、アジア人初の本塁打王を獲得したのだ。WBCでは、世界一に打者として投手として活躍し貢献されていて、もう彼に妬みをもつ人はいないのではないかとも思われる。圧倒的な結果を出している者に対して、称賛の念を惜しまないのが普通である。
 これがスポーツだからいいのだろう。経営者として大金を得た人のYOUTUBEを最近目にする。堀江貴文、青汁王子こと三崎優太、藤田晋等は、正直、凄いのはわかるが、目に見えるものではなく、運も相当混じっている。億万長者になったIT企業家は、ITが一般的でないときから、一生懸命にやっていたことが、ITバブルの波にのって、大金を得たのであろう。スポーツのようなハッキリと目に見えてわかるものは、世の中にはあまりない。成功者のほとんどは、その時代の先駆者であり、スタンダード石油の創始者であるロックフェラーも、自動車王フォードも、アップル社創業者のジョブズも、マイクロソフトビルゲイツ、日本でいえば、ホリエモンも、サイバーエージェントの藤田も、IT時代の幕開けの頃に、まだブルーオーシャンだった時代に、いち早く参入した組である。私が大学生の頃には、もうIT業界はレッドオーシャンになりつつあった。ブログで大成功しているヒトデも、その通りではないか。
 プロ野球がバブルであった頃は、あの王と長嶋のON砲、巨人軍日本シリーズ9連覇の時代だろう。娯楽の無い時代、皆がこぞって2人を真似していたものだ。私が所属していた高校の野球部監督は、長嶋に憧れて野球を始めた組である。相撲をとろうとするから、生徒達もよく考えれば馬鹿ではなく、長嶋の真似だろうと、残酷な陰口を、平気できいていたものだ。あの当時の野球の映像と、今の日本シリーズの動画を見比べると、投手のスピード、野手の守備における切れも、スイングスピードも、打球の飛び方も、全然違う。高校野球と社会人野球ぐらいの違いがある。大人と子供といえるぐらい身体の肉付き(大きさ)がまるでちがう。でも、野球人気が最高にあった時代は、あの巨人軍V9時代に軍配が上がるのだ。漫才ブームで出てきたビートたけしも、浅草で芸人をしていて、そのまま死ぬのかと考えていたけど、偶然、漫才ブームの時代が来ただけだと話していた。M1グランプリをとった漫才師が、あの頃の時代にタイムスリップして、やったら、間違いなく天下とるぐらい、今の漫才の方がレベルが高いけれど、人気は、あの漫才ブームの頃の5分の1もないぐらいだから、そういうものだよと、知性的にビートたけしが話していた。
 それはすべてのことにいえるだろう。誰もやったことがないことを一生懸命にやることが成功の秘訣だと、力道山が口にしていたらしいけど、商売の極意とはそんなものだろう。もう出尽くしているかに見える世の中で、次の時代は、何であるのか? 
ホリエモンの言うロケット事業なのだろうか? 彼がいくら憎まれ口を叩いても、世間に受け入れられるのは、この小4病と言われるぐらい、この子供のような夢に忠実であるからだろう。
 話がそれてしまって申し訳ない。田中真美子の話をしていたのだ。彼女の写真を見ると、大谷翔平と似ているなと思った。大谷の母親の写真もあるが、彼女とよく似ているではないか?2人の結婚生活が透けてみえてくるようだ。本当に幸せそうであるけど、私は大谷より10年以上余計に生きている。
男女の仲は、男性が、狸になって人工的な愛を造形できなければ、やがて破滅に向かうことを知っている。自然のままで、相思相愛等、絶対にないのだ。それが、何年も一緒に生活していくことなど、男性の生理では、無理なことである。
彼らは、それを理解できていないほど、純粋なものを、感じてしまう。もちろん世間体を考えて離婚等できないかもしれない。が、この格差婚が、どのような悲劇を招くか、どのような記事を週刊誌が書き込むか、私の夢をかなえてくれた大谷であるからこそ、憂慮が絶えない!

星稜高校 野球部グラウンドに行ってきた!

星稜高校は、私が22年前、高校球児だったころから、全国に強豪校として名前をはせていた。

それだけではない。

高校野球の歴史上最高の試合とされる箕島との一戦↓

https://m.youtube.com/watch?v=7gniu7XvNtI

 

松井秀喜 5敬遠↓

https://m.youtube.com/watch?v=7Ul-42ICiB8

f:id:nyoraikun:20210626150601j:imagef:id:nyoraikun:20210626150605j:imagef:id:nyoraikun:20210626150610j:imagef:id:nyoraikun:20210626150616j:image

何故強いのかは、石川県で生まれ育った少年が甲子園やプロ野球を目指すには、星稜に入るしかないというのが大きい。

そして金沢市で盛り場といえば、香林坊ぐらいで、星稜高校の周りは、野となり山となりで、東京と比べると誘惑が無さ過ぎる。

飲食店すら、ほとんどないじゃないか!

夢のためにストイックに努力出来る環境が整っていると言えるだろう。

 

 

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com

 

上司と部下の信頼比率のカギは親心にあり!

 f:id:nyoraikun:20191127103714j:plain
スーパーの鮮魚売場で働いているが、チーフから今日の仕事における問題点を指摘された。そして、くどくどと説教をされる。チーフ業務をする上で自分が大切にしているのは、心技結だそうだ。部下、上司、顧客との心の触れ合い、鮮魚の商品化技術、そして結果を出し続けなければならないということ。とてもいいことを言うけれど、パートナー、担当者は、チーフである彼に言われると、皆、カチンときてムスッとしている。
 前任のチーフは彼よりも、怒ったり怒鳴ったりすることもあったけれど、むかついたりする態度をとる者が少なかった。私もそれほどムカつかなかった。それは、皆にそれぞれのポジションを与えて、指導を行っていくやり方をしていたからだろう。とにかく腹をくくって部下を信頼して業務を任せていたから、それに応えられないという想いからムカつかないのだ。
現在のチーフは、任せることをしない。すぐ不安になって、自分の責任だから自分でやるんだと仕事をいつも抱えている。やってやったから、罰金300万だと口にして歩いている。
いいことを話していても、実際は、ハロウィンの時期に、自宅から仮装の被り物を持ってきて、部下におかしな恰好をさせて笑っている。自分は、ディズニーランドにしかないプレミアなバンダナをして、船長のような立派なマントを羽織り、俺を今日はキャプテンと呼べと偉そうにしている。私にはミニオンをかぶって、来るお客に「バナーナーバナーナー」と言えよと命令してくる。
 ここには親心がない。親が子に笑われる格好をさせたいと思うだろうか?
 上司が部下に厳しく言って効果があるのは、上司の親心が部下に伝わっている比率によるのだ。

閲覧注意!!驚愕映像!速見コーチ宮川選手への暴行現場映像公開
宮川選手が暴力を受けている被害者に見える。しかし、速水コーチの親心、這えば立て、立てば歩めの親心というものが、選手に十分に伝わり、その信頼関係があるから許されるんだ。
今後、速水コーチが電車の中で痴漢をして捕まった、フィギュアスケート選手のパンチラ写真が数千枚自宅から押収された、違う選手に溺愛して宮川選手を顧みなくなった等の裏切り行為があれば、これまで積み上げた信頼関係がいっぺんに崩れるだろう。

青梅かんぽの宿 で日本シリーズを見てわかったこと!

両親と青梅のかんぽの宿に泊まることになった。一年に数回は、我が家の別荘だと父親が言う通り行くことにしている。朝晩と美味しい食事が出ることが楽しみであるし、ちょっとした気分転換になるから私も嫌いではない。八王子の自宅から車で1時間もせず着くことになる。
f:id:nyoraikun:20191024190850j:plainf:id:nyoraikun:20191024190910j:plain
f:id:nyoraikun:20191024190939j:plain
f:id:nyoraikun:20191024191031j:plain(風呂の窓から見た景色)
f:id:nyoraikun:20191024191111j:plain(夕食、鰈の焼き物が美味しかった。ハゼの天ぷらを抹茶塩で食べたが、メチャクチャ美味い。写真には天ぷらがないけれど、別口で頼むと良い)
今回の旅行で母親の元気がない。理由は、布団だと腰が痛いからだ。母の背中は年々くの字に曲がっていく一方である。寝返りを打つたびに痛いとうめいている。
「美味しかったよ。ありがとうね。長生きできそうだよ」
という言葉も、どこか寂しそうで、先が長くないかのようで、ふと涙がこぼれそうになった。
新聞屋の巨人が、ITのソフトバンクに負けたことがショックであったのかもしれない。金にものを言わせて選手を搔き集める金満対決であった今年の日本シリーズ! 私が20年前の高校生だった頃、通勤電車で新聞を読んでいるサラリーマンを沢山見かけたけど、今は、ソフトバンクがシェアのトップを誇るスマートホンを見ている人が圧倒的だ。新聞を売るというより、コンテンツを売る時代になっている。新旧交代をこれほど示した闘いはないだろう。両親はパソコンが一切できない。病院の予約も電話でなければできないと抗議するぐらいだ。常々、アナログの人間だからと嘆いている。
日本シリーズが坂本の三振で終わり、お通夜のような部屋を後にした。1階ロビー横の休憩所で、円城塔の『エピローグ』を読む。f:id:nyoraikun:20191024192916j:plain
11月4日(月)文化の日に、私は以前、立川で会った文学好きの女性と会う。彼女の勧める本がエピローグなのだ。
www.xn--fhq32lm4eoko24c48b.com
内容は支離滅裂という印象を抱いた。人工知能が人類のはるかに追い越した未来の様子を描いているというのだろうか? それを既存の言語で表すことは不可能であるのに、あえてそれに挑戦する姿勢が評価されたにすぎず、これを文学と言えるのは甚だ疑問だ。
円城塔安部公房に憧れている。安部公房も同じ理系の作家であり、思考実験の小説といったところも同じだ。しかし、なわばり構造を克服することが言語の力で出来ないのかということ、他者との通路の回復は出来ないのかということを、オリンピックで勝てば自国の国旗があがるという国家という縄張り構造を克服するだけの力がないかということを生涯かけて文学の世界で追及した安部とは、内容に雲泥の差があると言わざるを得ない。

高校野球にはディオニュソスの神がいる!

 
西東京高校野球、夏予選ベスト8を決める試合を観てきた。1年に1度は高校野球を観て元気を貰うようにしている。母校が早くも負けてしまったために、世田谷学園創価の私学同士の試合を観ることに決めた。 
12時30分試合開始とあるから、25分ぐらいに球場横の坂をゆっくり上がっていると、打者を応援する歌が流れている。金属バットに白球の当たる音が響いてくる。試合が始まっている。プロ野球のように時間に厳密ではないのだろう。
 プロ野球を見過ぎたせいか、高校球児が随分小さく見える。両校共に守備のミスが少なく、ピッチャーが安定した投球を続けていく。
 創価高校のエースナンバーをつけた投手が、2回表に1点を失い、なお1アウト満塁のピンチになる。ここでショートゴロを打たせ、ダブルプレーをとって切り抜けたことが大きかった。
 世田谷学園の投手に、打者1巡目において、まったく手がでなかった創価打線が、2巡目において、甘く入ったストレートを積極的に打ちにいくことで、3回に一挙3点をもぎとった。
 この打撃の修正ができる基本の形が身についているのかというのが、強豪校で背番号をとれるかどうかの分かれ目なのだろう。
 打てなかった理由を考えて次の打席に生かせるかということにおいては、創価の方が上だったと思える。どちらが勝ってもおかしくない試合に見えても、同じような高校生の体力で勝負している場合、より考えてプレーできる総力が問題になってくる。
 創価高校は3回以降、背番号10番の右の速球投手がゼロで抑えた。世田谷学園の投手も3回以降、ストレートが甘くならないようにコントロールし、縦スラを中心に投球することで、同じくゼロで抑えた。
 隣の中年女性はスコアーを一所懸命につけている。高校の関係者ですか? と失礼ながら聞いてみると、笑って首を振って、好きなんですと応えた。酒の酔いが入って顔を赤くした中年男性が興奮して、打ってみろと叫ぶ声が聞こえてくる。
 世田谷学園ブラバンの演奏にのせて、声変わりをして太い声になったばかりのスタンドの選手達が歌う応援歌は真夏の日光の下に素晴らしく似合っている。共学の創価高校は私が高校球児だった20年前には、チアガールが健康な柔肌を日光にさらして舞っていたような気がするのだが、この度はいなかった。赤いポロシャツを着たブラバンを力強く指揮している女性が目立っているだけだった。
 夏の日光、白球を懸命に追う球児達の姿、ブラバンの演奏、応援歌、観客の様々な姿、球場の自由なまでの広さが視覚、聴覚、触覚を刺激して、酔いに似た心地にさせる。
 進路に関わる高校三年間を野球ばかりして大丈夫なのか? という疑問は、社会人生活で苦労している私としては脳裏に浮かんでくる。進学、進路に命をかけている人達からすれば無智蒙昧にも見えるだろう。しかし、それを讃美している観客の姿は、力を蓄えている強さが垣間見えるのだ。生の充実した怒りに似た表情をしている。きっと、高校野球は素晴らしいものだ。日本のディオニュソス的な力が現れている。高校球児が懸命にプレーする姿の向こうに、ディオニュソスの神が現れることを期待して……

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
カテゴリ
阪神タイガース・プロ野球・スポーツ